地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

愛文だけじゃない!台湾のマンゴーと旬

JTB台湾
飯田尚美

台湾マンゴーで最も代表的な品種といえば「愛文マンゴー」ですが、実は他にも種類が豊富。台湾で最も古くから栽培されている「土マンゴー」や、品種改良で生まれた「金煌(キンコウ)」など、色も形も様々なマンゴーが、初夏から秋にかけて出回ります。美味しくてヘルシー、しかも日本よりずっとお手頃な台湾マンゴーを色々お試しください。

夏の台湾は、美味しくて安価なマンゴーがたくさん!

台湾マンゴーを代表する美味な品種、「愛文マンゴー」。

日本で一般的に「台湾マンゴー」と呼ばれているのはアーウィン種で、別名、「愛文マンゴー」「アップルマンゴー」などと呼ばれています。台湾で栽培されているマンゴーの種類の中でも、抜群の美味しさです!濃厚な甘さと香りには定評があり、日本など海外向けに多く発送されています。

愛文マンゴーの収穫時期は初夏から夏まで。なかでも色、形、味の3拍子揃った最高品質のマンゴーが収穫できる旬は5~7月と言われています。とはいえ、見た目を気にしないのであれば、とれたての愛文マンゴーを楽しめる時期は、もう少し続きます。その年の気候にも左右されますが、8月頃まで台湾国内では新鮮な愛文マンゴーが流通しています。

もともとお手頃価格の台湾産の愛文マンゴーですが、8月に入ると価格はさらに下がります。驚くほど安い価格で甘くてフレッシュな愛文マンゴーを味わえるのが、夏の台湾の魅力。最盛期よりも大きさは小ぶりになりますが、味は変わらず濃厚で美味!とてもおすすめです。

色も味も多彩な台湾マンゴーの品種あれこれ

台湾には、愛文マンゴーの他にも実にたくさんの種類のマンゴーがあり、その数は15以上!いずれもスーパーマーケットや市場の店先に並んでいて、気軽に購入できます。台湾にいらした際は、愛文マンゴーだけでなく色々な種類のマンゴーをぜひ食べ比べてみてください。品種によって収穫の最盛期が異なるので、台湾では初夏から秋まで様々なタイプのマンゴーを味わうことができます。

台湾で栽培されている主なマンゴーの種類をご紹介しましょう。台湾で最も古く16世紀から栽培されている品種「土マンゴー」は、小ぶりで、緑色の皮が特徴。「台湾本島マンゴー」などとも呼ばれる在来種です。見た目はあまり華やかではありませんが、しっかりとした香りがあり、果肉は濃い黄色。甘さもあります。

これに対し代表品種の「愛文マンゴー」は、台湾で栽培が始まったのは1950年代と比較的最近のこと。アメリカのフロリダ州から台湾へとやってきました。艶やかで鮮やかな赤い果実なので「アップルマンゴー」とも呼ばれています。今では台湾で栽培されているマンゴーの4割を占めています。

グリーンからオレンジ色で、大ぶりな「凱特(キーツ)」も、愛文と同じころアメリカから渡来した品種です。マンゴーの中では晩成品種で、愛文マンゴーの収穫が終盤を迎える8月に本格的な収穫が始まり、10月頃まで出回ります。味はさっぱりとした甘みが特徴。

台湾の農家が、外国品種をベースに品種改良を重ねて生み出した「金煌(キンコウ)」は、洋ナシのように細長い形。淡い黄色の果実は、繊維が少なくてなめらか。さわやかな甘さです。この「金煌」と「愛文」から作った品種が「玉文(ギョクブン)」で、両方のよいところを兼ね備えていると評判です。

この他にも、聖心(センセーション)、慢愛文(慢アーウィン)、台農一号(タイノンイーハオ)、金興(キンシン)、黒香(ヘイシャン)、杉林一号(サンリンイーハオ)など、台湾では、実に様々なマンゴーが栽培されています。味も、甘さを追求したものから、瑞々しいさわやか系、南国独特の香りが強いものなど多彩。そして今も新しい品種の開発・研究が進んでいます。

フルーツ天国台湾では、マンゴーの種類も豊富!

夏はお値段も手ごろになり、マンゴー好きにはたまらない季節!

露地栽培の台湾マンゴーは、太陽をたっぷり浴びて育ちます。

南国高雄では、観光の途中で名物マンゴーかき氷を!

夏の台湾といえば、これ!新鮮なフレッシュ・マンゴーかき氷。

台湾でマンゴー栽培が盛んなエリアは、やはり南の地域で、高雄県、台南県、屏東県など。初夏になると、フレッシュなマンゴーを使ったデザートをあちこちで見かけます。夏といえば絶対に忘れてはいけないのがマンゴーかき氷。1年中メニューにありますが、この時期はとれたての生マンゴーを利用している店が多く、他の時期より甘くて濃厚な味を楽しめます。

JTBの高雄オプショナルツアーでは、フルーツが豊富な南国ならではの雰囲気を味わっていただこうと、途中、高雄名物のフルーツかき氷屋さんでご休息いただくプログラムもご用意しています。もちろんマンゴーかき氷をお選びいただくことも可能です。夏のご旅行の際は、是非、ご利用ください。

高雄の観光名所、蓮池潭。周辺には観音様や龍虎塔、寺廟など見所が沢山あります。

龍と虎がにぎやかにお出迎え「ようこそ高雄へ!」

市内から旗津まで、5分のショートクルージングを楽しみます。

日持ちする台湾土産をお探しなら、通年で大人気のドライ・マンゴーはいかがでしょう。台湾産の愛文マンゴーを使ったものは味がよく、美容と健康によいおやつとして喜ばれています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

飯田尚美

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB