地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

故宮博物院だけじゃない!台北おすすめの美術館・博物館6選

JTB台湾
飯田尚美

ド派手な外観もですが、国宝級が揃う展示物も見応え十分!(国立歴史博物館)

台北の博物館と聞くと「故宮博物院(National Palace Musem)」がまず思い浮かびますが、実は台北にはさまざまな個性的な博物館・美術館が揃っています。2度め、3度目の台北旅行ではぜひ見ていただきたい個性派美術館や、あまり知られていませんが実は国宝が多く展示されている博物館などを、JTB現地スタッフがご紹介します。台北の芸術・アート最前線の世界に触れてみてください。

台北には素敵な博物館・美術館がたくさんあります

国宝、お宝展示物が続々
国立歴史博物館(National Museum of History)

重厚で華やかな中国風の建築が印象的な博物館。1955年に国民党政府が最初に建設した博物館です。彫刻、陶磁器、書画など国宝を含む中国の歴史文物約6万点を収蔵しています。特に中国有史以前からの文物を展示する常設展示室はすばらしく、青銅器、陶器、六朝時代の舞楽俑、唐三彩など、歴史的にも美術的にも高く評価されています。また随時開催されている企画展も人気です。館内には眺めの良いカフェや茶館を併設しているので疲れたら休憩にどうぞ。
MRT淡水線/小南門線「中正記念堂」駅から徒歩10分。

台湾アートの「今」に触れられる!
台北市立美術館(Taipei Fine Arts Museum)

1983年設立の現代美術館で、広さはなんと2万平方メートル。絵画、写真、彫刻、立体オブジェなど近現代のアート4000点以上を収蔵し、2階の常設展示会場で展示するほか、1階では国内外の優れたアートを集めて企画展示を行っています。巨大な立体作品も展示可能な吹き抜けの内装で、開放感もあります。地下1階の展示スペースは、前衛的な作品を含む新人の作品展示が中心です。
規模、展示ともにアジアを代表する現代美術館の1つ。クラシカルな中華芸術にちょっと飽きたら、台湾アートの「今」を感じられるこの美術館に足を運んでみては。
MRT淡水線「圓山」駅から徒歩10分。

アジア初のミニチュアミュージアム
袖珍博物館(Miniatures Museum of Taiwan)

12分の1から48分の1というスケールで作られた精緻なミニチュアが120点以上揃った、アジア初の専門博物館。ほとんどはアメリカ、イギリス、カナダの名工が手がけた作品で世界有数のコレクション数を誇ります。中でも、世界最小のミニチュアアートとして有名な「木の上の炭坑」は必見です。館内にはミニチュア商品を扱うギフトショップとカフェを併設しています。
MRT新荘・蘆洲線「松江南京」駅から徒歩6分。

アジア屈指のモダンアート美術館(台北市立美術館)

アジア初のミニチュア専門博物館(袖珍博物館)

伝統の人形劇から現代的なものまで
林柳新紀念偶戲博物館(Lin Liu-Hsin Puppet Theatre Museum)

17世紀初頭、中国の福建省から移り住んだ人々が伝えたといわれる人形劇「布袋戲」を中心に、アジア各国の影絵人形や操り人形を紹介するユニークな博物館です。1階には工房があり、人形を修復する様子などを見学できます。2階は布袋戲を中心とした展示、3階はアジア各国の人形劇で使われる操り人形を展示しています。4階では特別展が随時開催されています。
この博物館には伝統劇を演ずる劇団と、世界各国の技などを盛り込んだ現代劇団の2つがあり、隣接する劇場で布袋戲などを上演しています(上演は不定期)。人形劇独特の舞台装置の中で幻想的なひと時を過ごせます。
MRT新荘・蘆洲線「大橋頭」駅から徒歩約15分

若手アーティストの作品に出合える
崋山1914創意文化園区(Huashan 1914 Creative Park)

日本統治時代の1914年に建造された酒造会社の建物や工場が、1999年にアートスペースとして生まれ変わった施設です。若手芸術家が作品を発表できる場として、ショップやライブハウスが設けられているほか、カフェやレストランなどもあり、最新トレンドを発信するエンターテイメント施設となりました。
アーティストの作品を楽しむのはもちろんですが、日本で言えば大正時代に建てられたレンガ造りの工場や建物も、往時の雰囲気を感じさせてくれます。
MRT:板南線/新荘・蘆洲線「忠孝新生」駅から徒歩5分

旧大使邸宅を改装した雰囲気ある建物(台北之家)

台湾映画を身近に感じる
台北之家(Taipei Film House)

映画「非情城市」で世界的に知られる監督の侯孝賢がプロデュースする複合施設。映画館「光點電影院」や映画・アート関連書籍の書店など、高感度な施設が揃っています。2階にはレトロモダンな雰囲気のバー「光點紅氣球」があり、映画の名を冠した様々なカクテルが味わえます。ミニシアターでは最新の台湾映画はもちろん日本、韓国、ヨーロッパなどの最新映画も見られます(ミニシアターは別料金となります)。台湾映画マニアならずとも、台湾の「今」を肌で感じられる施設です。
MRT淡水線「中山」駅より徒歩約5分。

いかがですか?
台北には故宮博物院のほかにも個性的な美術館、博物館がいろいろあるので、「故宮博物院はもう見たし…」という方は、ぜひ一度立ち寄ってみて下さいね。
また、経験と実績豊富なガイドとともに故宮博物院を歩くツアーも、JTBではご用意しています。一度見たけどもっと詳しくじっくり回りたいという方、初めて訪れるという方は、こちらのツアーもご参考までにどうぞ。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

飯田尚美

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB