地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

台湾の人が住みたい都市No.1台中 おすすめ観光スポット5選

JTB台湾
飯田尚美

台北、高雄に次ぐ台湾第3の都市・台中は、台北から新幹線で約1時間。台湾最大の湖でリゾート地としても有名な、日月潭(リーユエタン)へも車で約1時間半と近いなど、中部観光の拠点です。平均温度23℃、四季を通して温暖な気候に恵まれる自然豊かな台中市は、台湾の人が住みたい都市No.1とも言われています。最近は映画のロケ地にもなり、台湾ローカルだけでなく海外からの観光客がぐっと増えていて、人気急上昇のスポットです。現地スタッフが魅力をご紹介します。

緑豊かな温暖な街

台中は、台湾第3の都市ながら、温暖で暮らしやすい気候で、どこかのんびりした雰囲気も漂う街です。大学や公園、博物館などの文化施設が充実しているので、とても住みやすい街としても知られています。
台北からは、新幹線で約1時間、電車やバスでも2時間程度で訪れられるので、台北の都会的な賑やかさからちょっと離れたくなった時に、気軽に訪れられるのも魅力です。

19世紀には、清朝の台湾府が一時的に置かれ、整備されていた名残で、駅の北西に広がる旧市街は碁盤の目状に区切られ、ごちゃごちゃとした楽しさがあります。
一方、旧市街を取り囲むように、ドーナツ状に開発が進められている新市街には、高層マンションや国内外の大手企業ビルが立ち並び、近年では高級ホテルもオープン。昔の面影を留める旧市街と、近代都市の様相を見せる新市街のコントラストを存分に楽しめます。

スタッフ厳選!おすすめスポット

台中公園の中心にある日月湖

【台中公園(タイチョン・コンユエン)】

台中市民の憩いの場所、台中公園。街の中心にありながら緑豊かな広大な公園は、1903年に、当時の都市計画に基づいて設計されました。
公園中央の日月湖に浮かんでいる湖心亭は、1908年に縦貫鉄道全線開通の式典のために台中を訪れた日本の皇族のために建てられ、台中を代表するランドマークとなっています。4000坪ほどもある日月湖では、手漕ぎボートをレンタルすることもできます。ご家族やカップルで、のんびりと公園で過ごすのもいいですね。

【宮原眼科(ゴンユェンイェンクー)】

台中スイーツといえばここ!眼科でアイスクリーム?と皆さん最初は驚きますが、実はここ、リノベーションショップなのです。パイナップルケーキやチーズケーキ(これがまた美味しいんです!)で有名な日出グループが、1927年に建てられたレンガ造りの建物に価値を見出し改装を始め、大人気店へと導きました。「宮原眼科」は、建築当時、日本人の宮原医師が開院した時の病院名をそのまま使っているのです。
毎日行列ができるアイスクリームは、お味はもちろん、トッピングの豊富さにもびっくり。併設のショップではお買い物、上階のカフェではお食事も楽しめます。高級パッケージのチョコレートやヌガー、パイナップルケーキは手土産にも最適です。

宮原眼科(英語)
http://www.miyahara.com.tw/en/index.html

いかにも幸運が舞い込みそうなお顔の寶覺寺の大仏様

【寶覺禅寺(バオジュエチャンスー)】

金ピカの大仏様が微笑む、寶覺禅寺。その巨大なことといったら!高さは約30mで、台湾では2番目の大きさなのだそう。この大仏様のお耳を触ると幸福が訪れ、おヘソに触ると「へそくり」が増えてお金持ちになるのだとか。あまりに大きすぎて大仏様を触るのは難しいので、小さい大仏様にかわりにお願いしましょう。
寶覺寺は1927年に開かれた寺院。インパクト抜群の大仏様は、内部は民俗博物館になっていておヘソから外が見えるようになっています。

【春水堂(チュンシュイタン)】

創業1983年、台湾で38店舗を展開するお茶専門カフェ「春水堂」は、タピオカミルクティー発祥の店として本場台湾で国民的な人気を誇っています。その1号店は、なんと台中のショップでした。東京にも次々と店舗がオープンしているので、ご存知の方、大好きという方も多いのでは?
春水堂、実は台中にある3店舗限定で、このタピオカミルクティーの手作り体験ができるんです!自分で作ったタピオカミルクティーの味は、やはりいつもの何倍もおいしいです。フードメニューも充実しているので、ランチにもおすすめですよ。

【彩虹眷村(ツアイホンジュアンツン)】

台湾の大人気映画「愛你一萬年(日本語名「一万年愛してる」)」のロケ地となって知名度が一気にあがり、今や国内外からたくさんの観光客が訪れる最旬スポットになっているのが、ここ「彩虹眷村」。
「彩虹」は中国語で「虹」のこと。黄おじいさんというおじいさんが、ある日突然、自宅の壁にペンキで絵を描き始めたそうです。作品はみるみるうちに広がり、今ではとてもカラフルな村に!まさに「虹の村」です。運がよければ黄おじいさんご本人にも会えますよ。色彩豊かな彩虹眷村に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
高鉄「烏日」駅からタクシーで約15分程度です。

いかがですか?温暖な気候の台中は、いつ行っても過ごしやすい街です。個人で行くこともできますし、台北発のオプショナルツアーも販売されています。JTBでもツアーをご用意していますので、ご参考までにどうぞ。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

飯田尚美

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB