地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

台湾のおすすめ土産・紅茶とフレーバーティーを知ろう

JTB台湾
山崎 真代

台湾の定番お土産といえば、「お茶」。台湾茶といえば、烏龍茶を思い浮かべますが、紅茶も上質で美味しいものがあります。また、台湾茶にフルーツのフレーバーを合わせたフレーバーティもおすすめです。台湾では、高山や東方美人といった有名なもの以外にもおすすめのお茶があります。ここではJTB現地スタッフがあまり知られていない紅茶やフレーバーティをご案内します。

台湾の紅茶の歴史と紅茶の種類

台湾で紅茶?と思われるかもしれませんが、台湾の紅茶の歴史は意外と古く、日本統治時代にまでさかのぼります。日本の統治下で、インドのアッサム茶 の苗木を栽培したのが始まりと言われています。その後台湾の気候に合うようさまざまに品種改良され、花蓮県や新北市など各地で栽培されるようになりまし た。

なかでも台湾のちょうど真ん中あたり、南投にある台湾最大の湖・日月潭周辺で生産される紅茶は日月潭紅茶と呼ばれ、人気が高い希少な紅茶なのです。

日月老茶。缶もおしゃれでお土産にぴったり。

≪ 日月潭紅茶 ≫
日月潭紅茶は、甘い香り、そして飲んでみるとミントのようなさわやかな風味です。また渋みが少なく、お砂糖を入れなくても甘みが感じられるほど、まろやかな味が魅力です。この甘い香りと渋みの少ないさわやかな風味が、台湾紅茶の大きな魅力です。

日月潭紅茶の中でも、JTB台湾スタッフ一押しは、南投の「日月老茶廠」。老茶とは作った紅茶をさらに寝かせて自然発酵させたもの。いいお茶とは、寝かせれば寝かせるほど味わいが深く美味しくなると言われています。また、缶もおしゃれなのでお土産にも最適です。

≪ フレーバーティ ≫
お茶にフルーツフレーバーを合わせたフレーバーティもおすすめです。 台中の「LOGOSte」は、インターネット販売を専門にしているお茶屋さんですが、台北の5つ星ホテルのレストランや客室でも提供されており、ティーバックなのにおいしい、と台湾セレブに人気のフレーバーティです。マンゴーやライチなど台湾らしいものもあり、お土産にもぴったりです。

現在は台北では、台北のホテル「パレ・デ・シン」とJTBラウンジのみで取り扱っています。 台湾在住の日本人や、現地の台湾セレブなど知る人ぞ知る人気のお茶で、品質と味は保証済みです。

JTBラウンジでは、「LOGOSte」の7種類のフレーバーティの販売をしています。
 ・花季シリーズ(桃ウーロン茶・牡丹ライチ茶・薔薇プーアール茶)
 ・四季シリーズ(イチゴ紅茶・マンゴー緑茶・オレンジルイボス茶・金銀花ウーロン茶)

LOGOSteのティーバッグ12袋入りセット。洗練されたパッケージでお土産にもオススメです。

こちらはLOGOSte四季シリーズ

こちらは花季シリーズ

一方、ホテル「パレ・デ・シン」で販売している「LOGOSte」のお茶は、ホテルオリジナルのパッケージで販売されているので、一見しては同じお店のお茶 とはわからないかもしれません。

ぜひ台湾みやげの参考にしてみてくださいね!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

山崎 真代

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB