地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

台北から高雄への移動方法

JTB台湾
山崎 真代

高雄市、高雄港

台北から足を延ばして、他の都市にも行ってみようと思われる方も多いでしょう。ここでは、台湾第2の都市、高雄への行き方をご紹介しましょう。

高雄へは、新幹線(台湾高鉄)や高速バス、飛行機(台北~高雄間の直行便はなし、馬公などで乗り継ぎとなります)、またツアーを利用して行く方法など、様々なアクセス方法があります。

台北から高雄への移動方法

○新幹線(台湾高鉄)
時間はないけど、せっかくなら高雄にも行ってみたい…という方には新幹線が一番。台北から高雄(左営駅)まで、最短100分で結びます。 左営駅から市の中心となる、在来線の台湾鉄道(台鉄)高雄駅までは、MRT(地下鉄)で約10分です。チケットは駅の窓口、または自動券売機で買えるほか、台湾高鉄の公式サイトからインターネット予約もできます(2014年11月現在)。

○特急(自強号・莒光号
新幹線のほか、在来線の台鉄の特急(自強号)(じきょうごう)や莒光号(きょこうごう)などで、高雄駅まで乗り換えなしで行けます。一番早い自強号では、台北~高雄間を4時間25~50分程度で結びます (2014年11月現在)。

○長距離バス
数社が24時間体制で運行しています。所要時間は5時間程度です。
高速バスの自由化が進んでいる台湾では、手軽でお安めのものから、パーソナルビデオがついたり、マッサージ機能付きの座席が用意されている豪華バスまでさまざまなので、予算や体調などに合わせて選べます。

主なバス会社では、安全性の高さと安さが魅力の「国光客運」、路線数が最も多い「統聯客運」、デラックスシートや快適さで知られる「和欣客運」や「阿羅哈(アロハ)客運」などが知られています。バスターミナルは、台北駅西口に3カ所あり、利用するバス会社や行く方面によってターミナルが異なります。

統聯、和欣、阿羅哈、國光(一部)などほとんどのバスが発着している「台北轉運站(台北バスステーション)」のほか、「台北西站A棟」(桃園国際空港行きリムジンバスや基隆方面など、台北県、桃園県方面用ターミナル)、「台北西站B棟」(台中、埔里(日月潭)、嘉義、台南、高雄、屏東など中南部方面用ターミナル)です。

一つ注意したいのが、日本の長距離バスと違って、一度乗ると高雄までは休憩しない、ということです。バスの運転手さんは、トイレ休憩などでサービスステーションなどに立ち寄りますが、その間も乗客はバスから降りられません。トイレは車内に付いているので心配ありませんが、食事や飲み物などは乗る前に買っておくほうがいいでしょう。

○飛行機
台北から高雄への直行便は2012年末に終了しており、現在は馬公などで乗り継ぎ、高雄へ移動する方法があります。トランスアジア航空が運航会社で、乗り継ぎ時間を含めると所要時間は3時間前後~となっています。

○台北発のツアーを利用する
2007年の新幹線開始のおかげで、高雄など台湾南部方面への旅行が一気に身近になり日帰り旅行もかなりラクにできるようになりました。
観光で訪れるなら、定番の観光スポットからオリジナルな穴場まで、さまざまにプランを提案するツアーパッケージは、とても便利で、しかも料金もリーズナブルです。


慣れないチケットの予約や、長距離バスにちょっと不安を感じるなら、ツアーを利用するのも一考です。
JTBでも往復新幹線を利用して高雄の主な観光地をご案内し、海鮮料理のランチに、マンゴーなど台湾フルーツの載ったかき氷も楽しめる日帰りプランをご用意しています。こちらもぜひご参考に。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

山崎 真代

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB