地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

台北から高雄へ、日帰りの旅体験レポート

JTB台湾
天野 恵

どちらも南国気分全開のバスとガイドの劉さん。

日本から飛行機でわずか3~4時間という近さから、旅行先として気軽に訪問できるのが台湾です。小籠包に代表される台湾グルメや占い、エステなど台北やその近郊を何度も訪れている方も少なくないでしょう。でも台湾はとても奥が深い島。台中~台南へと南下すればまた新たな魅力に出会えます。

台湾島の南に位置する高雄へは、台湾新幹線を利用すればたったの1時間半、日帰りも十分可能です。そこで今回は、台北在住のJTBスタッフが、マイバスのオプショナルツアーを利用して、高雄日帰り旅行に挑戦!日帰りでここまで楽しめます!

新幹線でたった1時間半!
台北に次ぐ第2の都市・高雄。台北の南約300kmにあり、港を中心に交易の拠点として発展しています。2007年に台湾の新幹線が開通しこの2大都市が結ばれたため、両都市の行き来は、片道1時間半~2時間ととても便利になりました。
今回ご紹介するツアーのように、日帰りでの観光も十分楽しめるようになったのです。
では新幹線で高雄へと出発しましょう!

台北駅から乗り込むと、乗客でほぼ満席!やはり利用するお客さんがとても多いことがわかります。でも途中の台中駅で半分くらいの乗客が下車しますので、台中からは少しゆったりです。このツアーでは、台北~高雄間は現地係員は同行しません。新幹線の旅は異国でのちょっとした個人旅行気分、といったところでしょうか

南国気分満載のバスとガイドさん
高雄の駅改札口で現地係員が出迎えてくれます。今日のガイドは劉さん。アロハシャツにパナマ帽と南国ムードいっぱいの劉さんが案内してくれたのが、こちらも南国モード100%のカラフルなバス!さすが南の街・高雄です。

今日はこのバスで、午前中は街の北側にある蓮池潭(リエンチータン)へ向かい、海鮮料理の昼食後にはフェリーに乗って対岸の島、旗津(チーチン)を訪れる予定です。

龍と虎の塔にびっくり!
蓮池潭に到着しますと、まるで双子のように仲良く並ぶ二つの仏塔を訪れます。向かって左側が龍塔、右側が虎塔、合わせて龍虎塔、と呼ばれています。なんと龍塔は入口が龍が口を開けた姿に、虎塔は虎が口を開けた姿になっていまして、ちょっと奇想天外ですがなんとも中華文化っぽい派手さが魅力です。塔の内部は登れますので、ご希望の方は最上階の展望台からの景色を楽しめます。

龍塔内部。この階段を上がると展望台からの景色が望めます。

お寺入口の彫刻。立体的ですがもとは一枚の石だそう。 「いい仕事をしていますね~」と劉さん。

旗津へのフェリー。1階にはバイクとそのドライバーがぎっしりなので観光客は2階の展望デッキに出ます。

どこか懐かしい港町・旗津へ
もともとは半島だったという旗津。発展するに従って船の航路を確保するために、陸続きになっていた部分が切り離されたそうです。高雄側の船着き場からフェリーに乗ると、わずか5分で旗津に到着です。

港に着いて船を降りますと、すぐに屋台の商店街へと続きます。この商店街は旗津最古の寺院・天后宮まで続き、さらにその先の海水浴場まで続くという賑やかな通りです。海のそばの屋台街という雰囲気に、思わずワクワクしてしまいます。

天后宮は1673年の創建。海の安全を祈願する、海の神様の寺院です。参道の上をずらりと並ぶ赤い提灯が壮観です。

旗津の港のすぐ向こうに屋台の商店街。台北ではほとんど見られなくなった輪タクも大活躍です。

何千もの提灯を見上げながら歩くと、その数にちょっと圧倒されそうです。

こうして高雄の1デイトリップは終わります。いかにも南国の街らしいおっとりとした雰囲気で、日帰り旅行なのにのんびりした気持ちを味わえます。高雄は台北より南なので、訪れる際には、ぜひ日焼け止めグッズや帽子などをお持ち下さい。

商店街には鮮魚がずらり。ここは海鮮グルメの街なのです。

天后宮を越えてさらに商店街を歩くと、海水浴場へ。

高雄側に戻りほどよく疲れたところで、かき氷タイム♪マンゴージュースとミルクの、雪のように柔らかいかき氷とフレッシュマンゴー。ミルキーでふわふわのかき氷にたっぷりのフルーツは、南国高雄ならではの贅沢でした。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    TWD6800~ ※目安=約28,696円~
    大人(12歳以上)1名あたり/年末年始を除く、子ども(2~11歳)1名あたり5800TWD、幼児(0~1歳)1000TWD
    往復新幹線利用で、高雄市内の主要観光地をご案内。台湾海鮮料理の昼食のあとは、フェリー乗り場周辺にて南国台湾ならではのフルーツかき氷で一休みしましょう。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

天野 恵

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB