地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

タイの観光情報

タイの特集

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    チェンマイを始めとする北部地方には、その豊かな起伏を活かしたゴルフ場が点在しています。バンコク周辺に比べるとぐっとお得な価格ながら、バンコクほど混雑せずゆったりとプレーでき、世界的に高く評価されるゴルフコースも多いので、バンコクから通うゴルファーも少なくありません。 チェンマイを代表するゴルフコースを、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    のんびり滞在したいリゾートアイランド・プーケット。マリンアクティビティもグルメもナイトスポットも充実していますが、唯一、旅行者の不満があるとすると...移動手段かもしれません。特に空港~ホテルや市内中心部への移動は、公共交通網があまり整備されていないため、慣れない外国人観光客は、タクシーか乗り合いバスを使うしかありません。そんな時ありがたいのが送迎サービス。送迎付きホテルパッケージも含め、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    楽しかったバカンスも最終日。帰国の日の過ごし方は旅行者の悩みどころの1つです。出発のギリギリまで楽しみたい、けれど荷物をどこに置いておくか、空港への移動は大丈夫か、できれば疲れを翌日に残したくない...などあれこれ考えてしまうものです。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    次々にショッピングモールがオープンしたり、ウィークエンドマーケットやナイトマーケット、郊外に行けば水上マーケットも体験できるバンコクは、お買いもの好きにはたまらない街。日本ではちょっと見られない形やド派手な色遣いだって、バンコクで買うと思えば許せちゃいます。そんなパラダイスな街でのお土産選び、どうしましょう?JTB現地スタッフが厳選してご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイにはサンゴの美しい島がいくつもありますが、中には期間限定、乾季のシーズンにだけ行けるスペシャルな島もいくつかあります。今回はその中でも随一の海の透明度とサンゴや生き物の豊富さで知られるスリン島、ロック島をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    北部タイの中心都市チェンマイは「北方のバラ」と称される、美しい古都。バンコクやプーケットを訪れたタイファンが、一度は訪れたいと思っている街です。日本ではまだまだ現地情報の少ないチェンマイ、訪れたらどんなものが買えるの?チェンマイにしかないお土産は?そんな疑問に、JTB現地スタッフがお応えします。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    せっかくリゾートに来たのだから、できればお土産もリゾート感いっぱいなものを選びたいですね。プーケットにいかにも南国の島らしいお土産がいろいろあります。しかも価格はお手頃で、バラマキ系みやげも躊躇なく買えるものがたくさん!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    進化し続けるプーケットのリゾート。最近では隠れ家のようなホテル、個性的なホテルが次々にオープンし、過ごし方がいっそう多彩になってきました。中でもJTBが自信を持ってお勧めするのがこれからご紹介する3つのホテル。贅沢なひと時を過ごせるもの、個性的なヴィラでゆったり過ごせるもの、家族で楽しめるものなどさまざまです。これらのホテルは、送迎サービスも含まれていますよ!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    雨季が終わりを告げ、空気が軽くなって乾季へと移ると、タイのプーケット島をぐるりと囲むアンダマンの海は穏やかになってぐっと透明度が増し、いよいよダイビングシーズンの到来となります。プーケット周辺には世界のダイバーが憧れるダイビングスポットがたくさんありますが、それだけでなく手軽に楽しめるシュノーケリングスポットもいろいろあります。中でも最近注目されているのが、「マイトン島」。知る人ぞ知る静寂の島の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    「北方のバラ」と呼ばれ、古くからその美しい街並みを称賛されてきたチェンマイ。急速に開発が進むタイの中でも、昔ながらの佇まいが今なお残されています。世界中のツーリストにも人気急上昇中の古都を訪れたら、ぜひこの街のレストランも覗いてみてください。バンコクとは少し違った北部タイ料理に、いろいろ出会えることでしょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイのプーケット島ではマリンアクティビティー三昧!というのが王道中の王道の楽しみ方ですが、実はもっといろいろな魅力があるのをご存じですか?中でも最近注目されているのが、プーケット島と橋でつながっている本土側のパンガー県。複雑な起伏や地形を利用して、ラフティングやエレファント・トレッキングを体験するなど、これまでにない遊び方ができるようになってきました。新しいプーケットのアクティビティーを、JTB現地スタッフがご紹介します!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイには現在5つの文化遺産、自然遺産が登録されています。文化遺産が、「スコータイとその周辺の歴史的都市群」「アユタヤ」そして「バンチェン遺跡」、自然遺産が「トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区」と「ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯」です。名前を聞いてもピンとこないかもしれませんが、それぞれ素晴らしく、ぜひ一度は訪れていただきたい場所ばかり。現地スタッフがその魅力をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    東南アジアの熱帯の国・タイは「1年中暑い」というイメージがありますが、実際には、気温や湿度、そして雨量など、季節によってずいぶん違いがあります。訪れる季節ごとに、どんな服装がおすすめか、JTB現地スタッフがご案内しましょう。服装のほかに持ち物などもまとめました。出発前にぜひチェックして、より充実のタイ旅行を楽しんでくださいね!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケット滞在中に人気レストランに行ってみたい!という方へ、JTB現地スタッフが自信を持ってお勧めする、最新のベストレストラン6選です。プーケットでは新しいレストランが次々とオープンしていますが、新しいレストランの中でも特にオススメの店や、激しい競争の中でもファンに愛されて熱く支持され続けているレストランを、ご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    夏休みには、家族でプーケットやパタヤなどのビーチでゆったり過ごす方も多いことでしょう。リゾートへの中継地として、バンコクに立ち寄ることも少なくないと思いますが、今年の旅では、バンコク滞在をさらに子どもたちと楽しんでみてはどうでしょう。ファミリー旅行ではあまり選択肢に上がらない喧騒の街ですが、実は子どもも大人も大満足のスポットがいろいろあるのです。そんな"ファミリーに優しいバンコク"を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    めまぐるしい勢いで変化し続けるバンコクでは、さまざまなレストランやカフェが、次々とオープンしています。けれどもその中で、変わらぬ美味しさとサービスで、長く人々に愛され続けているレストランが、いくつもあります。タイ料理の伝統を大切にしながらも世界の味をとりいれたモダンタイ料理、タイオリジナルの食材やハーブをふんだんに用いたタイスキなど、タイ料理の魅力は尽きることがありません。おすすめのレストランを、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    かつて東南アジア各地に、日本人町が開かれていたのをご存じですか。鎖国に入る前、日本人は、朱印船と呼ばれる交易船で大洋を自在に行き来し、海外に進出していました。日本人町が造られた都市では、ルソン(フィリピン)、ダナンやホイアン(ベトナム)などがよく知られるところですが、実はアジア最大の日本人町は、タイのアユタヤにありました。最盛期には1500人とも5000人とも言われる日本人が居住し、活発な交易活動を繰り広げていたのです。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    リゾートアイランド・プーケットでは、マリンスポーツのアクティビティが充実していますが、最近は豊かな自然と山の起伏を生かした新しいアクティビティが次々と登場しています。中でも、まるでハヌマーン(猿の神様)のように木から木へと移っていくジップラインが楽しめる「ハヌマン・ワールド」や、ATVバギーを自在に乗りこなすツアーは、これまでにないアトラクションとして大人気となっています。それぞれの楽しみ方や魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    バンコクの交通事情と聞いて、まず想像されるのが市内の交通渋滞。それもそのはず、世界の渋滞都市ランキングでワースト8位にランキングされています。昨今の経済発展にともない、マイカー人口が増えたのが大きな要因と言えますが、平日の出勤および帰社時間帯の渋滞は凄まじく、地元民でもイヤになるほど。また私の体験談ですが、金曜午後の時間帯にせいぜい5キロ程度先の目的地にたどり着くのに、なんと2時間(!)を要したことがあります。とは言え、暑いバンコク市内を移動するには乗り物は不可欠です。バンコク市内を移動するための交通手段についてご案内します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    バンコク市内の主要箇所へ移動するのに欠かせないのは、何といっても電車です。市内の至る場所で発生する渋滞とは無縁で、時間を無駄にせず移動することが出来ます。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイは「ゴルフ天国」とも言われることがよくあります。その所以としてバンコク近郊には多くのゴルフ場が点在しており、プレイ料金も日本と比較して安い場合が多いからなのかもしれません。また、プロ仕様のコースもあり戦略的なコースが多いことも一因かもしれません。 今回は、タイでゴルフをする上で、おさえておきたいポイントをご案内したいと思います。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    バンコクの5つ星ホテルでは、アフタヌーンティーが定番です。通常の英国スタイルだけでなく、タイならではのタイのお菓子をふんだんに使ったアフターヌーンティーも楽しむことができます。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    バンコクの夜といえば、絶景の夜景を楽しむスポットは欠かせません!バンコクには高層階のホテルやビルの中にルーフトップバーがいたるところにあります。その中で、現地スタッフがおすすめする人気ルーフトップバーを3つご紹介します!

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイにたくさんある水上マーケット。その中でも地元タイ人スタッフの多くが声をそろえてオススメするのが『タラート ナム アンパワー』。夜にはホタルが見えることも!!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケット国際空港に到着後、ホテルや目的のビーチまでの行き方には、いくつかの方法があります。鉄道や地下鉄のないプーケットでは主な移動手段は車やバスになりますが、それぞれの予算によってお得な乗り物から安心のバスまで、旅行者のニーズに合わせて選ぶことができます。タウンやビーチへの最新のアクセス方法を、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    急速な経済成長を遂げたタイ。首都バンコクは多くの人でにぎわっています。しかし、バンコクでも日本語はおろか、英語すら通じないのが現状です。タクシーの運転手さんは右・左すら通じない!だったら公共交通機関を利用したらよいのではないでしょうか?

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    空気がからっとしてきて雨季が終わりを告げると、プーケットのマリンスポーツはベストシーズンを迎えます。雨季の間は波が高く透明度も低かったアンダマンの海は穏やかになりシュノーケリングやダイビングに最も適した季節になるのです。中でもダイバー憧れのスポットとなっているのがシミラン諸島。なんと乾季の間しか訪れることができない知る人ぞ知るスポットです。シミラン諸島とアンダマン海の乾季の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    日々進化し続けるアイランドリゾート・プーケット島に、また新しいアトラクションがオープンしました。「ドルフィンズベイ・ニモ・プーケット」は、その名の通りイルカたちのショーを楽しめるエンターテイメント施設です。プーケットで初のイルカショーを楽しめるとあって、連日観光客で賑わっています。どんなショーを楽しめるのか、JTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    近藤

    バンコクの夜をいっそう盛り上げるチャオプラヤー川のディナークルーズ。様々なシップが出ていてどれがいいのか迷ってしまいます。一見違いがわかりにくいかもしれませんが、それぞれのシップは個性も船上でのサービスもかなり違います。カップルで楽しむなら...グループで賑やかに盛り上がりたい...などなどさまざまなシーン別に、お勧めの5シップをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    11月に入り乾季のシーズンが到来すると、プーケットは晴れてカラっとした暑さになり、波の高かったアンダマン海も穏やかになってきます。さまざまなマリンアクティビティを安心して楽しめるようになるので、小さなお子さんのいるファミリーにもプーケットの海を楽しむベストシーズン到来です。今回は親も子も楽しめるオプショナルツアーをご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケット島からわずか15分で行ける「コーラル島」をご存知ですか?日帰りでも十分楽しめる小さな島ですが、ビーチやシュノーケリングはもちろん、バナナボートやパラセーリングなどアクティビティーも充実。しかもツアーで参加すると日本人にうれしいさまざまなサービスが用意されていて、子連れやファミリーで遊ぶのにピッタリなのです。
    その魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    アンダマン海に浮かぶプーケット島は、ビーチも海もエンターテイメントも楽しめるリゾートアイランドですが、もう1つ忘れてはならないのがエステ。中でもタイ産ハーブを使ったいかにもタイらしいエステは、世界のアイランダーはもちろん、サービスに厳しい目を持つ日本人旅行者にも人気です。今回はJTBイチオシの極上スパ&エステをご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイで1番大きな島プーケットは、世界中のアイランダーに愛されるリゾート。この島でのんびり過ごすのももちろん楽しいのですが、実はプーケットの周辺には、宝石のような小さな島がいくつもあるのをご存じですか?スピードボートで行けば15分程度で行けるような手軽なところから、少し遠いけど透明度が高くてシュノーケリングやダイビングを本格的に楽しめるところまで、島によって個性もいろいろ。そんな離島の魅力と最新情報を、ご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    バンコクのビジネス街・シーロム通り界隈にある超高層ホテル、バンヤンツリー・バンコク(Banyan Tree Bangkok)は、知る人ぞ知るラグジュアリーなオールスイートホテルです。「都会のリゾート」をコンセプトにビジネスエリートたちに愛されてきたこのホテルを一躍有名にしたのが、ルーフトップ(屋上)にオープンしたレストラン「ヴァーティゴ(Vertigo)」。美味しい一皿とそこから望む絶景を求め、世界中からファンが押し寄せるこのホテルの、いろいろな魅力をJTBタイランドがご案内します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    プーケットと言えば、海、ビーチ、マリンスポーツ、そしてサンセット...と海のイメージしか浮かんでこないかもしれませんが、街の魅力も忘れてはいけません。なかでも島の人々の生活の中心となっているプーケットタウンには、ビーチでは味わえない魅力がたくさん詰まっています。今回はその中でもオールドタウンと呼ばれるエリアを、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    繊細なトリートメントやクオリティの高さでアジアを代表するスパの楽園となっているバンコク。お疲れ女子もお疲れでない女子も、そして男子も、一度はそのサービスを体験してみたいものです。バンコクでは次々と新しいサロンがオープンしています。どこがいい?どんなサービスを受けられる?どんな雰囲気?そんな疑問に、JTB現地スタッフがお応えします!

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    ファミリーでの海外旅行が増えてきて、プーケットへも大勢の家族が訪れるようになりました。ホテルでのんびりと過ごすのも楽しいけれど、昼間にプールやビーチで遊んだら、夜にはちょっと街まで出てみませんか?夜遊びと聞くとちょっとアヤしい、オトナな雰囲気を思い浮かべるかも?ですが、プーケットにはファミリーで楽しむこともできる場所もあります。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    海外からタイへ訪れる際にまず訪れるのが首都バンコク。その空の玄関口となるスワンナプーム国際空港は市内中心部から約30kmで、空港からは電車やタクシー、リムジンから路線バス、まで交通手段もかなり充実しています。旅行者の旅の予算やスタイルによって、アクセス方法がいろいろ選べるのが特徴です。それぞれの交通手段の特徴や注意点などをご説明しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコクの北約80kmに位置するアユタヤは、かつてタイ内陸の交易の中心として繁栄したアユタヤ王朝の都。現在は当時を偲ばせる遺跡が残され、世界遺産にも登録されています。バンコクから気軽に旅行できる観光スポットとして知られ、日中は象に乗って遺跡を見学できるほか夜には遺跡が美しくライトアップされます。見所などをご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    タイの首都バンコクは世界中から観光客を引きつける、魅力あふれる都市。グループでもカップルでもいろいろな楽しみ方ができますが、最近では一人で気ままに楽しむ「おひとり様旅」で訪れる人も増えてきました。一人旅を存分に楽しむためには、まずは公共交通機関を使いこなしたいもの。ここではバンコクの公共交通機関についてJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    プーケット島は、アンダマン海に面した西側にビーチがいくつもありますので、さまざまに夕日を楽しむことができます。海で遊び疲れ、浜辺に立ち並ぶカフェやレストランでのんびりと夕暮れを待つのも、プーケットの楽しみ方の一つですが、それにもちょっと飽きたらさらに夕日が美しいスポットに足を延ばしませんか。JTB現地スタッフがオススメする絶景ポイントを4つご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    バンコクから手軽に行けるリゾート地パタヤ周辺では、家族で楽しめる新しい観光施設がオープンしています。アニメ専門の衛星チャンネル「カートゥーンネットワーク」のキャラクターに会えるウォーターパーク「カトゥーンネットワーク・アマゾン」や、タイ北部のアートや文化を楽しめる「タイタニ」、イルカと触れ合える「ドルフィン・ワールド」など、家族旅行にぴったりです。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ最大の島でありアジア有数のリゾートでもあるプーケット島、中でもパトンビーチは3kmに渡る長い砂浜だけでなくその周辺には島一番の繁華街が広がっています。最近は無許可で営業するマッサージや飲食店が少なくなり、海外からの観光客がいっそう安心して滞在できるようになりました。ここではパトンビーチの行き方からレストランや屋台、お土産屋の立ち並ぶ通りなど、JTB現地スタッフならではの現地情報をご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    仏教の国として、寺院を手厚く保護してきたタイでは、さまざまな寺院があり、国民の信仰の中心となっています。なかでもバンコクには、王宮にゆかりの深い、伝統ある寺院が数多くあります。ここでは、バンコクを旅行したら必ず行きたい、おすすめの寺院をご紹介。寺院巡りの際の服装の注意点などもご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    バンコクから車で約2時間で行けるパタヤは、手軽なビーチリゾートとして根強い人気がありますが、実はパタヤには今最も注目されている観光スポットがあります。「カオキアオ動物園」です。広大な敷地を車で回りながら動物とまじかに触れ合えるオーープンズーで、特に家族連れや子どもたちには大人気。その魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコクから車で2時間程度で行けるパタヤは、手軽なリゾートとしてタイローカルはもちろん、海外からの観光客にも人気が高い街です。またパタヤの沖合には日帰りで楽しめるラン島があり、透明度の高い海やマリンスポーツを1日楽しむことができます。バンコクからパタヤへは長距離バスやタクシー、ツアーなど行き方もさまざま。ここではバンコクからパタヤへの交通情報をご案内します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    チェンマイはバンコクから約700km北に位置する、北部最大の都市です。日本ではあまり知られていませんが、13世紀末に誕生する王国以来の歴史ある古都です。さらに郊外には、遠くヒマラヤ山脈にまで続く山々が連なり、自然も豊富。象に乗っての散策や川下りなど、タイらしい楽しみ方がいろいろできるチェンマイを、JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    アフタヌーンティーと言えば、イギリスやイギリスにゆかりのある国の楽しみと考えがちですが、実はタイ・バンコクでもアフタヌーンティーを楽しめる場所が数多くあります。なかにはタイならではのスイーツを食べられたり、クオリティーが高いのにお得感があったり。本場とは少し違うタイのアフタヌーンティーで寛いでみませんか。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコクの大型ショッピングモールやデパートにはフードコートも充実しています。最近では豪華なものからお得感あふれるフードコート、個性的なフードコートと次々に新しいフードコートが登場。一度はのぞいてみたいところですが、使い方は少々独特。そこで今回はそもそもタイのフードコートとは?の疑問から値段や支払い方法、注文方法などをご紹介。さらに今おすすめのフードコートまでご案内します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    次々と新しいショッピングモールがオープンするバンコクに、また新しいモールが誕生しました。一つはラグジュアリー系の「セントラル・エンバシー」。もう一つの「サイアムスクエアワン」は若い人がターゲットのショップが入るなど、どちらも今バンコクのお買い物スポットとしておすすめです。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    辛くて酸っぱくて甘い複雑な味が魅力のタイ料理。トムヤムクンやココナツカレーなど日本でもすっかりおなじみですが、そもそもタイ料理ってどんな料理なんでしょう。とても奥深いタイ料理の基本の「き」をご案内します。バンコクでは日本語での料理教室もたくさん開催されているので興味のある方は参加されてみては?

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコクの北約440kmにあるスコータイは、タイ族最初の王朝が築かれた町です。スコータイとは「幸福の夜明け」という意味。世界遺産にも指定されたスコータイの遺跡群のうち、今回は特に知られる2つの遺跡群「ムアン・カオ」と「シー・サッチャナライ」について紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    タイ政府は、タイの経済にとって重要な産業である観光分野のさらなる活性化を目指し、タイ政府もさまざまな対応を始めています。誘致に力を入れているのは、バンコク、チェンマイ、パタヤ、プーケット、コンケン。特にコンベンションや社員旅行などインセンティブ旅行の分野を中心に取り組んでいます。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    サムイ島の北にある小さな島パンガン島は、ビーチが美しい、いかにもタイらしいリゾート。でも実は満月の夜になるともう一つの顔を見せます。それがフルムーンパーティです!ビーチ周辺に設けられたアリーナではDJたちが一晩中プレイし、ビーチ沿いのクラブやバーはパーティ目当てで世界中から集まった1万人以上の人たちで溢れ返ります。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    2014年、イギリスの食関連サイトChowzterが「世界で最も美味しい都市」に選んだバンコク。その魅力は何と言っても庶民派グルメから超高級レストランまで、どこで食べても美味しい!ということに尽きます。今バンコク市民の中で大人気、そして世界のツーリストたちも押し寄せているレストランや食堂をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    「タイ古式マッサージ」でも知られるタイは、昔からマッサージや整体の素晴らしさで有名ですが、最近バンコクでは、長年培われてきたその技術やノウハウを生かしたさまざまなスパが次々とオープンし、いっそう注目されるようになっています。アジアンスパブームの到来で、タイの最新リラクゼーションスポットに大注目です!

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコク在住のJTBスタッフが、今大人気のホライゾン・ディナークルーズを体験してみました。5つ星のシャングリラホテルが運営するクルーズで食事の質、スタッフのサービスともに素晴らしく、贅沢な気分を味わえます。チャオプラヤ川沿いにライトアップされた寺院は昼間とは違った幻想的な雰囲気で、思い出深い夜となりました。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    車や鉄道に主役を譲った感もある川と船ですが、バンコクでは今も市民の足として大いに活躍しています。すぐに大渋滞となってしまう道路と違い川には渋滞はありません♪しかも最近は、その便利さと川から眺めるバンコクの美しい風景に、多くの観光客も利用するようになってきました。次のバンコクの旅では、ぜひボートや船を利用して、一味違ったバンコクを発見してみましょう!

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    タイ舞踊って知ってるようで何となくよく知らない・・・。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?タイを訪れると見る機会もきっとある伝統舞踊は、指先や手のひらを極限まで曲げて表現する独特の動きやあでやかな衣装が印象的ですが、もう少し知ってみると、きっともう一度見たくなるはず。タイ舞踊について豆知識をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    世界的に海外旅行をする人が増えて、旅行の目的や形が変わってきたり環境や地球温暖化への意識の高まりから、「グリーンツーリズム」という考え方が広まってきています。とは言っても決して難しいものではありません。特に海の自然も山の自然も多彩で、そこに生活する人々の暮らしも多様なタイでは、手軽なエレファントライドやシーカヤックからディープなファームステイまで楽しめます。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    象は王様から庶民まで、タイの人々の生活と深く関わって生きてきました。タイの人たちはなぜこれほどまでに象を敬愛するのか、象と人々との深くて長いつながりを見てみましょう。また最近観光客に大人気のエレファントトレッキングもご紹介します!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    映画「ザ・ビーチ」の舞台ともなったピピ島は、プーケットから船で約1時間半、海の真ん中に浮かぶ諸島です。美しい海やサンゴ礁の風景を求めて多くの観光客が日帰りツアーなどで訪れ賑わっていますが、島では思いのほか穏やかな時間を過ごせます。ピピ島観光の拠点となるピピ・ドン島やその周辺の魅力をご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    クメール王朝と聞くとカンボジアを思い浮かべますが、かつてクメール王朝はベトナム、ラオス、カンボジア、そしてタイまで支配下に治めるほどの巨大な帝国でした。そしてタイには、クメール王朝時代に造られた遺跡が、特に東北部のイサーン地方を中心に残されています。クメールの歴史を振り返り、イサーンのクメール遺跡の魅力をご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコクの人々が絶えることなくお参りにやってくる「エラワンの祠」や「トリムルティの祠」は、願い事がかなう、恋愛成就をお願いすると、朝から晩まで参拝の人が絶えない超強力スポット。そのほか市民に愛されるお寺「ワット・ラカン」や「ワット・スタット」、さらにバンコクの東80km、巨大な寝ガネーシャで知られるお寺「ワット・サマンラタナラム」などをご紹介します。

  • JTBタイ支店
    アンダマン

    プーケットの南約9kmにあるコーラル島は、スピードボートでわずか15分で行ける美しい島。その名の通り島をサンゴ礁が美しく囲んでいるので、ダイビングはもちろんもっと手軽なシュノーケリングやシーウォーカーなど海とお魚たちを存分に楽しめます。朝、島に到着すると午後出港するまで、あっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなしです!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    今やバンコクの一大アトラクションへの成長したニューハーフさんたちによる豪華なショー。女性や子どもは何となく行きにくいのでは...という心配は無用です!華やかなコスチュームに豪華な舞台セット、そして美しいプロのダンサーたちによる本格的なダンスや歌で、大人も子どもも男子も女子も、それぞれが楽しめるエンターテイメントへと進化しています!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ最古の国立公園として知られるカオヤイ国立公園は、アジア最大級のモンスーン林が残され、世界自然遺産にも指定された大森林地帯の一部です。バンコクから車で2時間半程度と日帰りできるため、希少生物・植物の観察や気軽なリゾートとして、多くの観光客が訪れます。うっそうとした森を行くツアーも人気です!

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    地下鉄や高架鉄道(BTSなど)、次々と新しい交通システムが開通するバンコクですが、このほどバンコク北部で建設される新交通システムに、日本の技術が導入されることになりました。2016年の開通を予定しています。日本の技術がバンコクの鉄道で生かされるのは初めてですが、実はもっと以前には日本とタイとは鉄道では浅からぬ縁がありました。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコク近郊やプーケットにはいくつか動物にふれ合うことができるスポットがあります。バンコクの郊外カンチャナブリにあるタイガーテンプルは、トラに触れたり写真を撮ったりできる、いかにもタイらしい施設ですし、あまり知られていませんが、プーケット島にもいろんな動物と触れ合えるプーケット動物園があります。いつもの観光にちょっと飽きたら動物に会いに行ってみては?

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    爆発的な経済成長で、猛烈に変化し続けるタイ・バンコクで今最もホットなところ、と言えば「天空」ではないでしょうか。タワービルの最上階に次々にルーフトップ(屋上)バーがオープンし、バンコクの若い人だけでなく、世界中のセレブやファンに注目されています。見上げると見えるのは夜空、見下ろすとまたたくイルミネーションとチャオプラヤー川。そんな絶景を楽しめるルーフトップバーをご紹介します!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    日々変貌を遂げるタイですが、それでもそこに生きる人々の、元気で大らかな生活ぶりはかつてとそれほど変わりません。そんな庶民の活気と賑わいに触れられるのが、そう、水上マーケット!もともとは地元民の生活に密着した素朴な存在でしたが、今では観光客に大人気のスポットです。その中でも人気の高い3つの水上マーケットへ、さあご案内!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイの国技ムエタイが迫力あるエンターテイメントになりました!チャオプラヤー川沿いの人気ナイトスポット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」で毎晩開催されているアクションショー「ムエタイ・ライブ」、どういったものなのか観に行ってみました!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ式キックボクシング・ムエタイの二大聖地の一つ、バンコクの「ルンビニ・ボクシング・スタジアム」が移転し、新しくなって2月にグランドオープンしました。ドンムアン空港の南に位置し市内からも訪れやすい新スタジアムの様子と、ムエタイの魅力を徹底紹介!次のタイ旅行ではムエタイ観戦に行きませんか?

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケットと海を挟んで対岸にあるリゾートタウン「クラビ」。これまでほとんど知られていなかった秘境リゾートで、手つかずの自然が魅力です。透明度の高い海や白い砂浜だけでなく、岸壁のロッククライミング、シーカヤック、アイランドホッピングなど様々に楽しめます。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    プーケットを代表する高級リゾートエリアにある「アンサナラグーナプーケット」。美しいビーチと海だけでなく、敷地内には川のように長いプールや広い客室、そして子ゾウとの触れ合いなど、ファミリーで楽しめるサービスが充実したホテルです。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    タイ風焼き鶏ガイヤーンや焼きそばパッタイなど、美味しくてしかも安いものがいっぱい、食いしん坊バンザイ!の国タイですが、歴代の王族に愛されてきた宮廷料理の素晴らしさも、ぜひ一度味わってみたいもの。宮廷料理の魅力やおすすめレストランを紹介します!

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB