地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

タイの観光情報

ファミリーでタイ旅行

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    オープン以来、プーケットのジャングルをワイルドでスピード感たっぷりに体験できるアクティビティとして大人気の「ハヌマン・ワールド」。「ハヌマン」とは、タイの伝説の猿の神様のこと。まさにハヌマンさながらに、プーケットの山の自然を自在に楽しめるテーマパークです。ビーチやマリンスポーツを満喫した後は、ぜひ熱帯雨林の魅力を大いに味わってみてください。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    別名「ココナッツアイランド」と呼ばれ愛される島・サムイ島。タイで3番目に大きな島でありながら、ヤシの木(ココナッツ)より高い建物を建てないなど環境や景観に配慮したリゾート島でプーケット島とはまた違った穏やかな雰囲気が漂います。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ北部最大の都市であるチェンマイは、かつてラーンナー・タイ王国の首都が置かれた美しい街。近年は高級ホテルなどが次々とオープンして、海外からの観光客やビジネストラベラーが多く訪れるようになり、日本人旅行者の間でも注目されはじめています。 チェンマイの国際空港から市内へのアクセス方法を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    シュノーケリングやダイビングなど、マリンスポーツを満喫できるプーケットですが、この島の楽しみ方はそれだけではありません。ウォータースライダーやムエタイ、そしてちょっとハメをはずせるナイトクラブ、ディスコまで、いろいろな魅力をJTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイの雨季は6~10月のおよそ5ヶ月間。テレビなどでバンコク近郊などの集中豪雨や洪水被害のニュースに触れることもあるように、この国では時として雨季に大雨が降ることもあります。実際のところ、このシーズンの気候はどのようなものでしょう。観光は?服装は?人々の生活は?JTB現地スタッフが詳しくご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ、特にバンコクでは飛行機から降り立った空港はもちろん、地下鉄や鉄道の駅、ホテル、もちろん街中にも、まさに至るところに両替できる場所があります。両替ショップや銀行などどこで両替するのがいいのか、ちょっと迷ってしまうかもしれません。 JTB現地スタッフが、タイとバンコクの両替事情についてご案内します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイは乾季に入り、アンダマン海の魅力を存分に楽しめる季節になりました。プーケットで海を満喫するなら、豪華にクルーザーやボートをチャーターしてみてはいかが。グループでチャーターすると、思いのほか手軽に借りられますし、目的に応じてボートを選べば、旅の楽しさが倍増するかもしれません。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    のんびり滞在したいリゾートアイランド・プーケット。マリンアクティビティもグルメもナイトスポットも充実していますが、唯一、旅行者の不満があるとすると...移動手段かもしれません。特に空港~ホテルや市内中心部への移動は、公共交通網があまり整備されていないため、慣れない外国人観光客は、タクシーか乗り合いバスを使うしかありません。そんな時ありがたいのが送迎サービス。送迎付きホテルパッケージも含め、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    次々にショッピングモールがオープンしたり、ウィークエンドマーケットやナイトマーケット、郊外に行けば水上マーケットも体験できるバンコクは、お買いもの好きにはたまらない街。日本ではちょっと見られない形やド派手な色遣いだって、バンコクで買うと思えば許せちゃいます。そんなパラダイスな街でのお土産選び、どうしましょう?JTB現地スタッフが厳選してご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイにはサンゴの美しい島がいくつもありますが、中には期間限定、乾季のシーズンにだけ行けるスペシャルな島もいくつかあります。今回はその中でも随一の海の透明度とサンゴや生き物の豊富さで知られるスリン島、ロック島をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    北部タイの中心都市チェンマイは「北方のバラ」と称される、美しい古都。バンコクやプーケットを訪れたタイファンが、一度は訪れたいと思っている街です。日本ではまだまだ現地情報の少ないチェンマイ、訪れたらどんなものが買えるの?チェンマイにしかないお土産は?そんな疑問に、JTB現地スタッフがお応えします。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    せっかくリゾートに来たのだから、できればお土産もリゾート感いっぱいなものを選びたいですね。プーケットにいかにも南国の島らしいお土産がいろいろあります。しかも価格はお手頃で、バラマキ系みやげも躊躇なく買えるものがたくさん!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    進化し続けるプーケットのリゾート。最近では隠れ家のようなホテル、個性的なホテルが次々にオープンし、過ごし方がいっそう多彩になってきました。中でもJTBが自信を持ってお勧めするのがこれからご紹介する3つのホテル。贅沢なひと時を過ごせるもの、個性的なヴィラでゆったり過ごせるもの、家族で楽しめるものなどさまざまです。これらのホテルは、送迎サービスも含まれていますよ!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    雨季が終わりを告げ、空気が軽くなって乾季へと移ると、タイのプーケット島をぐるりと囲むアンダマンの海は穏やかになってぐっと透明度が増し、いよいよダイビングシーズンの到来となります。プーケット周辺には世界のダイバーが憧れるダイビングスポットがたくさんありますが、それだけでなく手軽に楽しめるシュノーケリングスポットもいろいろあります。中でも最近注目されているのが、「マイトン島」。知る人ぞ知る静寂の島の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    「北方のバラ」と呼ばれ、古くからその美しい街並みを称賛されてきたチェンマイ。急速に開発が進むタイの中でも、昔ながらの佇まいが今なお残されています。世界中のツーリストにも人気急上昇中の古都を訪れたら、ぜひこの街のレストランも覗いてみてください。バンコクとは少し違った北部タイ料理に、いろいろ出会えることでしょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイのプーケット島ではマリンアクティビティー三昧!というのが王道中の王道の楽しみ方ですが、実はもっといろいろな魅力があるのをご存じですか?中でも最近注目されているのが、プーケット島と橋でつながっている本土側のパンガー県。複雑な起伏や地形を利用して、ラフティングやエレファント・トレッキングを体験するなど、これまでにない遊び方ができるようになってきました。新しいプーケットのアクティビティーを、JTB現地スタッフがご紹介します!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイには現在5つの文化遺産、自然遺産が登録されています。文化遺産が、「スコータイとその周辺の歴史的都市群」「アユタヤ」そして「バンチェン遺跡」、自然遺産が「トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区」と「ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯」です。名前を聞いてもピンとこないかもしれませんが、それぞれ素晴らしく、ぜひ一度は訪れていただきたい場所ばかり。現地スタッフがその魅力をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    東南アジアの熱帯の国・タイは「1年中暑い」というイメージがありますが、実際には、気温や湿度、そして雨量など、季節によってずいぶん違いがあります。訪れる季節ごとに、どんな服装がおすすめか、JTB現地スタッフがご案内しましょう。服装のほかに持ち物などもまとめました。出発前にぜひチェックして、より充実のタイ旅行を楽しんでくださいね!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケット滞在中に人気レストランに行ってみたい!という方へ、JTB現地スタッフが自信を持ってお勧めする、最新のベストレストラン6選です。プーケットでは新しいレストランが次々とオープンしていますが、新しいレストランの中でも特にオススメの店や、激しい競争の中でもファンに愛されて熱く支持され続けているレストランを、ご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    夏休みには、家族でプーケットやパタヤなどのビーチでゆったり過ごす方も多いことでしょう。リゾートへの中継地として、バンコクに立ち寄ることも少なくないと思いますが、今年の旅では、バンコク滞在をさらに子どもたちと楽しんでみてはどうでしょう。ファミリー旅行ではあまり選択肢に上がらない喧騒の街ですが、実は子どもも大人も大満足のスポットがいろいろあるのです。そんな"ファミリーに優しいバンコク"を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    めまぐるしい勢いで変化し続けるバンコクでは、さまざまなレストランやカフェが、次々とオープンしています。けれどもその中で、変わらぬ美味しさとサービスで、長く人々に愛され続けているレストランが、いくつもあります。タイ料理の伝統を大切にしながらも世界の味をとりいれたモダンタイ料理、タイオリジナルの食材やハーブをふんだんに用いたタイスキなど、タイ料理の魅力は尽きることがありません。おすすめのレストランを、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    かつて東南アジア各地に、日本人町が開かれていたのをご存じですか。鎖国に入る前、日本人は、朱印船と呼ばれる交易船で大洋を自在に行き来し、海外に進出していました。日本人町が造られた都市では、ルソン(フィリピン)、ダナンやホイアン(ベトナム)などがよく知られるところですが、実はアジア最大の日本人町は、タイのアユタヤにありました。最盛期には1500人とも5000人とも言われる日本人が居住し、活発な交易活動を繰り広げていたのです。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケット国際空港に到着後、ホテルや目的のビーチまでの行き方には、いくつかの方法があります。鉄道や地下鉄のないプーケットでは主な移動手段は車やバスになりますが、それぞれの予算によってお得な乗り物から安心のバスまで、旅行者のニーズに合わせて選ぶことができます。タウンやビーチへの最新のアクセス方法を、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    空気がからっとしてきて雨季が終わりを告げると、プーケットのマリンスポーツはベストシーズンを迎えます。雨季の間は波が高く透明度も低かったアンダマンの海は穏やかになりシュノーケリングやダイビングに最も適した季節になるのです。中でもダイバー憧れのスポットとなっているのがシミラン諸島。なんと乾季の間しか訪れることができない知る人ぞ知るスポットです。シミラン諸島とアンダマン海の乾季の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイでは最近、温泉が静かなブームとなっていて、各地で温泉施設がオープンし始めています。タイで温泉!?とあなどるなかれ。泉質もよく50℃前後のほどよい温泉が湧き出て、源泉かけ流しの施設も少なくないので、地元の人々だけでなく最近ではバンコクから車で数時間かけて訪れる人も増えているのです。 これまでの「タイ旅行」のイメージとはちょっと違う新しい魅力、「温泉」についてJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    日々進化し続けるアイランドリゾート・プーケット島に、また新しいアトラクションがオープンしました。「ドルフィンズベイ・ニモ・プーケット」は、その名の通りイルカたちのショーを楽しめるエンターテイメント施設です。プーケットで初のイルカショーを楽しめるとあって、連日観光客で賑わっています。どんなショーを楽しめるのか、JTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    2015年末にプーケットに新しい免税店がオープンしました。タイで免税店の運営を手掛けるキングパワーグループによる新店舗「キングパワー・プーケット」は、プーケットタウンにほど近く、主な観光ルートとなっている幹線道路沿いにありブランド数は100ブランド以上。免税店のほかインターナショナル料理のビュッフェ・レストランもあり、ゆったり楽しめるショッピングゾーンとなっています。

  • JTBタイ支店
    近藤

    バンコクの夜をいっそう盛り上げるチャオプラヤー川のディナークルーズ。様々なシップが出ていてどれがいいのか迷ってしまいます。一見違いがわかりにくいかもしれませんが、それぞれのシップは個性も船上でのサービスもかなり違います。カップルで楽しむなら...グループで賑やかに盛り上がりたい...などなどさまざまなシーン別に、お勧めの5シップをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    11月に入り乾季のシーズンが到来すると、プーケットは晴れてカラっとした暑さになり、波の高かったアンダマン海も穏やかになってきます。さまざまなマリンアクティビティを安心して楽しめるようになるので、小さなお子さんのいるファミリーにもプーケットの海を楽しむベストシーズン到来です。今回は親も子も楽しめるオプショナルツアーをご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケット島からわずか15分で行ける「コーラル島」をご存知ですか?日帰りでも十分楽しめる小さな島ですが、ビーチやシュノーケリングはもちろん、バナナボートやパラセーリングなどアクティビティーも充実。しかもツアーで参加すると日本人にうれしいさまざまなサービスが用意されていて、子連れやファミリーで遊ぶのにピッタリなのです。
    その魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイで1番大きな島プーケットは、世界中のアイランダーに愛されるリゾート。この島でのんびり過ごすのももちろん楽しいのですが、実はプーケットの周辺には、宝石のような小さな島がいくつもあるのをご存じですか?スピードボートで行けば15分程度で行けるような手軽なところから、少し遠いけど透明度が高くてシュノーケリングやダイビングを本格的に楽しめるところまで、島によって個性もいろいろ。そんな離島の魅力と最新情報を、ご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    プーケットと言えば、海、ビーチ、マリンスポーツ、そしてサンセット...と海のイメージしか浮かんでこないかもしれませんが、街の魅力も忘れてはいけません。なかでも島の人々の生活の中心となっているプーケットタウンには、ビーチでは味わえない魅力がたくさん詰まっています。今回はその中でもオールドタウンと呼ばれるエリアを、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    ファミリーでの海外旅行が増えてきて、プーケットへも大勢の家族が訪れるようになりました。ホテルでのんびりと過ごすのも楽しいけれど、昼間にプールやビーチで遊んだら、夜にはちょっと街まで出てみませんか?夜遊びと聞くとちょっとアヤしい、オトナな雰囲気を思い浮かべるかも?ですが、プーケットにはファミリーで楽しむこともできる場所もあります。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    バンコクから手軽に行けるリゾート地パタヤ周辺では、家族で楽しめる新しい観光施設がオープンしています。アニメ専門の衛星チャンネル「カートゥーンネットワーク」のキャラクターに会えるウォーターパーク「カトゥーンネットワーク・アマゾン」や、タイ北部のアートや文化を楽しめる「タイタニ」、イルカと触れ合える「ドルフィン・ワールド」など、家族旅行にぴったりです。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ最大の島でありアジア有数のリゾートでもあるプーケット島、中でもパトンビーチは3kmに渡る長い砂浜だけでなくその周辺には島一番の繁華街が広がっています。最近は無許可で営業するマッサージや飲食店が少なくなり、海外からの観光客がいっそう安心して滞在できるようになりました。ここではパトンビーチの行き方からレストランや屋台、お土産屋の立ち並ぶ通りなど、JTB現地スタッフならではの現地情報をご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    バンコクから車で約2時間で行けるパタヤは、手軽なビーチリゾートとして根強い人気がありますが、実はパタヤには今最も注目されている観光スポットがあります。「カオキアオ動物園」です。広大な敷地を車で回りながら動物とまじかに触れ合えるオーープンズーで、特に家族連れや子どもたちには大人気。その魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    アンダマン

    プーケットの南約9kmにあるコーラル島は、スピードボートでわずか15分で行ける美しい島。その名の通り島をサンゴ礁が美しく囲んでいるので、ダイビングはもちろんもっと手軽なシュノーケリングやシーウォーカーなど海とお魚たちを存分に楽しめます。朝、島に到着すると午後出港するまで、あっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなしです!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ最古の国立公園として知られるカオヤイ国立公園は、アジア最大級のモンスーン林が残され、世界自然遺産にも指定された大森林地帯の一部です。バンコクから車で2時間半程度と日帰りできるため、希少生物・植物の観察や気軽なリゾートとして、多くの観光客が訪れます。うっそうとした森を行くツアーも人気です!

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコク近郊やプーケットにはいくつか動物にふれ合うことができるスポットがあります。バンコクの郊外カンチャナブリにあるタイガーテンプルは、トラに触れたり写真を撮ったりできる、いかにもタイらしい施設ですし、あまり知られていませんが、プーケット島にもいろんな動物と触れ合えるプーケット動物園があります。いつもの観光にちょっと飽きたら動物に会いに行ってみては?

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    プーケットを代表する高級リゾートエリアにある「アンサナラグーナプーケット」。美しいビーチと海だけでなく、敷地内には川のように長いプールや広い客室、そして子ゾウとの触れ合いなど、ファミリーで楽しめるサービスが充実したホテルです。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    タイ風焼き鶏ガイヤーンや焼きそばパッタイなど、美味しくてしかも安いものがいっぱい、食いしん坊バンザイ!の国タイですが、歴代の王族に愛されてきた宮廷料理の素晴らしさも、ぜひ一度味わってみたいもの。宮廷料理の魅力やおすすめレストランを紹介します!

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB