地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

プーケットの観光情報

プーケット 現地レポート

プーケット在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

乾季におすすめのタイのシュノーケリング・ダイビングスポット

空気がからっとしてきて雨季が終わりを告げると、プーケットのマリンスポーツはベストシーズンを迎えます。雨季の間は波が高く透明度も低かったアンダマンの海は穏やかになりシュノーケリングやダイビングに最も適した季節になるのです。中でもダイバー憧れのスポットとなっているのがシミラン諸島。なんと乾季の間しか訪れることができない知る人ぞ知るスポットです。シミラン諸島とアンダマン海の乾季の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

2016-02-19

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のプーケットの情報をお知らせします!

タイ プーケット 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 泊まる
  • 体験する
  • プーケット国際空港に到着後、ホテルや目的のビーチまでの行き方には、いくつかの方法があります。鉄道や地下鉄のないプーケットでは主な移動手段は車やバスになりますが、それぞれの予算によってお得な乗り物から安心のバスまで、旅行者のニーズに合わせて選ぶことができます。タウンやビーチへの最新のアクセス方法を、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • 空気がからっとしてきて雨季が終わりを告げると、プーケットのマリンスポーツはベストシーズンを迎えます。雨季の間は波が高く透明度も低かったアンダマンの海は穏やかになりシュノーケリングやダイビングに最も適した季節になるのです。中でもダイバー憧れのスポットとなっているのがシミラン諸島。なんと乾季の間しか訪れることができない知る人ぞ知るスポットです。シミラン諸島とアンダマン海の乾季の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • 日々進化し続けるアイランドリゾート・プーケット島に、また新しいアトラクションがオープンしました。「ドルフィンズベイ・ニモ・プーケット」は、その名の通りイルカたちのショーを楽しめるエンターテイメント施設です。プーケットで初のイルカショーを楽しめるとあって、連日観光客で賑わっています。どんなショーを楽しめるのか、JTB現地スタッフがご案内します。

  • プーケット国際空港に到着後、ホテルや目的のビーチまでの行き方には、いくつかの方法があります。鉄道や地下鉄のないプーケットでは主な移動手段は車やバスになりますが、それぞれの予算によってお得な乗り物から安心のバスまで、旅行者のニーズに合わせて選ぶことができます。タウンやビーチへの最新のアクセス方法を、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • 日々進化し続けるアイランドリゾート・プーケット島に、また新しいアトラクションがオープンしました。「ドルフィンズベイ・ニモ・プーケット」は、その名の通りイルカたちのショーを楽しめるエンターテイメント施設です。プーケットで初のイルカショーを楽しめるとあって、連日観光客で賑わっています。どんなショーを楽しめるのか、JTB現地スタッフがご案内します。

  • 11月に入り乾季のシーズンが到来すると、プーケットは晴れてカラっとした暑さになり、波の高かったアンダマン海も穏やかになってきます。さまざまなマリンアクティビティを安心して楽しめるようになるので、小さなお子さんのいるファミリーにもプーケットの海を楽しむベストシーズン到来です。今回は親も子も楽しめるオプショナルツアーをご紹介しましょう。

  • 11月に入り乾季のシーズンが到来すると、プーケットは晴れてカラっとした暑さになり、波の高かったアンダマン海も穏やかになってきます。さまざまなマリンアクティビティを安心して楽しめるようになるので、小さなお子さんのいるファミリーにもプーケットの海を楽しむベストシーズン到来です。今回は親も子も楽しめるオプショナルツアーをご紹介しましょう。

  • タイ政府は、タイの経済にとって重要な産業である観光分野のさらなる活性化を目指し、タイ政府もさまざまな対応を始めています。誘致に力を入れているのは、バンコク、チェンマイ、パタヤ、プーケット、コンケン。特にコンベンションや社員旅行などインセンティブ旅行の分野を中心に取り組んでいます。

  • 2015年末にプーケットに新しい免税店がオープンしました。タイで免税店の運営を手掛けるキングパワーグループによる新店舗「キングパワー・プーケット」は、プーケットタウンにほど近く、主な観光ルートとなっている幹線道路沿いにありブランド数は100ブランド以上。免税店のほかインターナショナル料理のビュッフェ・レストランもあり、ゆったり楽しめるショッピングゾーンとなっています。

  • プーケットと言えば、海、ビーチ、マリンスポーツ、そしてサンセット...と海のイメージしか浮かんでこないかもしれませんが、街の魅力も忘れてはいけません。なかでも島の人々の生活の中心となっているプーケットタウンには、ビーチでは味わえない魅力がたくさん詰まっています。今回はその中でもオールドタウンと呼ばれるエリアを、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • タイ政府は、タイの経済にとって重要な産業である観光分野のさらなる活性化を目指し、タイ政府もさまざまな対応を始めています。誘致に力を入れているのは、バンコク、チェンマイ、パタヤ、プーケット、コンケン。特にコンベンションや社員旅行などインセンティブ旅行の分野を中心に取り組んでいます。

  • プーケットを代表する高級リゾートエリアにある「アンサナラグーナプーケット」。美しいビーチと海だけでなく、敷地内には川のように長いプールや広い客室、そして子ゾウとの触れ合いなど、ファミリーで楽しめるサービスが充実したホテルです。

  • 空気がからっとしてきて雨季が終わりを告げると、プーケットのマリンスポーツはベストシーズンを迎えます。雨季の間は波が高く透明度も低かったアンダマンの海は穏やかになりシュノーケリングやダイビングに最も適した季節になるのです。中でもダイバー憧れのスポットとなっているのがシミラン諸島。なんと乾季の間しか訪れることができない知る人ぞ知るスポットです。シミラン諸島とアンダマン海の乾季の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • 日々進化し続けるアイランドリゾート・プーケット島に、また新しいアトラクションがオープンしました。「ドルフィンズベイ・ニモ・プーケット」は、その名の通りイルカたちのショーを楽しめるエンターテイメント施設です。プーケットで初のイルカショーを楽しめるとあって、連日観光客で賑わっています。どんなショーを楽しめるのか、JTB現地スタッフがご案内します。

  • プーケット島からわずか15分で行ける「コーラル島」をご存知ですか?日帰りでも十分楽しめる小さな島ですが、ビーチやシュノーケリングはもちろん、バナナボートやパラセーリングなどアクティビティーも充実。しかもツアーで参加すると日本人にうれしいさまざまなサービスが用意されていて、子連れやファミリーで遊ぶのにピッタリなのです。
    その魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • プーケット国際空港に到着後、ホテルや目的のビーチまでの行き方には、いくつかの方法があります。鉄道や地下鉄のないプーケットでは主な移動手段は車やバスになりますが、それぞれの予算によってお得な乗り物から安心のバスまで、旅行者のニーズに合わせて選ぶことができます。タウンやビーチへの最新のアクセス方法を、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • 空気がからっとしてきて雨季が終わりを告げると、プーケットのマリンスポーツはベストシーズンを迎えます。雨季の間は波が高く透明度も低かったアンダマンの海は穏やかになりシュノーケリングやダイビングに最も適した季節になるのです。中でもダイバー憧れのスポットとなっているのがシミラン諸島。なんと乾季の間しか訪れることができない知る人ぞ知るスポットです。シミラン諸島とアンダマン海の乾季の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • 日々進化し続けるアイランドリゾート・プーケット島に、また新しいアトラクションがオープンしました。「ドルフィンズベイ・ニモ・プーケット」は、その名の通りイルカたちのショーを楽しめるエンターテイメント施設です。プーケットで初のイルカショーを楽しめるとあって、連日観光客で賑わっています。どんなショーを楽しめるのか、JTB現地スタッフがご案内します。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB