地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

雨季のタイ旅行の持ち物・服装とスコール対策

JTBタイ支店
Mr. MAEDA Taketo
© 写真提供:タイ国政府観光庁

ワット・アルン(暁の寺)

タイの雨季は6~10月のおよそ5ヶ月間。テレビなどでバンコク近郊などの集中豪雨や洪水被害のニュースに触れることもあるように、この国では時として雨季に大雨が降ることもあります。実際のところ、このシーズンの気候はどのようなものでしょう。観光は?服装は?人々の生活は?JTB現地スタッフが詳しくご案内しましょう。

雨季には1日数回のスコール

1年を通じたタイの気候は3つに分かれ、
3~5月頃の暑季、
6~10月頃の雨季、
11~2月頃の乾季
となります。

暑季の、からりと暑いシーズンが終盤となる5月には、どことなく空気が湿り気を帯びてきて、雨量が増え始めます。雨季のシーズンは気温は30℃前後、降水量もぐっと増え、特に9~10月にはまとまった雨となることもあります。

11月に入り乾季になると、雨量は激減し、気温も25~30℃と過ごしやすくなります。

雨季には気温は最低気温で25℃前後、最高気温は30℃超で推移します。1日に1~2度、どしゃぶりのようなスコールが降ることがあります。スコールが降った後には少し涼しくなり、過ごしやすくなります。

時には冠水するほどの雨量に

©写真提供:タイ国政府観光庁

ワット・ポー(涅槃寺) 。スコールが降るとタクシーやトゥクトゥクはとても混雑します。現地発のオプショナルツアーなども上手にご利用ください。

雨季と言っても、日本の梅雨のように雨がしとしとと1日中続くようなことはほとんどありません。30分~1時間くらいのスコールは、その時によって雨量はまちまちで、それこそバケツをひっくり返したような雨になったり、道路が一気に冠水することもあります。

スコールは、日本のゲリラ豪雨のように局地的に一気に降っておしまい、ということが多いので、タイの街を散策する時には、空模様をチェックしながら観光するといいかもしれません。雨が降る前には、たいてい黒い雲が湧きたち、空気が湿気を帯びてきて、時には遠くで雷が聞こえたりもします。

もし時間があるようなら、早目にカフェやショッピングモールに逃げ込んでしまいましょう。1時間もすれば去っていくことが多い雨雲ですので、のんびりお茶して観光情報をチェックしたりしているうちに雨もやんでしまいます。

思いのほか雨が激しかったり道路が急に冠水して深い水たまりができたりすることもしばしばですので、できれば雨の中を無理して移動するのは避けたいところです。

スコールの最中は道路もいっそう渋滞となります。急ぐローカルの人々が、タクシーやトゥクトゥクに殺到してしまうのです。川の水かさも急に増すこともあるので、慣れない旅行者は、ボートでの移動にも気をつけてください。

雨や渋滞に巻き込まれないで、限られた時間内で効率よく回りたい方は、現地発ツアーなどを上手に利用するのもおすすめです。

持ち物は?服装は?

毎日のようにスコールがやってくる季節なのに、ローカルの人々は、折りたたみ傘や雨合羽といった雨具をあまり持ち歩きません。

日本では当然のように売られているビニール傘も、タイではほとんど販売されません。
ですから雨に濡れたくない方は、雨具を持っていった方がいいかもしれません。

できるだけ荷物を減らしたい!という方は、ストールでもある程度対処できます。室内の冷房が効きすぎていることが多いタイなので、エアコン対策にストールを持っていく方も多いと思います。いきなり降られた時に、濡らしたくないものをとりあえずストールで覆ったり、頭から被って建物内に入るまでの雨避けとするなど、何かと使えます。

そして意外と大切なのが、濡れても平気な靴です。
革靴やスニーカーなど、濡れるとシミになってしまったり乾くまでに時間がかかってしまうような靴は、この時期には不向きかもしれません。

歩きやすさとの兼ね合いがあるので一概には言えませんが、ビーチサンダルやクロックス系のサンダルですと、裸足で履けるため靴下を濡らす心配がありませんし、雨に濡れても、雨宿りしている間に乾いてしまいます。

雨季、特に雨量が増える時期に訪れる旅行者の方は、足元も要チェックしておくといいでしょう。

いかがですか?
スコールが降ると渋滞になったり濡れてしまったりと、不便な面もありますが、スコールの後には日差しが弱まって少し涼しくなります。いかにも東南アジアらしいこの季節を、ぜひ前向きに楽しんでみてくださいね!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Mr. MAEDA Taketo

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB