地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

プーケットから日帰りで行ける離島へのアクセス

JTBタイ支店
Mr. Hideki Kawashima

ピピ・ドン島のモンキービーチでのシュノーケリング。エメラルドグリーンの海に飛び込みます!

タイで1番大きな島プーケットは、世界中のアイランダーに愛されるリゾート。この島でのんびり過ごすのももちろん楽しいのですが、実はプーケットの周辺には、宝石のような小さな島がいくつもあるのをご存じですか?スピードボートで行けば15分程度で行けるような手軽なところから、少し遠いけど透明度が高くてシュノーケリングやダイビングを本格的に楽しめるところまで、島によって個性もいろいろ。そんな離島の魅力と最新情報を、ご案内しましょう。

プーケット周囲には、船で日帰りで楽しめる島がいくつもあります。抜群の透明度で知られ、映画「ザ・ビーチ」のロケ地にも選ばれたピピ島、プーケット南端に浮かぶコーラル島(ヘイ島)、手軽に行けるカイ島など、島にもいろいろなタイプがあってそれぞれ楽しむことができます。
それぞれの違いや特徴を知って、プーケットでのバカンスを思い切り楽しみましょう。

透明度抜群の海が待つピピ島

プーケットの南西約45kmにあるピピ島は、透明度抜群の海に囲まれた島。レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地となって知られるようになり、世界中からファンが訪れるようになりました。

「ピピ島」と言いますが、正確にはピピ島は6つの島からなる「ピピ諸島」。観光客が訪れるのは、大きな島のピピ・ドン島(Phi Phi Don)と、無人島でエメラルドの海に囲まれたピピ・レ島(Ko Phi Phi Lay)が中心です。プーケットからの船は、ピピ・ドン島に到着します。
プーケットから船で、所要時間は1時間半~2時間程度です。
ピピ・ドン島にはいくつかのビーチがあり、パラセーリングやバナナボートなどアクティビティを楽しめます。もちろんデッキチェアに寝転んで、のんびりすることもできますよ。ビーチ沿いにはリゾートホテルがいくつも並んでいて、大勢のバカンス客で賑わっています。

もちろんピピ・ドン島で1日を過ごしてもいいのですが、シュノーケリングを本格的に楽しみたいなら、ここからさらに、ピピ・レ島に行くのが一般的。ピピ・レ島は、スピードボートで約10分、ロングテールボートと呼ばれる小型ボートでも約30分で行ける無人島です。
切り立った岩壁とゴツゴツとした岩が点在する岩の島ですが、海の透明度の高さはバツグン。崖の隙間に小さなビーチや湾がいくつかあって、そこを拠点にシュノーケリングすることができます。ちなみに「ザ・ビーチ」のロケ地となったのは、その1つの「マヤベイ」なんですよ。

ピピ島は1年中楽しめますが、ダイビングやシュノーケリングを楽しみたいなら、海が比較的穏やかで透明度も高くなる、乾季の(10~5月頃)がよりおすすめです。

ピピ・ドン島のビーチ。海の美しさを求めて訪れた大勢の観光客で賑わいます。

湾に囲まれて1年中楽しめるコーラル島

海の近くでランチタイム

一方、コーラル島/ヘイ島(Coral Island/Koh Hey)は、プーケットの南端のチャロン湾沖に浮かぶ身近な島。本当は「ヘイ島」という名ですが、美しい珊瑚に囲まれていることから「コーラル島」と愛称で呼ばれるようになりました。スピードボートだと、わずか15分で行けるので、日帰りでものんびり、思う存分楽しめます。

でもコーラル島の魅力はそれだけではありません。この島は1年を通して海が穏やかなのです。

タイの海は雨季と乾季でその姿が変わります。
プーケット周辺では乾季は10~5月頃、雨季は5月下旬頃~10月上旬頃になりますが、雨季には風が強くなる、波が高くなる、海の透明度が下がる、などマリンアクティビティに適さない天候が増える傾向があります。
でもコーラル島は、チャロン湾に守られている形なので、雨季にも波が比較的おだやかで、波に巻き上げられた砂で海水が濁ることも少ないのです。

コーラル島にはマリンアクティビティも充実しています。パラセーリング、バナナボートなどのほか、酸素が送り込まれるヘルメットを被って、少し深いところまで行ける「シーウォーカー(Sea Walker)」も楽しめます。泳ぐのがちょっと苦手な方、ダイビングやシュノーケリングがコワイ方も、気軽にトライしてみてくださいね。

コーラルアイランド

カイ島、ラチャ島…ほかにもいろいろ

プーケットからの旅行客が多いのは、ご紹介した3つの島ですが、ほかにも島はいろいろとあります。
プーケットの東、スピードボートで約20分で行けるカイ島も、シュノーケリングなどで人気の高いところ。カイ島もピピ島のように、実は「カイ・ノーク」「カイ・ナイ」「カイ・ヌーク」などいくつかの島からなる諸島で、施設が整って観光客が1番多く訪れるのはカイ・ノーク島(Kai Nok)。いつも大勢の人で賑わっています。カイ・ナイ島(Kai Nai Island)では魚がたくさん寄ってくるビーチがあるので、ファミリーで気軽に楽しむにはもってこいです。
カイ島は、プーケットから近いので、日帰りでも存分に遊べるのがうれしいですね。

プーケットの南には、ラチャヤイ島(Racha Island)もあります。この島はスピードボートで約40分で行ける小さな島です。真っ白な砂のビーチと、シュノーケリングやダイビングにもってこいの透明度抜群の海が魅力です。あまり観光地化されていないせいか、どこかゆったりとした雰囲気も魅力です。こちらの島は乾季の10~5月がベストシーズンになります。

いかがですか。プーケットの周辺には、いろいろな島があってそれぞれ楽しめます。ご自身の希望に合った島を見つけてくださいね。JTBでは、ピピ島やコーラル島への日帰りツアーもご用意しています。こちらもご参考になさってくださいね。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Mr. Hideki Kawashima

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB