地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

タイ・チェンマイの楽しみ方と過ごし方

JTBタイ支店
Ms. KAN Anna

チェンマイはバンコクから約700km北に位置する、北部最大の都市です。日本ではあまり知られていませんが、13世紀末に誕生する王国以来の歴史ある古都です。さらに郊外には、遠くヒマラヤ山脈にまで続く山々が連なり、自然も豊富。象に乗っての散策や川下りなど、タイらしい楽しみ方がいろいろできるチェンマイを、JTB現地スタッフがご紹介します。

チェンマイの魅力
チェンマイは、バンコクから北へ約720kmの位置にあるタイ北部最大の都市。北方のバラとよばれる美しい古都は、1296年にランナー王朝が創設されてから都として建設されました。中国、ミャンマー、ラオスに近く、山々に囲まれた高原の中央にあります。市内を流れるピン川西岸には、濠をめぐらせた城郭が残る旧市街があり、市外に出れば、四方を山に囲まれ大自然が広がっています。歴史と伝統を受け継ぐ町並みと大自然の見事な調和が、チェンマイ最大の魅力と言えるでしょう。

チェンマイへの基本情報

チェンマイへのアクセス
バンコクからは行くには、スワンナプーム国際空港やドンムアン空港から1日10 便前後出ている飛行機が便利です。所要時間はおよそ1時間10分です。安く行きたい方は、北バスターミナルからチェンマイ行きのバスが多く出ています。所 要時間はおよそ10時間です。鉄道での移動も可能です。フアランポーン駅から1日6便出ていて、寝台列車が人気です。こちらも所要時間は10~12時間程 度です。

チェンマイの気候
5~10月頃にはよく雨が降り、気温も30~35℃前後となります。最低気温は22~24℃。11月頃から乾季となり、気温も少しずつ下がりますが、最高気温は30℃前後です。最低気温は12月~2月頃には15℃前後となります。

市内の移動は?
市 民のおもな乗り物はソンテウ(小型乗り合いタクシー)やタクシー、トゥクトゥク(屋根付きの小型オート三輪車)です。ソンテウは決まったルートを走っていて、行く方面によって車体の色が変わります。チェンマイ市内は主に赤色のソンテウが走っています。乗り合いタクシーなので、運転手さんに行き先を告げ、OKなら乗りましょう。料金は20バーツ程度。タクシーもありますが、メーター制のタクシーはあまり多くありません。メーター制でないタクシーの場合には、乗る時に値段を交渉することになります。

チェンマイの楽しみ方

古都チェンマイは見どころが多く、さまざまに楽しめます。

(1) 寺院巡り

ワット・プラタート・ドイ・ステープ

こちらはかつて80mの仏塔がそびえていたこちらはワット・プラタート・ドイ・ステープワット・チュディ・ルアン

ワット・プラシン
四方およそ1.5kmのほぼ正方形の堀と城壁に囲まれた旧市街には、多くの由緒ある寺院が点在しています。なかでも最も大きく格式の高い寺院として知られる ワット・プラシンは、1345年にランナー王朝第5代パユ王が父王の遺骨を納めるために建立されました。特にラーイカム礼拝堂の壁画は、ランナー王朝時代 の人々の暮らしや宮殿の様子が活き活きと描かれ見応えがあります。

ワット・チュディ・ルアン
「大きな仏塔」という名の寺院で、かつては高さ80mの大きな仏塔がそびえていました。1391年の建立されました。1545年の大地震で仏塔の一部が崩壊してしまい、現在も半壊の状態ですが、その仏塔を支える巨大な基壇(1辺が約60m)だけでも、その大きさを想像することができます。

ワット・チェンマン
ランナー王朝を創設したメンラーイ王が1296年に建てたもので、かつては宮殿でした。中には大理石の仏像「プラ・シーラー・カオ」と水晶の像「プラ・セータン・カマニイー」を安置。基部を15頭の象に支えられた仏塔も見応えがあります。

ワット・スアン・ドーク
城壁外にある、1383年建立の寺院です。安置されている青銅の仏像は、国内最大の仏像の一つです。ステープ山を背景にした夕暮れ時のこの仏塔の光景は、スアン・ドーク(=花園)の名前にふさわしい美しさを見せてくれます。

ワット・プラ・タート・ドーイ・ステープ
市北西にある標高1080mのステープ山の、山頂にあるのがこの寺院です。チェンマイ市街を一望できる展望台もあり、そのすばらしい眺めを楽しめます。高さ22mの金色の仏塔(チェディ)もあります。

これらの寺院をじっくり回るならツアーも便利です。ホテルへの送迎やタイ風カレーヌードル「カオソイ」ランチが付くツアーで効率よく回れるツアーなどもあります。

(2)エレファントライデイング

山々の自然に恵まれたチェンマイの郊外には、のどかな山村の風景や象と触れ合えるエレファント・キャンプがあり、多くの象が象使いとともに暮らしています。川に入って水浴びをする象の気持ちよさそうな姿を見たりできるほか、象の背に乗って川を渡り、起伏のある山道を散策するトレッキングなどもできます。高い象の背から眺める山の緑はとても清々しく感じられますよ。JTBでもエレファントライディングだけでなく、川を筏で下るラフティングなど自然の中ならではのアドベンチャーを体験できるツアーのご用意もあります。

(3)ナイトサファリ

緑豊かなステープ・プイ国立公園内にある人気のテーマパークでは、ナイトサファリを楽しむことができます。 象、ライオン、 ジャガ ーなど100種以上、約1000頭もの動物達が自然に近い形で生活し、夜でしか見られない姿が見られます。チェンマイ市街から車で約40分。送迎付きのツアーなら、夜も安心してご参加いただけますよ。

(4)買い物やお土産探し

チェンマイは、さまざまな山岳民族が生活する北部タイの中心都市なので、多様な伝統芸術や文化が集まっています。伝統の技をいまに伝える工房めぐりも、チェンマイの楽しみの一つです。300年前に中国から伝わったという、青磁のセラドン焼きやシンプルな上品さで人気ですし、ボー・サーン村の伝統的な傘も、手作業による色とりどりの絵が印象的。そのほかシルク製品もお土産として人気があります。チェンマイ市内のチャルーンラート通りやニンマーンヘーミン通り界隈には、それらの伝統芸術を現代風なモダンなデザインに仕上げたインテリア雑貨やファッション小物などを扱うショップがいくつもあります。

(5)ドイ・インタノン国立公園

チェンマイの郊外は、ドイ・インタノン山を始めとする山々が連なる自然豊かな地帯です。チェンマイ市内から車で約2時間のドイ・インタノンは海抜2565m、タイで一番高い山です。 タイ有数のメーヤ滝や流量が豊富なワチラターン滝など、 多くの滝が点在しています。ヒマラヤ山脈から連なる山塊の末端に位置しますので、山頂付近は一年中涼しく、平均気温は12度ほど。モン族、カレン族など山岳少数民族が暮らすエリアでもあります。JTBのツアーでも、国立公園や滝巡りなどを効率よく見学するツアーのご用意がございます。送迎付きなので安心です。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. KAN Anna

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB