地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

バンコク最新のショッピングモール「セントラル・エンバシー」と「サイアムスクエアワン」

JTBタイ支店
Ms. KAN Anna

次々と新しいショッピングモールがオープンするバンコクに、また新しいモールが誕生しました。一つはラグジュアリー系の「セントラル・エンバシー」。もう一つの「サイアムスクエアワン」は若い人がターゲットのショップが入るなど、どちらも今バンコクのお買い物スポットとしておすすめです。

ハイブランドが充実の「セントラル・エンバシー」

ハイクラスをターゲットにタイ初上陸のブランドも充実の「セントラル・エンバシー」

広々とした解放感あふれるモール内

プルンチット通り、イギリス大使館跡地に2014年5月、ショッピングモール「セントラル・エンバシー」がオープンしました。チットロム界隈には徒歩圏内に、「セントラル・チットロム」「セントラル・ワールド」などセントラルグループのモールがすでにありますが、3件目となる「エンバシー」は、タイの富裕層や高級志向の強い観光客などをターゲットに、ハイブランドを中心に展開しています。

どんなブランドが入っている?
ショップは、「HELMES」「CHANEL」「Gucci」「PRADA」など高級ブランドはもちろん、タイ初上陸のブランドにも力を入れています。フランスのバレエシューズブランド「repetto」、アメリカ発のドレスブランド「CH Carolina Herrera」、イタリアの老舗ブランド「Sergio Rossi」のほか「A.P.C.」「ZARA」など日本で人気のカジュアル系ブランドも充実しています。さらに日本未上陸のショップもオープンしています。オランダ発のカジュアルファッションブランド「Scotch & Soda」やロンドンの靴ブランド「Kurt Geiger」、のほか北欧デンマークのカジュアルブランド「Soulland」ではカフェ「Granola」も併設されています。

フードコートも充実
ファッションに興味のない方でもここのフードコートには思わず目を見張るはず。地下1階の「Eathai」は、提供される料理がタイ料理のみという、タイでも珍しいフードコートで、タイ各地の郷土料理や、バンコクの人気屋台のメニューなどが手軽に食べられます。「屋台料理をトライしてみたいけど、衛生面でちょっと心配…」という方も、このフードコートなら安心して食べられるのでは?

行き方は?
BTSスクンヴィット線「プルンチット Phloen Chit」駅に直結しているので行き方は簡単!2015年には上階にラグジュアリーホテル「パークハイアット」もオープンする予定です。

セントラル・エンバシー(Central Embassy)
住所:Central Embassy 1031 Ploenchit road, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand
電話:+66 2-119-7777 
営業時間:10:00~22:00

地元バンコクの若者や若い旅行者も楽しめる「サイアムスクエアワン」

サイアム地区は、学生が多く集まる場所なので、こちらは高級ブランドというよりは、彼らがお金をかけなくても楽しめそうな個人のショップが多く集まっていて、若い旅行者には特にオススメ。見て歩いているだけでも、学生や若い人たちの熱気を感じられそうです。ハローキテイのショップもあって、キティはバンコクでも大いに愛されています。またこのショッピングセンターは、和食のレストランが充実していて、とんかつの「まい泉」や天ぷらの「てんや」、うどんの「丸亀製麺」、「寺岡餃子」など日本でもおなじみのお店が入っていて、和食が恋しくなった時には重宝しそうです。そのほかイタリアンレストランやコリアンレストランも入っていますよ!

行き方は?
BTS「サイアム Siam」駅からすぐ、ラーマ1世通り沿いなので、迷わず行けますよ。

サイアムスクエアワン(Siam Square One)
住所:292 rama1, Bangkok 10330
電話:+66-2-255-9999

バンコクでのショッピングのご参考に!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. KAN Anna

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB