地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

バンコクグルメ情報 レストランから庶民派食堂まで

JTBタイ支店
Ms. KAN Anna

タイには美味しいものが本当にいっぱいあって、そう感じているのはどこの国の人も同じよう。先日イギリスの食関連サイトChowzterが「世界で最も美味しいファーストフード」を発表し、タイ・バンコクが「世界で最も美味しい都市」に選べばれました!

バンコクの美味しさの魅力は、超高級レストランはもちろん道路の脇の激安食堂も期待を裏切らないクオリティなこと。両者の、今一番話題のレストランを覗いてみましょう!

Chowzter World Awards Event 2014(英語)
http://www.chowzter.com/awards/chowzter-world-awards-2014

激安食堂へいらっしゃい! パッタイの王様 Phat Thai Thip Samai

さまざまな食材の中で、誰からも愛されるのが麺類。中でもタイふうヤキソバ「パッタイ」は、手軽で誰の口にも合いやすいのが魅力、しかも30~50バーツも出せば食べられてしまう安さもステキです♪

パッタイと言えばもう、「Phat Thai Thip Samai パッタイ チップサマイ」をはずすわけにはいきません!チップサマイはChowzterによる「世界の美味しい麺21店」の中にも選ばれた、世界的に知られたレストラン、いや食堂です。

通りからも見えるオープンキッチン(?)ではものすごい火力で麺や野菜を一気に炒めていて、もう店に入る前からよだれが出てしまいそうな雰囲気です。石炭を使って強火で炒めるため、米粉の麺はもっちもち、野菜はしゃっきしゃき、炒られたタマゴもふっわふわ・・・、ただのパッタイですがタダモノのパッタイではありません。うす焼き玉子でくるんだ「パッタイ・ホー・カイ」も甘めの味でオススメです。

パッタイ ティップサマイ(Phad Thai Thip Samai)
営業時間:5:00am~3:00am 
住所:313 313 Thanon Mahachai, Phra Nakorn
電話:02-221-6280

香ばしいニンニクがたまらない!Soi Polo Fried Chicken

こちらも今年Chowzterの「フライドチキン」部門で世界のフライドチキン10店の1つに選ばれた人気店。けれどこのサイトに選ばれる前からポロのフライドチキン(ガイトート)はバンコクでは絶賛されていました。ルンピニ公園の向かいの小路(ソイ)を入ったところにあるポロは、フライドガーリックがたっぷりとかかった香りのよさが特徴で、皮はパリパリ、中は肉厚でジューシーな揚げ具合がステキ。油で揚げているのに油っこさをほとんど感じないのも、このフライドチキンのすごいところです。

ソイ ポロ フライドチキン(Soi Polo Fried Chicken)
営業時間:7:00am~10:00pm
住所:137/1-2 Soi Polo, Th Withayu Lumphini Bangkok
電話:02-655-8489
アクセス:MRTルンピニ駅から徒歩約20分

ソオ・ポロ・フライドチキンのフライドチキン。タイの人はもちろんツーリストにも大人気。

ルンピニー公園近く。公園に散策がてら立ち寄る人も多いそうです。

バンコクで今一番アツいシーフードレストラン T&K Seafood

今、バンコクで一番人気があるシーフードレストラン(食堂?)と言えば、T&Kシーフードでしょう!

バンコクの中華街として知られるヤワラート通りにあるこのレストラン、すぐ近くで開かれているウォンウェンヤイ市場から毎日仕入れているため、ほんとうに新鮮です。お店からはみ出すように並べられたテーブルにはバンコクっ子も外国人ツーリストも入り乱れて、大いに賑わっています。

一番人気はもちろんシーフード。大ぶりのエビや貝、イカなどをグリルしたものを、日が暮れてネオンで輝き始めたストリートで食べるといっそう美味しく感じるから不思議です。

店のスタッフは緑のTシャツが目印。場所がよくわからなくても中華街で緑のシャツを着た人と、シーフードを焼く香ばしいにおいをたどっていけば、すぐにわかります!

ティアンドケイ シーフード(T&K Seafood)
営業時間:4:00pm-2:00am
住所:49-51 Soi Phadung Dao, Yaowaraj Rd., Bangkok 10100
電話: 0-2223-4519
アクセス:地下鉄フアランポーン駅から徒歩約20分

これだけははずせない フルーツ天国!タイ

誰もが愛してやまないのが色とりどりの南国フルーツです。特に6月以降タイのフルーツは次々に旬を迎え、もうバンコクは街中フルーツパラダイス♪強烈な甘みと香りで人々をトリコにするマンゴーや、かの楊貴妃に愛されたというライチーは日本でもよく知られていますが、もちろんそれだけではありません。

黒い硬い皮の中に白くてフワフワ、甘い果肉がたまらないマンゴスチン、一見茶色のブドウ、でも皮を向くとこちらは白いさっぱりとした甘みのリューガン、まるで真っ赤なウニ!の見た目とはウラハラに、さっぱりと香りの高いランブータン、そしてそして、好きな人にはたまらない果物の女王・ドリアンなどなど数え上げたらきりがありません。

フルーツ天国となる夏のタイへ、ぜひ遊びに来てみてくださいね!

南国ならではのフルーツ、ランブータン。

バンコクはこれからフルーツが次々と旬を迎えます!

もちろん高級レストランも人気!

こちらはバンヤンツリーの天空レストラン「ヴァーティゴ」

もちろん庶民派食堂だけではありません!セレブ気分を存分に味わえる高級レストランもご紹介しましょう。

リニューアルオープンした宮廷料理「ベンジャロン」

ルンピニー地区の超高級ホテル、デュシタニ・バンコクにあり王室御用達としても知られるタイ宮廷料理の「ベンジャロン Benjarong」は、改装のためにしばらく閉鎖していましたが、6月にリニューアルオープンしています!随所にタイらしいこだわりを見せる内装は変わらず、いっそうシックなインテリアで店内に案内されるだけで気分は盛り上がります。

バンヤンツリーの天空レストラン「ヴァーティゴ」

超高級ホテル、バンヤンツリーの屋上には天空レストラン「ヴァーティゴ Vertigo」が。見上げるとあるのは空、見下ろせば車のライトやビルの明りにキラキラ光る街・・・こんなところで食事をするなんて、ちょっと日本では考えられませんが、バンコクに来たらぜひ楽しんでみてください。

シャングリ・ラ・バンコクが保有するクルーズ船「ホライズン」

こちらも超高級ホテル、シャングリ・ラ・バンコクが保有するクルーズ船「ホライズン」に乗って、チャオプラヤー川でディナークルーズはいかがですか?船が行くのは、ライトアップされた寺院群や橋が美しい王宮周辺。川面に輝く光と夜のバンコクに魅せられてのディナーを楽しめます。

JTBでもさまざまな人気店のお食事クーポンを取りそろえておりますので、タイにご旅行の際はぜひご参考に!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. KAN Anna

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB