地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

タイの伝統舞踊からタイの歴史、文化を知る

JTBタイ支店
Ms. KAN Anna

音楽と踊りの「民族舞踊」。しなやかな指先と柔らかな物腰がタイ舞踊の魅力

タイを訪れるとショーやディナーなどでタイ舞踊を見る機会が少なくないものです。

歌も楽器も音楽も踊りも、なかなか日本人にはなじみがないものですが、そもそも、タイ舞踊ってどんな踊りなんでしょう。

それを少しでも知ってご覧になると、踊りの面白さがだんぜん違ってくるかもしれません。タイ舞踊について、豆知識をご案内しましょう。

タイ舞踊ってどんな踊り?

 「指先の芸術」と言われる独特の美しさ

タイ舞踊と言われて首を傾げる方でも「ホラ、あの指や手のひらをクネクネとさせる踊り・・・」と聞くと、ああ!とピンとくるのではないでしょうか。

あの印象的な、指や指先の繊細な動きはタイ舞踊の大きな特徴の一つで、「指先の芸術」とも呼ばれています。指先だけでなく頭の先から腰、関節、そしてつま先にいたるまで、身体全体で美しい曲線を描いてあらゆるものを表現します。少し腰を落として床をするように動きながら、男女の愛情から激しい戦闘も、美しい指先と身体全体の曲線美で表現するのです。

豪華絢爛な衣装とトンガリ帽子ふう“仏塔”

タイ舞踊の衣装は金色銀色の刺繍がほどこされ、縫い込まれた宝石もさらにピカピカして、まさに「豪華絢爛」という言葉がピッタリ!頭にはトンガリ帽子ふうな、仏塔をイメージした金の冠を被り、こちらもまばゆいばかりです。
特に古典舞踊は、かつては王宮内でのみ舞うことが許された特別に高貴な踊りだったので、その衣装のあでやかさ美しさもまたひとしおです。

踊りのみも舞踊劇も、仮面舞踊劇も!

タイ舞踊、と一言でくくりましても、舞台の上ではさまざまです。音楽に合わせて踊る、踊りのみの「舞踊」もあれば、一定のストーリーのもとお芝居もしつつ音楽に合わせて踊りもしつつの「舞踊劇」もあります。

さらには王、神、女性の役以外は仮面を被って踊りつつお芝居をする「仮面舞踊劇」もあります。踊りのみの「舞踊」には、かつて王宮内でのみ踊ることが許された作品(「古典舞踊」と呼ばれます)と、王宮外で踊る、いわば庶民の踊り(「民族舞踊」と呼ばれます)があります。

「舞踊劇」にもかつて王宮内でのみ許されたものと、王宮外で舞われていたものとがあります。「仮面舞踊劇」は王宮内でのみ舞うことが許された作品で、その代表的なものに、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を題材にした「ラーマキエン物語」があります。いずれの場合も“王宮のみで許された”作品については、ピカピカの衣装と仏塔の冠、が必須アイテムです。

旅行者にいちばん知られているのは「ラーマキエン物語」

旅行者が観覧しやすいのは、仮面舞踊劇の「ラーマキエン物語」ではないでしょうか。

王子が悪魔・トッカサンから姫を奪い返すという勧善懲悪の物語で、とても長いのでダイジェスト版で演じられることも少なくありません。仮面舞踊劇なので、王や姫以外の、王を守る猿ハヌマーンや悪魔トッカサンなどは仮面を被って舞い演じます。特にトッカサンは緑色の仮面を被り、「いかにも悪そう…」なフンイキですからすぐにわかると思います!

奇想天外なストーリーですが、踊りはあくまで高貴な雰囲気を漂わせ、しなやかな指先と全身で表現する曲線美とであでやかに舞い演じます。特に足踏みでさまざまな場面や感情を表現するその豊かさは、ほかではなかなか見られないタイ舞踊のだいご味です!

楽器もタイ独特、音色もタイ独特

タイ舞踊で流れる音楽についても少し…。最近の音楽に耳慣れた私たちには、あまりなじみのない音や旋律かと思います。けれどこの音色はタイで独自に生まれ発展してきた、タイの人々の魂の源、のようなものかもしれません(日本の雅楽も、大陸からの影響を受けつつ日本で独自に発展継承してきた、独自の音色と旋律ですね)。

このタイの古典音楽は「ピーパート」と呼ばれ、タイふう木琴のような「ラナート」、タイの太鼓「タポーン」、タイふうシンバル「チン」、そしてタイふうたて笛「ピー」、小さな銅鑼のセット「コーンウォン」などからなります。ほかではなかなか聞けないタイのオリジナルな音色と旋律も、踊りとともに耳を傾けてみては?

サイアムニラミットは一大エンターテイメント!

バンコク北部、地下鉄「タイ文化センター」駅近くにあるサイアムニラミットは、タイと各地方の文化や生活を体験できる、まるでテーマパークのようなエンターテイメント施設。

南北に長いタイの、それぞれの地方の魅力に触れられるだけでなく、タイの歴史や文化を、踊りやショーを通してわかりやすく楽しく表現します。

約1800席を擁する劇場で、150人以上もの演者が、スケールの大きい舞台装置や演出でタイやタイ舞踊の新たな魅力に出会えます。

サイアムニラミット (Siam Niramit Bangkok)
ショータイム:6:00pm~10:00pm
住所:19 Tiamruammit Rd., Huaykwang, Bangkok 10320
電話:02-649-9222
アクセス:地下鉄「タイ文化センター Thailand cultural center」駅からシャトルバスで約5分
HP:(英語)http://www.siamniramit.com/

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. KAN Anna

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB