地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

バンコク 今おすすめのルーフトップバーは?

JTBタイ支店
Mr. MAEDA Taketo

バンコクと聞くと、ビルの谷間で今日も庶民のおなかを満たしてくれる、B級グルメな屋台巡り・・・というイメージがある方も少なくないかもしれません。でもバンコクは今、猛烈な勢いで変化しています、そしてそんな変貌する街で最近ブームとなっているのが「ルーフトップバー」。
タワービルの最上階、その名の通りルーフトップ(屋上)に、オープンエアなバーが次々にオープンしているのです。高層階屋上から眺める、きらめくビル群と少しかすんだ夜空・・・屋台の楽しみとはまったく違う、新しいバンコクの魅力です!

火付け役は「ヴァーティゴ」「シロッコ」

またたき始めたバンコクのイルミネーションと美しい夕暮れ、ヴァーティゴからの眺めです。

こちらはシロッコからの夜景。絶景ですね!

目もくらむような高層ビルの屋上に、レストランやバーを造ってしまう、それもオープンエアで!などという、ちょっと日本では考えられないアイデアが実現したのが、バンコク随一のホテル、ルブアアットステートタワーに2001年にオープンした「シロッコ (Sirocco)」、そして大きなブームの火付け役となったのが、同じく最高級ホテルの一つ、バンヤンツリー・バンコクの「ヴァーティゴ (Vertigo)」です。この2つのレストランが大人気となり、その後いくつものルーフトップバーが登場することになるのですが、現在でもこの2つはちょっと別格…不動のツートップ的存在です。

中でもヴァーティゴは、サービスのクオリティーの高さといい、料理のおいしさといい、けれども地中海グリル料理やBBQ、というハードルの決して高すぎないカジュアル加減で、バンコクっ子はもちろん世界の観光客が訪れる人気スポット。予約必須のレストランの一つです。

レストランは61階にあります。59階までエレベーターで一気に昇り、そこからちょっと細めの階段を上っていく、とそこに広がるきらめくバンコクの街と空・・・なかなか心憎い演出です。

ドレスコードはスマートカジュアルですので、男性の短パン、サンダルはNG、女性はそれほど厳しくないようですが、やはりラフすぎるスタイルは避けた方が無難なようです。それにこんなに素敵な夜景を眺めながら、素晴らしいサービスの中でいただくディナーです、ちょっとドレスアップしてみるといっそう素敵なひと時となりそうです。

ヴァーティゴには「ムーン・バー」というバーも併設されていて、こちらはドレスコードはなし、予約も不要なので、バーエリアは夜になると、夜景とお酒を楽しむ人たちでぎっしりになります。

ヴァーティゴ (Vertigo)
営業時間:6:00pm~11:00pm(Moon Bar:5:00pm~1:00am)
※悪天候の場合は、階下のレストランへと案内されます。
住所:21/100 South Sathon Road, Bangkok 10120
電話番号:66-2-679-1200
最寄駅:MRT:「ルンピニ . Lumphini 」駅から徒歩5分/BTS:「サラデーン Saladaeng」駅から徒歩10分
ホームページ(英語): http://www.banyantree.com/en/bangkok/

オープンしたばかり、開放感抜群のズーム・アット・サトーン・スカイバー

アナンタラホテル・バンコク・サトーンの40階、ルーフトップにあるのが「ズーム・アット・サトーン・スカイバーZoom at Sathorn Sky Bar」。2013年11月にオープンしたばかりの新しいスポットです。
38 階でエレベーターを降り、ライトアップされた階段を上ると、一気に視界が開けます。ほかのルーフトップバーに比べて、ぐるりと囲む柵が低いのが大きな特徴 で、その分開放感は抜群です!(ちょっとドキドキもします♪)360度、周囲をさえぎるものが何もない、素晴らしい夜景を楽しめます。

照明は少し暗めなので、雰囲気はとてもシック。チャオプラヤー川はもちろん、天気がよければスクンビット地区のビルの明りまで見渡すことができます。メニューは地中海料理にアジアンフードをアレンジしたオリジナルのフレンチです。バー全体を貸し切ってのパーティなども可能ですし、プライベートスペース(2箇所)のみの貸し切り(各約25人収容可能)もできます。リバーサイドからの眺めは、思わずため息が出るほどです。落ち着いた雰囲気の中で夜景や食事を楽しめる最新スポットです。

Zoom at Sathorn Sky Bar
営業時間:Open:5:30pm~1:00am
住所:40th floor, Anantara Bangkok Sathorn, 36 narathiwat-ratchanakarin Rd,
電話番号:66-2-210-9000
ホームページ:http://bangkok-sathorn.anantara.jp/dining.aspx
最寄駅:BTS「チョンノンシー Chong-Nonsi」駅から徒歩10分

プライベートスペース。360度遮るもののない素晴らしい夜景を望めます。

ズーム・アット・サトーン・スカイバーお料理のひとつ、「duck breast」

ダントツの広さが自慢 クラウド47

数あるルーフトップバーの中でもダントツの広さを誇ります!屋根がありますが、開放感は十分。

こちらも2013年6月にオープンしたばかりの新顔のルーフトップバー。バンコクのオフィス街シーロム地区にある、ユナイテッドセンターの屋上に オープンしました。エレベーターで47階へ上がりますと、まるで雲上のようなスモークの演出が!「クラウド=雲」の名前だけあって、いかにもな雰囲気に、 気分は盛り上がります。

このバーの自慢は、何と言ってもその広さ!おそらく数あるルーフトップバーの中でもダントツの広さではない でしょうか。ルーフトップのほぼ半分は、屋根で覆われていますので雨の日も安心。とは言っても屋根の天井がかなり高いので、屋内のような閉塞感はまったく ありません!気持ちのいい開放感を存分に味わえます。

メニューはリブロースBBQや空揚げなど、手軽につまめるものが中心。バーのコンセプトも、「仕事の後にみんなで気軽に楽しめる」とか。肩肘張ることなく食事を楽しめます。

Cloud 47

営業時間:月~土:Open:6:00pm~01:00am
住所:47th floor, United Center Bldg., 323 Silom Rd,
電話番号:66 -2-631-2098
最寄駅:BTS:「サラデーン Saladaeng」駅から徒歩3分

ところで気になる雨は?

最後に余談ですが、一部を除いて、基本「屋根のない」ルーフトップッバー。もし食事の途中で雨が降ったらどーするのでしょう!?

もちろん「土砂降りのなか食事続行!」なんてことはありませんのでご安心を。ヴァーティゴやズームなどでは、階下の室内のレストランで、別メニューでの食事を楽しむことができます。スタッフのサービスも慣れたもの。例えばヴァーティゴでは、いきなり雨が降り出したら、まずはスタッフがそれぞれのテーブルで大きなパラソルを広げ、テキパキとお客さんを屋根のあるところまで誘導し、そして階下へ案内してくれるそうですよ♪

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Mr. MAEDA Taketo

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB