地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

コーラル島への行き方と楽しみ方

JTBタイ支店
アンダマン

プーケットからボートでわずか15分で着くサンゴ礁の島です。

プーケット島南端の大きな湾・チャロン湾に浮かぶヘイ島、通称コーラル島は、その名の通りサンゴ礁と青い海、そしてお魚たちを楽しめる小さな島。

チャロン湾からスピードボートに乗るとわずか15分で行けるので、日帰りで大満足できるのが魅力です。島にはさまざまなアクティビティが揃っているので、いろんな楽しみ方ができます!

1年中楽しめる島

浜の近くまでお魚が群れてやってきます♪

島ではバナナボートやパラセーリングもできます。

プーケットの南端・大きく弧を描くチャロン湾の沖9kmに浮かぶコーラル島は、スピードボートでわずか15分で行ける手軽な島。

チャロン湾に守られているため、雨季には荒れて泳ぐことも難しくなるアンダマン海に浮かびながらも、波が比較的穏やかで、1年中アクティビティが楽しめることでも知られています。雨季も波が穏やかなので、海中で砂が巻き上げられることも抑えられ、海水が濁ることが少なく、透明度を保っているのです。

ですからコーラル島では、シュノーケリングはもちろんのこと、少し沖合で楽しむ各種ダイビング、また空気を送り込んでくれる特殊なヘルメットをかぶって海底に降り立ち、そこでお魚たちを楽しむシーウォーカーまで、さまざまに海を楽しむことができます。

シーウォーカーは、水深5~8mと、比較的浅いところを潜りますので海が明るく、深い海がコワイのでは・・・と不安な方にも潜りやすいですよ!インストラクターが一緒に潜ってくれますし、そのインストラクターが、寄ってくる魚たちや海の生き物を楽しめるよう、いろいろ気づかってくれるので、海中の楽しさが倍増…になるかもしれません。

もちろんコーラル島の楽しみは、海中だけではありません。

海の上では、バナナボートやパラセーリングもできます。ただしジェットスキーやウェイクボートは禁止。大事な大事なサンゴ礁を傷つけることがあるからです。旅行者には美しい海を存分に楽しんでいただきたい・・・でも美しいサンゴと白い砂浜、青い海は大事な宝・・・そういうギリギリの思いも伝わってきます。

やっぱりシュノーケリングしてみたい!

コーラル島と呼ばれるだけあって、海の透明度、サンゴ礁の美しさ、魚の多さがプーケット島とは格段に違います。ですからシュノーケリングは、ぜひ体験したいアクティビティです。

「カナヅチだから・・・」としり込みしている方、コーラル島のシュノーケリングは基本ライフジャケット着用がマストなのです。ものすごく泳げる方も泳ぐのちょっと苦手な方もマスト!です。ですから足がつかなくて少々不安な深さでも、ちゃんとプカプカ浮いてくれて安心です。

コーラル島にはゴーグル、シュノーケル、フィンのレンタルもあるので、シュノーケルがあれば息つぎの心配もありません。思い切って美しい 海中の景色を覗いてみてはいかがでしょう。小さくちぎった食パンを用意して海中で出しますと、どこからかお魚たちが寄ってきます。どこにそんなにいた の!?とびっくりするほど寄ってくることもありますよ!色も鮮やかなお魚たちに青い海と海から見える青い空が、これまたほんとによく映えるのです。

くつろぎやすいロングビーチ、少し静かなバナナビーチ

島の北部、つまりプーケット島に向いている側には、長さ約800mのロングビーチと長さ400m程度のバナナビーチがあります。

両 ビーチは隣り合っていますが、観光客で賑わっているのはロングビーチです。ロングビーチはいかにもタイのビーチらしく、デッキチェアがずらりと並び、木陰 にはマッサージ屋さん、貝のアクセサリーの売り子さん、細い三つ編みをしてくれる三つ編み屋さん…などが賑やかに声をかけてきます。ちょっとアヤシげな売り子さんも中にはいますが、潮風に吹かれながらデッキチェアに寝転んで、彼らと値段交渉しながら商品を買うのも、いかにもタイのビーチらしい楽しさです。

一方バナナビーチは、ロングビーチに比べぐっと静かで穏やかなビーチです。デッキチェアの数も多くはなく、誰にも 煩わされずにのんびり過ごしたい方、家族で楽しみたい方にはこちらのビーチもいいかもしれません。ロングビーチからは道が整備されていませんので、ボートでのみ移動が可能です。

JTBマイバスのオプショナルツアーでは、 午後発の半日観光ではロングビーチ、午前発の1日観光ではバナナビーチへご案内しております。どちらのビーチにもそれぞれの良さがあるので、楽しめること間違いなし!どちらにもレストランがあり、トイレやシャワーも完備しています。

コー ラルビーチへツアーで行く場合には、朝9時にプーケットを出発し、午後2時半にコーラル島を出発する1日観光が一般的です。プーケットに帰った後にも屋台を冷やかし に行ったり、マッサージやエステで癒されたり、晩ごはんのレストランを探しにいったりする時間が十分あるのがうれしいですね。

こんなアクティビティもできます。

プーケットに戻ってからタイ・エステで癒される時間も十分あります。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダマン

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB