地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

東南アジア最大!「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

2015年11月末にオープンしたナショナル・ギャラリー・シンガポールへ行ってきました。MRTシティホール駅からも至近で、アクセスも抜群。東南アジア最大の現代アートの美術館で、シンガポールと東南アジアの現代アートにフォーカスしています。歴史的建造物と現代建築が融合したシンガポールらしさを感じるギャラリーの外観もステキ。JTB現地スタッフがご紹介します。

シンガポールと東南アジアの現代美術

ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、MRTシティホール駅から徒歩5分あまりでアクセスできます。地上6階地下3階建て、総床面積は64,000平方メートル。19~20世紀における絵画、彫像、製版、写真や映像まで収蔵作品8000点を超える、東南アジア最大の現代美術館です。常設展示は2つ。DBSシンガポール・ギャラリーでは、芸術が個人やコミュニティとどのような関係性があるかを考えさせられる、19世紀以降のシンガポール人芸術家らによる作品が展示されています。一方のUOBサウスイーストアジアギャラリーでは、東南アジアのモダンアートに焦点をあてています。東南アジアは主要な文明と宗教、そして欧米列強による植民地支配といったさまざまな要素がぶつかりあってきた地域。地元の伝統と西洋からの影響という複雑な関係性をもつ東南アジア地域の19世紀以降の現代美術作品を展示しています。このほかにも、子供向けの展示や遊べるスペースも充実。シティホールウィングの5階の屋上部分にある、水をはったリフレクティングプールもユニークです。

歴史と現代が出会う建物

吹き抜けのパダンアトリウム。左側の建物がかつての最高裁判所

ナショナル・ギャラリー・シンガポールは建物を見るだけでも訪れる価値があります。かつての最高裁判所と市庁舎という隣接する2つの歴史的建造物を1つの大きな美術館にしており、歴史的な外観など遺産や建物の美しさはそのまま残しつつ、改装を加えてコンテンポラリーなタッチで美術館全体がまとまっています。これら2つの歴史的建造物をつなげているのがパダンアトリウムです。最上階までの吹き抜けのスペースで、地下へと降りる大階段や、スプリームコートウィング(かつての最高裁判所)とシティホールウィング(かつての市庁舎)の3階と4階部分には架けられたブリッジなど、ダイナミックな空間。また、スプリームコートウィングには、かつて最高裁判所にあった牢屋がそのまま残されています。

絶景グルメを楽しむ

美術にそれほどの興味がない人も含めておすすめなのが、シティホールウィング6階で楽しむ絶景グルメです。この階には地中海料理のレストランAura(アウラ)とバーAura Sky Lounge(アウラ スカイ ラウンジ)のほか、カクテルやスピリッツなどを提供するバーSmoke & Mirrors(スモーク&ミラーズ)があります。テラス席からは、マリーナベイ地区のシンガポールらしい景観が楽しめます。昼間でも夜景でも、ゆっくりと好きな料理やお気に入りのアルコールを飲みながら過ごす時間は格別。このほかにも、中華料理やシンガポール料理、フランス料理などのレストランが館内で営業しています。1階には気軽に休憩できるカフェスペースも。ミュージアムショップも見逃せません。

館内ガイドツアーも

美術館では約1時間のガイドツアーが行われています。お申し込みはツアー開始の20分前に地下1階コンコースにあるデイリーツアーカウンターで。ツアーは定員20人で、定員に達したら締め切りです。主なガイドツアーは次の通り。

◎建築にフォーカスしたビルディングハイライトツアー:建築にフォーカスしたツアー。毎日11時から(英語)。中国語(マンダリン)によるツアーは金~日曜11時30分から。

◎DBSシンガポールギャラリー・ハイライトツアー:毎日14時から(英語)。中国語(マンダリン)によるツアーは金~日曜14時30分から。

◎UOBサウスイーストアジアギャラリー・ハイライトツアー:毎日15時30分から(英語)。中国語(マンダリン)によるツアーは金~日曜16時から。

最後に、館内は冷房が効いていて寒く感じることがあります。羽織るものがあるといいかもしれません。

ナショナル・ギャラリー・シンガポールNational Gallery Singapore
日~木曜、休日:10:00~19:00
金~土曜、休前日:10:00~22:00

何度行っても何か新しい発見があるシンガポール。JTBではシンガポールを満喫する現地オプショナルツアーを提供しています。ご参考まで。

この日はお天気がイマイチでしたが、マリーナベイ地区が一望に。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB