地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポールのんびりお散歩コース2 ~シンガポール・アート・ミュージアム、プラナカン博物館~


JTBシンガポール支店

看板さえもアート

MRTのBras Basah駅周辺は、教会や美術館がたくさんあり、一度にシンガポールの歴史を学べるスポットになっています。今回は、Bras Basah駅周辺を散歩しながら、シンガポールの歴史や文化に触れてみました。

シンガポール・アート・ミュージアム

まずは駅の出口すぐ横にある、「シンガポール・アート・ミュージアム」に入ります。外観は一瞬「教会かな?」と思うような、白を基調とした西洋風の建物になっています。昔はカトリックの学校として使われていたそうで、シンガポールに現存する19世紀半ばの建築物としてはかなり貴重なもののようです。

この美術館の展示品は現代アートで、非常に斬新な作品が数多く展示されています。

例えば、教会のような内装をしていながら、天井から爆弾のようなキラキラしたオブジェがいくつもぶら下がっているアートは、遊び心がありながらも、戦争の残酷さを訴えているような作品とも見て取れます。(作者の狙いは定かではありませんが…)

また、台の上にカラフルな人形が何体も折り重なっている作品は、シュールな印象がありますが、まるで人間社会のようだと言わんばかりの皮肉たっぷりの作品と感じることもできるものです。

このような作品の他にも、絵画や部屋全体をアートに見立てた作品など、見応えのある作品が多い美術館です。

プラナカン博物館

アートミュージアムから歩いて約5分の場所に「プラナカン博物館」があります。

プラナカンは、マラッカに移住してきた中国系移民が現地のマレー人と結婚したときの、その子孫たちのことを指すと言われています。彼らは、中国とマレーの文化をベースにアジアやヨーロッパの様々な文化を融合した独自の文化を繁栄させました。館内には、プラナカンの文化の特徴的な食器や装飾品が展示されています。また、博物館の売店では、有名なプラナカン陶器を購入することもできますよ!

この2つの施設以外にも、「シンガポール国立博物館」や「シンガポール切手博物館」、「ミントおもちゃ博物館」などシンガポールの文化に触れることのできる場所がたくさんあります。是非、お散歩をしながら巡ってみてください。

お城のような入口で、メルヘンです。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    SGD63~ ※目安=約5,457円~
    世にも珍しい動物園ナイトサファリ。 世界初、夜にだけオープンするというこの動物園の広大な敷地には約130種類2300頭もの動物が飼育されています。アフリカやアジアの地域から来た動物たちは、それぞれの動物たちが元々暮らしていた地域に近い環境で飼育されています。闇に潜む動物達との出会いは、普通の動物園と一味違います!
  • オプショナルツアー(現地発着)
    SGD145~ ※目安=約12,559円~
    期間限定(4月29日-30日、5月1日-6日、8月8日-21日)のマイバス特別企画。日本語トラムの優先乗車&アニマルショー鑑賞はもちろん、かわいい動物の仲間たちと楽しい時間を過ごします。この機会をお見逃しなく!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBシンガポール支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB