地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポールのホーカーとおすすめの屋台料理

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

シンガポールを訪れたら、ぜひ一度は行ってほしいのがホーカーです。早朝から夜遅くまで、年中無休で営業するホーカーは、シンガポール人の胃袋を満たしてくれる強い味方。人気のホーカーとともに、安くて美味しくて、味のバリエーションも豊富な定番メニューからおすすめの品5選をJTB現地スタッフが紹介します。

定番ホーカーはココ

ホーカーとは、屋台(ストール)がたくさん集まったスポットでフードコートのようなもの。かつては路上にたくさんの屋台がでていたのですが、1970年代、政府が衛生面とその景観に配慮し、こうした屋台を1か所に集めて営業するよう指導したのがホーカーの始まりといわれています。
ホーカーはいろいろな地区にあります。定番であり、よく知られているのが、ラッフルズ・プレイス駅から徒歩5分ほどの老舗ホーカー「ラオパサ・フェスティバル・マーケット」。2014年にリニューアルオープンしました。ランチ時は周辺で働く人々で大いに賑わいます。
シンガポールのグルメ本マカンストラがプロデュースしたホーカー「マカンストラ・グラトンズ・ベイ」は、カップルや若いファミリーら地元の人や観光客で賑わいます。エスプラネード駅に直結しているほか、ドリアンの愛称で親しまれるエスプラネード・シアターの側にあり、マーライオン像からも近いので、気軽に立ち寄ることができます。深夜まで営業しているので、夜食にもいいかも。
リトルインディア駅の目の前、テッカセンターのホーカーは、場所柄インド系のホーカー料理が充実しています。併設のマーケットは見て回るだけでも楽しいです。
オーチャードロードにあるフード・リパブリックは有名店が出店するフードコート。ホーカーというよりはフードコートですが、ホーカー同様の定番メニューが楽しめます。サマセット駅に直結してアクセスも申し分ありません。このフード・リパブリックはシンガポール全土にあります。

注文しよう

ホーカーへ行ったら、まずはテーブルを確保。できれば、注文する屋台の近くのテーブルがベストですが、食事の時間帯はとても混雑します。テーブルに番号が付けられていれば、その番号を覚えておきます。食べたいものを選び、屋台で注文です。看板などに写真入りでメニューを表示していれば、料理を指差すだけでも大丈夫。ホーカーによっては、テーブルの番号を伝えて料理を運んでもらいます。そうでなければ、できた料理を自分でテーブルまで運びます。支払いは注文時に、または料理を受け取った時に。食事が終わると、食器はそのままテーブルの上に置いておきます。
ホーカーには、ヌードルやチャーハンなどの中華系、インドネシア系、マレー系、インド系、チキンライスなどシンガポールらしい料理も。ホーカーで何を食べるか、どこの屋台の料理を食べるか迷ってしまったら、まずはテーブルを見渡し、地元シンガポール人が何を食べているかチェック。そして、一般的ですが、混んでいる屋台を選ぶことをおすすめします。

オススメの一品5選

ホーカーのメニューはものすごくたくさんあります。定番メニューのなかから、おすすめを紹介します。

ホッケンミー(Hokkien Mee)

太めの卵麺とビーフンの2種類の麺を使い、野菜や豚肉、エビ、卵などといっしょに炒め、エビの出汁がしっかりと麺に絡まった一品。添えられているチリとライムを混ぜるとさっぱりとした味に。

ラクサ(Laksa)

ココナッツミルク入りのピリ辛スープがくせになる味。米粉の太麺が特徴で、エビや揚げ豆腐などが入っていてクリーミーで濃厚な味わいです。スープは見た目ほど辛くありません。

フィッシュボールヌードル(Fish Ball Noodle)

魚のすり身で作ったプリプリの団子入り麺料理です。麺(平べったいタイプ、卵麺など)や野菜などの具材を選択できる屋台もあります。またスープなしタイプもあります。

キャロットケーキ(Carrot Cake)

といっても、デザートの甘いニンジンケーキではありません。大根餅に卵を絡めて焼いたオムレツにも似た一品で、外はカリッとしていてなかはもっちりとろりが特徴。2種類あり、ホワイトはあっさり塩味でチリをたくさんかけて食べる人が多いです。ブラックは、甘めの醤油がかかった黒っぽい色のキャロットケーキ。

バクテー(Bak Kut The)

シンガポール人が大好きな料理。骨付きポークリブの煮込みスープで、ハーブとぴりっとした胡椒味が特徴。もしかしたら、好き派と嫌い派に分かれるかもしれませんが、とりわけ年配のシンガポール人によくすすめられる一品です。

番外編 ホーカーの朝ごはん

朝食でホーカーを利用するなら、ほのかに甘くて温かい豆乳プリン(Bean Curd)がおすすめ。ドリンクとしての温かい豆乳もありますが、せっかくなので、出来たての豆乳プリンをどうぞ。お粥はホーカー朝食の定番です。

いかがでしょう。シンガポールは食通もうならせるグルメな町。安くて美味しいシンガポールのローカルフードを堪能したら、シンガポールフライヤーに乗って夜景を見ながらの豪華なフルコースディナーや、シンガポールならではの名物料理チリクラブもご賞味ください。JTBでもグルメな食事を含む現地オプショナルツアーを提供しています。ご参考まで。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB