地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポールに来たら絶対食べてみたいスイーツ

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

シンガポールはスイーツ天国。シンガポール伝統のスイーツはもちろん、欧米系、日本をはじめアジア各国由来の美味しいスイーツもたくさんあります。暑い国ですので、やはり気軽に食べられる冷たいスイーツは定番です。せっかくシンガポールに来たのだから、この国ならではのスイーツはぜひとも食べてみたいもの。独断と偏見で、絶対食べたいシンガポールスイーツを紹介します。

シンガポールの味「ペラナカン菓子」

なんといってもペラナカン菓子! マレー、中国、ヨーロッパの文化が融合したペラナカン文化は、シンガポールのルーツとも呼べるもの。そんなペラナカンのお菓子は、シンガポール滞在中、ぜひとも食べたいスイーツです。パンダンリーフやスターアニスなどで風味付けされ、ブルーピーなどの植物を使うなどして着色したカラフルなペラナカン菓子は見た目もキュート。南国らしくココナッツを多用し、もち米やタピオカをベースにしたものもたくさんあります。

たとえば、ココナッツをまぶしたオンデオンデ、タピオカとカスタードを混ぜてココナッツをまぶしたオングルウピ、ブラウンシュガーで煮た刻みココナッツをパンダンリーフ入りのクレープで包んだクエダダ(薄い緑色が特徴)、色を付けたココナッツ風味の餅を何層にも重ねたラピスサグ。薄く伸ばしたココナッツ風味の生地をくるくる巻いて焼いたクエ・ブランダはパリパリの食感がくせになりそう。ホテルなどのハイティーでも、ペラナカン菓子が並びます。

カラフルな色の「アイス・カチャン」

アイスカチャンは、暑いシンガポールらしいスイーツのひとつで、見た目はカラフルな色をした山盛りの大きなかき氷。さまざまな色(味)のシロップ、さらにコンデンスミルクなどがかけられていて、食べ進めると、中からいろいろなものが出てきます。アロエゼリーやあずき、フルーツ類、さらにはチョコレートなどなど。各店舗ごとにアレンジが違います。「カチャン」とはマレー語で「豆」という意味。ホーカーやフードコートなどでも、アイス・カチャンはよく見かけます。シンガポールでは、たくさんの具が入った、きめ細かに削られた氷のアイス・カチャンが良いとされています。急いで食べると、頭がキーンとするので、ゆっくりどうぞ。

ふわふわの雪のような「スノーアイス」

こちらも、アイス・カチャンと並び、シンガポールの涼しくなるスイーツの定番。スノーアイスはその名の通り、雪のようにふわふわのアイスクリームがお皿の上に高く盛られています。マンゴやいちご、コーヒーやチョコレート、ココナッツなど、いろいろな風味のスノーアイスがあり、ぜひとも食べたいスイーツのひとつです。

マンゴーサゴ

冷たいプチプチした食感のマンゴーサゴは、マンゴーとココナッツジュースの甘めのスープにマンゴの実やサゴがたっぷり入った冷たいスイーツ。ポメロというフルーツが入ったものもあります。マンゴー好きなら、きっと気に入るはず。シンプルで、店にもよりますが、基本的に甘さ控えめだと思います。サゴはタピオカにとても良く似ており、サゴ椰子から採れる澱粉です。タピオカはキャッサバイモから作るもの。

試しに食べたい「パンアイス」

とりわけシンガポールの年配の人にとって、幼い頃の懐かしい味として、パンアイスがあります。もちろん、今の子供たちも大好き。カラフルな色の食パンに細長く角切りにしたアイスクリームを挟んで食べるもの。食パンの代わりにウエハースにしてもOK。注文時に尋ねられますので、お好みで! パンアイスは大きな通りなどの屋台で売られています。しかも1ドル程度ととてもお安い。パンにアイスを挟むので、アイスクリームが溶けるスピードが遅いのもうれしい。

ペラナカン菓子は、ホテルなどのハイティーでも楽しむことができます。JTBでは、プチ市内観光とシャングリラホテルのハイティーを楽しむオプショナルツアーを提供中です。ご参考まで。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB