地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

肉汁滴るやみつきグルメ!人気のペーパーチキンを食す!

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

シンガポール名物のひとつ、チリクラブ。手をベタベタにしながら豪快に食べるのがおいしさの秘訣です。

「シンガポール」と聞いてはじめに想像するものは何ですか?マーライオン、F1、最近ではマリーナ・ベイ・サンズもシンガポールのシンボルになりつつありますね。でも忘れてはいけないのがずばり「食」!チキンライス、チリクラブ、バクテーなどの定番料理はもちろんのこと、ホーカーズや大衆食堂にも安くておいしい食事が溢れているので、あらゆるジャンルの食事を楽しむことができます。

おすすめを聞かれても迷ってしまうほど名店ぞろいのシンガポールですが、今回は日本人なら1度は食べたい、ペーパーチキン超有名人気店「ヒルマン・レストラン/嘉臨門大飯店」をご紹介します。

 

ホーカーズって?

本題に入る前に、シンガポールの食を語るうえで欠かせない「ホーカーズ」について少しご説明します。ホーカーズとは、安い屋台や店舗を集めた場所のこと。日本でいうフードコートを、屋外で営業している…というとイメージしやすいかもしれません。ホーカーズでは中華系、マレー系、インド系、そして日本食、韓国料理に至るまで庶民価格で楽しむことができ、シンガポール国民には欠かせない、いわば国民の台所となっています。

ちなみにホーカーズの語源は「ホーカー」ですが、もともと屋台を引いて食事を売る商人のことをさす言葉で、一昔前までは多くのホーカーたちが、街中で夜な夜な屋台を引いていたそうです。しかし、1970年ごろから食べ残しの下水処理による公害や、食器や食材の衛生問題が増加。見かねたシンガポール政府が対策に乗り出すことになり、ホーカーを1箇所にまとめて、現在のかたちで管理することになったそうです。

今は衛生管理の格付けシステムも導入されていて、きれい好きの日本人でも安心。各店の店先にA~Dランクのステッカーが貼ってありますので、お店を選ぶときにはぜひ参考にしてくださいね!

インド系の料理は暑い日にぴったり、ライムジュースが辛い食事によくあいます!

中華料理やタイ、ベトナムなどの東南アジア料理が多いなか、実は韓国料理も充実。

世界から認められたペーパーチキン

さて、さまざまな対策の甲斐あって、ホーカーズの衛生状態は飛躍的に向上しましたが、それだけでは味にうるさい日本人のお客様の舌を満足させることはできません。 そこで今回は「清潔で、冷房が効いていて、口にあって、リーズナブルで、メニューがわかりやすくて、ほどよく地元っぽいお店」という、日本人にぴったりのレストランがあると聞きつけ、「ヒルマン・レストラン/嘉臨門大飯店」へ実際に行ってみました。

ここのペーパーチキンを食べずして、シンガポールグルメを語るなかれ・・・というくらい、旅行のお客様にも、シンガポール在住日本人にも絶大な人気を誇っているヒルマン・レストラン。なんとミシュラン星付きレストランのオーナーシェフ、ポール・ボキューズがこの店を訪れた際に「ここのペーパーチキンにミシュランの星をあげたい!」と絶賛したほか、あのエリザベス女王も召し上がったという、それはそれは有名なお店なんですよ。

黄金のペーパーチキン

紙に包まれた熱々のペーパーチキン、肉汁が透けてみえています!

6月中旬、MRTファーラーパーク駅から徒歩5~6分のお店へと向かいます。出口さえ間違えなければ、駅からまっすぐ歩いた右側にあるので迷うことはありません。このエリアはリトルインディアといって、その名のとおり道を歩いている方の多くはインド系なので、サリーを着た女性や日本では見たこともない野菜や果物、辛そうな香辛料などを見ることができます。ちょっとした異文化を感じることができるので、早めに行って周辺観光なんかもおすすめですよ。

とはいえ、実際に行ってみると、口コミや雑誌の効果でしょうか。日本人のお客様が多い印象です。私たちは予約をしていたのでスムーズに入店できましたが、お店の外にはずらーっと列ができていたので、早めに予約していくことをおすすめします。

早速メニューを見てみると、確かに比較的安価(5cmのペーパーチキン5ピース=S$11)。広東料理のお店なので、日本人に親しみのある味やメニューが揃っていました。また、各メニューがSMLと分かれているので、少人数で行ってもいろいろ試すことができそう。

さて、まずはペーパーチキンをオーダー。ほどなくして黄金のペーパーチキンが運ばれてきました。さっそく紙を破くと(結構熱いのでやけどには注意!)香ばしい匂いがたちのぼり、もうこの時点で美味しさが確信に変わります。満を持して一口食べてみると…「やわらかい!お、お、おいしい!」 たっぷりの肉汁と秘伝のタレが絡み合ったちょっと甘めの味付けは、日本人好みであること間違いなし!滴る肉汁を無駄にしないように気をつけて食べるのですが、それでも滴ってしまうほどジューシーです。(もったいない!) チキンそのもののプリッとした食感と、中まで染み込んだ旨みも、たまりません!

ふと「この肉汁とタレを白いごはんにかけたら、何杯でもいけそうだな~」と日本人ならではの感想を抱いたのですが、周りを見渡すと実際ごはんにかけてる方がたくさん!やっぱりみんな同じ気持ちになるんですね。ペーパーチキン以外にも様々なメニューがあり、迷いながらも4種類ほどチョイスしましたが、はずれなし。私は異国独特のスパイスが苦手なのですが、ここならどれも大丈夫でした。お子様でも安心ですよ。

気になるお会計は…

リトルインディアエリアでは、その名の通り「プチインド」を体感できます。エリアによる多様性もシンガポールの魅力ですね!


さて、気になる注文内容とお会計ですが、ビール2杯、ペーパーチキン5ピース、空芯菜のにんにく炒め(S)、ブロッコリーの炒め(S)、春巻(S)、リンゴとポークのスープ(S)、お茶2杯で合計S$70(=約5600円) 今回は2人で行ったので、1人あたり2800円。予想を上回る安さに大大大満足です!ごちそうさまでした!

※ペーパーチキンはビールにも絶好のおつまみになりますが、シンガポールはお酒が高いので、飲みすぎにはご注意を。


ヒルマン・レストラン/嘉臨門大飯店(Hillman Restaurant)
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:30
住所:135 Kitchener Road Singapore 208518
定休日:なし
アクセス:MRTファラーパーク駅I出口から徒歩5分

 

 

ヒルマンのような大衆食堂での食事もいいけれど、シンガポールに来たからには1回くらいは豪華なディナーを食べたい!という方はシンガポールスリングでのフルコースもおすすめです。グルメ大国、シンガポールをとことん楽しんでくださいね!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB