地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポールの夜景を堪能しよう!

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

シンガポール随一のナイトスポットといえば、クラークキーです。蛇行して流れるシンガポールリバー沿のかつての倉庫街が、今ではすっかりトレンディな人気スポットに。熱帯地域のまったりとした空気を感じつつ、川沿いで食べる美味なる料理。そして、キラキラと輝くイルミネーション。食事の後は、リバーボートでシンガポール川からマリーナベイへとクルーズ。クラークキーやボートキー、シンガポールの高層ビル群、マーライオンやマリーナベイ・サンズなどの夜景を存分にお楽しみいただけます。

シンガポール随一のナイトスポット、クラークキー

夜の帳が降りる頃、シンガポール川沿いのクラークキーにずらりと並ぶ個性的なクラブ、バー、カフェ、レストランのネオンが煌き、川面にキラキラとその光を反射させます。どこからともなく集まってきた人々は、美味しい料理を楽しみ、ビールやカクテルを片手に楽しげな会話に花が咲いているよう。

クラークキーは、観光客はもちろん、地元の人々や出張で訪れた人、世界各国からの駐在員が集まり、人々の笑い声と料理の美味しそうな匂い、音楽とネオンが、熱帯のまったりとした空気のなかで、この地区の独特の雰囲気を作り上げています。

クラークキーの真ん中を通るリードストリート。見上げると、そこにはネオンが色とりどりに変化する巨大な屋根があります。クラークストリートとの交差点には噴水が地面から噴き上げ、それら水柱は赤や黄色、青や緑に色が変化してとても幻想的。どこからともなく聞こえてくるライブ音楽がシンガポールの夜を盛り上げてくれます。

リバーボートで楽しむシンガポールらしい夜景

リバーボート

シンガポール川沿いのクラークキーで、夕食を楽しんだら、煌めく夜景を楽しみませんか?クラークキーからマリーナベイは、夜景がとってもキレイ。リバークルーズならシンガポールらしい夜景が楽しめます。

シンガポールリバー沿いの乗下船スポットから、レトロなボートに乗船し、頬を撫でる風を受けながら、ボートはゆっくりと進みます。川側から眺めるキラキラと輝くクラークキー、高層ビル群、マーライオン、ドリアンの愛称で親しまれるエスプラネード、マリーナベイ・サンズや大観覧車シンガポールフライヤーといった、シンガポールのランドマークが七色の光を放つ夜景が目の前に広がります。

「高層ビル群を背景にしたマーライオン」なんていう写真も撮れますし、マーライオン正面撮りも! クラークキーに戻ってきたら、バーで一杯飲んでからホテルに戻るという楽しみもあります。なお、リバークルーズは昼間も運航されていて、クラークキーの西側にあるロバートソンキーを含むコースも運航されます。

また、マリーナベイでは毎晩8時と9時半に、行われる光と水のスペクタクルショー「ワンダ・フル」が行われます。「ワンダ・フル」は、音楽が流れるなかで、マリーナベイを望むマリーナベイ・サンズの空中庭園から青や赤色のレーザー光線が放たれ、湾から水が吹き上げられます。ショーに併せてマリーナベイ・サンズの関連施設のライトアップの色が変化するなど、煌めく13分のショーは一見の価値ありです。

シンガポール リバークルーズ(Singapore River Cruise)
HP(英語):http://www.rivercruise.com.sg/

ドリアンの愛称でおなじみのエスプラネード

リバーボート

JTBでは、クラークキーでの夕食や、水と光のショー「ワンダ・フル」などと、夜景を楽しむリバークルーズの乗船がセットになったツアーを提供しています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB