地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポール発祥のセントグレゴリースパ 極上のリラックスタイムがここに

JTBシンガポール支店
岡崎考治

女子旅で週末シンガポール! ならば、高級スパでリラックスする贅沢な時間は外せません。

スパ先進国とも言われるシンガポール。有名ホテル内の高級スパから、リフレクソロジーまで、さまざまなタイプの“リラックス”が楽しめます。「心身ともにストレスから開放されたら、また明日からバリバリ働ける!」ということで、数あるホテルスパのなかから、今回はシンガポール発祥のセントグレゴリー・スパを紹介します。

中国伝統療法などアジア各国の伝統的トリートメントを取り入れた本格的な施術は根強い人気を誇ります。ベトナムやマレーシアなどでも展開するスパです。

アジア各国の伝統療法を取り入れた本格的な施術

シンガポール発祥のセントグレゴリー・スパ。シンガポール国内ではパンパシフィック・オーチャード、パークロイヤル・オン・ピッカリングなどに数店舗を展開し、加えてマレーシア、中国、ベトナム、そして日本にもスパ施設をオープンしています。

セントグレゴリー・スパでは、フェイシャルからボディまで多彩なメニューが揃います。それらメニューには、アーユルベーダ、中国伝統療法、ジャワ式やタイ式のマッサージなど、アジア各国の伝統療法を取り入れたトリートメントが揃います。

こうした各国の伝統療法は、その国出身のセラピストが担当しているので、その技術力ももちろん高く、トリートメントは本格的なものです。

癒しのトリートメントで心身を活性化

フェイシャルでは、各自の肌の状態やタイプを考慮して、天然オイルに海洋成分や植物成分をブレンドしてのマッサージを施します。これにより、老廃物の排出が促進されて健康的な肌を取り戻します。

多彩なボディマッサージのなかで、Tui Na(スイナ)マッサージは、指圧を取り入れたもので、ストレスを取り除いて心身の緊張をほぐし、筋肉の痛みや疲労を取り除いてエネルギーを与えます。中国出身の推拿師(手を使って施術する人で、あんま、マッサージ、整体などを含む)による施術は人気のメニューです。リンパや血流を改善させるリフレクソロジーは、疲れた身体を癒やし、本来人間が持っている自然治癒力を高めてくれます。もちろん、十分なリフレッシュ感も得られます。

内装はホテルごと各店舗によって異なりますが、リラックスできる空間は各店舗に共通しています。一般的にカップル用のトリートメントルームもありますし、男性向けのスパメニューも。贅沢なスパタイムを終えたら、リラックス効果を心身に浸透させるべく、ゆっくりとお茶をいただきながら、その余韻を楽しみます。この余韻がこの上なく幸せな気分にさせてくれます。

セントグレゴリー・スパ(St. Gregory Spa)
HP:http://www.stgregoryspa.com/

シンガポールには、複数の店舗があります。

パンパシフィック(Pan Pacific Singapore)
営業時間:10:00am~10:00pm(毎日)

パンパシフィック・オーチャード(Pan Pacific Orchard)
営業時間:10:00am~10:00pm(月~金曜)、9:00am~9:00pm(週末、祝日)

パークロイヤル・オン・ビーチロード(PARKROYAL on Beach Road)
営業時間:10:00am~10:00pm(月~金曜)、9:00am~9:00pm(週末、祝日)

パークロイヤル・オン・ピッカリング(PARKROYAL on Pickering)
10:00am~10:00pm(月~金曜)、9:00am~9:00pm(週末、祝日)

もしかしたら、今度のシンガポール滞在は、スパ施設から宿泊ホテ ルを選んでもいいかもしれません。というのも、ホテルのスパを利用すると、髪が濡れていても、すっぴんでもそのまま客室に戻れるので気楽な面があるからです。ショッピングに、観光に、グルメな料理を存分に楽しんだら、心と身体のトリートメントへ。JTBでもセントグレゴリー・スパの商品を多数ご用意してございます。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

岡崎考治

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB