地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シンガポールフライヤーに乗って飲む、シンガポール・スリング

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

「シンガポール・スリング」ってご存知ですか?

このカクテルは、シンガポールの名門ホテル、ラッフルズのロング・バーで、1915年に誕生しました。それから約100年後の現在では、すっかりシンガポールを代表するカクテルになりました。沈む夕日をイメージしたとされる、濃いピンク色をしたカクテルは、ロング・バーだけでなく、多くのバーでそれぞれにアレンジを加えて提供されています。

シンガポールに来たら、ぜひ本場で「シンガポール・スリング」を楽しみたいものです。

「シンガポール・スリング」は甘く口当たりのいいお味

甘く飲みやすいカクテル、シンガポール・スリングはカップルにもオススメです。

シンガポール・スリングのオリジナル・レシピをみると、ドライ・ジンやチェリー・ブランデー、フランス産ブランデーをベースにしたリキュールのベネディクティン、コアントロー(ホワイト・キュラソー)に、ざくろのシロップ、サラワク・パイナップル果汁、ライム果汁入れてをシェイクしたもの。グラスの上の方にはシェイクでできた泡ものせて、パイナップルとチェリーをグラス口に飾って出来あがりです。

最近では、シェイクするのではなくクラブソーダを入れて泡を作ったり、ボトル入りジュースを使ったりしているところも多いとか。さらに、ラム酒にハーブや香辛料を入れたアンゴスチュラビターズを入れるなどのアレンジもあるそう。

本家のロング・バーでも、現代風にアレンジした「シンガポール・スリング」を出しているそうです。甘くて口当たりのいいカクテルですので、シンガポールの旅の思い出にぜひ1杯飲んで帰ってはいかがでしょう。この人気のカクテルは、今では、リカーショップやスーパーマーケットでもボトル販売されています。

観覧車シンガポールフライヤーで、シンガポール・スリングを!

シンガポール・スリングを飲みながらシンガポールフライヤーで絶景を堪能!

ところで、ホテルのバーなどで楽しむ「シンガポール・スリング」も、もちろんステキですが、「シンガポール・スリング」を飲みながら、世界最大の展望観覧車シンガポールフライヤーのVIPゴンドラに乗るというのはいかがでしょう。

最高地点約165mまで上がるゴンドラからは、シンガポールの個性的な摩天楼を一望できる360度のパノラマ展望が広がります。時間帯によって、オレンジ色に染まる夕暮れや、きらめく夜景を楽しみながらのロマンティックなひとときをお楽しみいただけます。

ちなみに、18歳未満のお子様にはノンアルコールのカクテル、またはソフトドリンクをお楽しみいただけます。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB