地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ハイティ シンガポールでお茶を楽しもう

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

伝統と格式のラッフルズ。ここでもハイティーを提供しています。

かつてイギリスの植民地だったシンガポール。イギリスの伝統文化が、変容しつつシンガポールで独特の文化となって定着していることも少なくありません。今回ご紹介するシンガポールのハイティも、もともとはイギリスの食文化。それがシンガポール流にカスタマイズされて楽しめるようになっているのです。

ところで、ハイティーってなに?

ハイティーとは、英国において夕方に食べる食事をかねたお茶会のことだそうで、フィンガーサイズのサンドイッチのほか、お肉料理やお魚料理などもだされて、それらを紅茶とともに食べるものだそうです。もともとスコットランドや北西イングランド地方の農民らの生活習慣だったといわれています。

こうした英国発祥のハイティーですが、シンガポールでは、ビュフェスタイルでサンドイッチや甘い菓子類、点心、肉や魚料理を楽しみます。有名ホテルのハイティーは、お味もボリュームも文句なし。個人的には、点心など多国籍なお料理が並ぶハイティーが、なんともシンガポールらしい感じがします。

シンガポールのハイティー事情

ホテルによっては、平日はアフタヌーンティーを提供して、週末や祝日はハイティーにしているところも少なくありません。時間帯は、各ホテルによって異なりますが、おもにアフタヌーンティーは15:00前後ぐらいから17:00過ぎぐらいまで。ハイティーの場合、お昼ごろから夕方まで提供していることろもあります。紅茶やデザートがたくさんついた豪華なランチ、あるいはちょっと早めのディナーと考えて、ハイティーを楽しむことができますよ。

高級ホテルでのハイティーは、ドレスコードがあります。一般的にはスマートカジュアル。まったくの個人的な意見ですが、どちらかというと、ハイティーの方がビュフェスタイルでのお茶タイムということもあって、アフタヌーンティーよりもほんの少しラフな感じがします。とはいっても、豪華なインテリアに囲まれ、ホテル自慢のグルメなお料理と美しく並べられた数々のスイーツにうっとりしつつ、紅茶をいただく。なんとも贅沢で、幸せな気分になります。

各ホテルによって、店内の雰囲気、プレゼンテーション、お料理やスイーツの内容、そして、もちろんお味も、それぞれに異なり、ホテルの個性がでています。お気に入りのハイティーラウンジを探すのも楽しいかもしれません。

シャングリ・ラ ホテル、ローズ・ヴェランダで楽しむハイティー

世界に名だたるホテルブランド、シャングリ・ラ ホテルのThe Rose Veranda(ザ・ローズ・ヴェランダ)では、週末や祝日にハイティーを提供しています。スタートが11:30からというのもうれしいですね。

基本的にファーストシートが11:30am~2:30pm、セカンドシートが3:00pm~6:00pmに設定されています。外の喧騒とは対照的に、モダンで落ちいた雰囲気の店内セッティングと、質の高いサービスが印象的。椅子はとてもゆったりとしたサイズで何時間でも座っていられそう。多国籍料理が見た目も豪華に並び、美しいプレゼンテーションの贅沢なスイーツに目移りしてしまいます。紅茶は、164種類(!)を揃え、好きなものをチョイス。予約必須のハイティーです。

シャングリ・ラ ホテル(SHANGRI-LA HOTEL)
HP:http://www.shangri-la.com/jp/

ザ・ローズ・ヴェランダ(The Rose Veranda)
営業時間:11:30am~2:30pm、3:00pm~6:00pm(週末および祝日)
HP:http://www.shangri-la.com/jp/singapore/shangrila/dining/bars-lounges/rose-veranda/

JTBでは、ハイティーとプチ市内観光を組み合わせたツアーを提供しています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB