地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ビンタン島 シンガポールから日帰りで行けるリゾート島の魅力

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

ビンタン島の北部に広がるビンタンリゾート

シンガポールでシティリゾートを満喫しつつ、ビーチリゾートも楽しみたい! そんなちょっと欲ばり派にオススメが、インドネシア領ビンタン島です。

シンガポールからは高速フェリーで約50分でアクセスできるビンタン島。

シンガポールから日帰りでも十分に楽しめるビンタン島の魅力、ご紹介します。

インドネシア・ビンタン島

白砂のビーチがどこまでも続きます。

シンガポールのチャンギ国際空港近くに位置する、タナメラ・フェリーターミナルから高速フェリーに乗ってわずか50分、大自然が広がるビンタン島に到着です。

ビンタン島は、約3200島にも及ぶリオ群島に属する島で、その面積はシンガポールの約2倍の大きさ。シンガポールとインドネシアの共同開発リゾート区域は島の北部にありますが、島の南部には静かな漁村が今も残されています。

フェリーを降りれば、1時間ほど前までのシンガポールの喧騒が嘘のように静かなビンタン島。

ハネムーンやカップル向けのバンヤンツリー・ビンタンなどの高級リゾートから、グループやファミリーでの滞在が楽しめるニルワナ・ガーデンズやビンタン・ラグーン リゾートまで、リゾートもいろいろです。シンガポール人はもちろん、シンガポールに暮らす欧米の人々にも人気の島です。

アクティブに楽しむビーチリゾート、ビンタン島

マリンスポーツが存分に楽しめます

さっそく、ビーチへ。どこまでも続く真っ白な砂浜と紺碧の海、そして青い空、ぷかりと浮いた真っ白な雲。申し分のないビーチリゾートです。

ここではたくさんのマリンスポーツが楽しめます。たとえば、海が穏やかな4~10月は、シュノーケリングがオススメ。

そして、 11~3月は、モンスーンの時期なのでブギーボードも楽しめます。このほかにも、ジェットスキー、バナナボートやシーカヤックなど楽しみもいろいろです。もちろん、ビーチでのんびりと本を読んだり、お昼寝するなんていう贅沢もありです。

さらに、マングローブをボートで遡るエコツアーまであります。少し遊び疲れたなと感じたら、島内にあるスパで疲れを癒すこともできますよ。

もし、ビンタン島に1泊したなら、夜空を見上げてください。リゾートホテル周辺はちょっと明るすぎるかもしれませんが、明かりが少ないところで少し目を凝らすと星がよく見えます。9月に訪れた時、さそり座がくっきりと見えたのが印象的でした。

最後に、ビンタン島はインドネシア領ですので、パスポートを忘れずに。入出国の手続きがあります。

また、島の通貨はインドネシアルピアですが、シンガポールドルも流通しています。時差もあります。ビンタン島はシンガポールよりも1時間遅れです。ご注意ください。JTBでは、高速フェリーでの往復アクセスやビンタン島でのマリンスポーツ、昼食が含まれたビンタン島日帰りツアーを提供しています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB