地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

スカイダイニングを楽しめる、シンガポールフライヤーとケーブルカーそれぞれの魅力

JTBシンガポール支店
鈴木紀和

訪れた人を驚かせワクワクさせることではピカいちのシンガポール、ディナーだって例外ではありません。なかでも日本ではなかなか体験できないのが“天空”でディナーを楽しむ「スカイダイニング」ではないでしょうか?“天空”と言っても、高層ビルでの食事ではありません、なんと観覧車やケーブルカーに乗って、その極上の夜景を眺めつつ食事も楽しんでしまう、何ともビックリ、何とも贅沢なディナーです。

今回は、シンガポーリアンだけでなく海外からの観光客にも人気の高い2つのスカイダイニングの魅力をご紹介します。

シンガポールフライヤーのスカイダイニング-眼下に広がるマリーナベイの景色はまるで宝石箱-

日が落ちて夜になると、シンガポールはいっそう美しくなります。

観光客を驚かせ るようなアトラクションが次々と登場するシンガポール。中でも最高到達地点165mという世界最大の観覧車「シンガポールフライヤー」は、その高い地点 からの眺めの素晴らしさといい、カプセル(日本でいうゴンドラ)の大きさといい、豪華なサービスといい、訪れた人を大満足させるアトラクションの一つです。

日本を代表する建築家・黒川紀章氏(故人)が設計したこの観覧車は、最高到達地点165m、最大28人が乗車できるカプセルの数は28。もちろん日中でもその素晴らしい景色を望むことができますが、よりシンガポールらしさを体験したいなら、ぜひ夜景がお勧めです。

このカプセルに乗ってフルコースディナーを味わえるプランが「スカイダイニング」。1カプセルに5テーブル10席が用意され、専任のバトラーのサービスで食 事をしながら2周します。1周めは前菜とスープを、2周めにメイン料理とデザート。1周は約30分ですので約1時間のディナーです。

ディナーのおいしさはもちろんですが、何と言っても素晴らしいのはテーブルから眺める夜景の美しさ。目の前には美しくライトアップされたマリーナベイの街が光り輝き、天気がよければ遠くマレーシアやインドネシアの灯りまで望むことができます。

Singapore Flyer
http://www.singaporeflyer.com/

シンガポールフライヤーならではの絶景を、ぜひディナーとともに楽しんでみて。

こちらはメイン(フィッシュ)。

この日のデザート。コーヒーまたは紅茶とともにいただきます。

ケーブルカー スカイダイニング-海に沈む夕日を眺めながらの絶景ディナーを

暮れゆく夕日に映える海と空の美しさを、いっそう感じられるのがケーブルカーです。

一方、遠くに沈んでいく夕日や暮れなずむ海を眺めながら、輝きを増していく夜景を楽しむことができるのは、マウント・フェーバーとセントーサ島とを 結ぶケーブルカーでのディナー。標高106m、シンガポールでは2番目に高い山マウント・フェーバーから伸びるケーブルカーは、途中ハーバー・フロントを 経てセントーサ島とをつなぐ全長1.6km、片道約15分です。ディナープラン「スカイダイニング」ではこのルートを3往復して約1時間半のフルコースを 楽しみます。

キャビンは最大4名まで。他のツアーのお客様との混乗は基本的にはありません。プライベートな空間で刻々と変化していくセントーサ島の夕景を眺めながら、ゆったりと食事をできるのは、ほかにはない贅沢な演出と言えるでしょう。
ディナーは1周めに前菜とスープとハウスワインを1杯、2周めにビーフまたは魚のメイン料理、3周めにデザートとコーヒーまたは紅茶、のフルコース。

夜景の観覧で混み合う搭乗口ですが、このコースに参加のお客様には、レッドカーペットからの優先搭乗となりますので、順番を待つこともありません。

Mount Faber Sky Dining
http://www.mountfaber.com.sg/index.php?option=com_content&view=article&id=28&Itemid=16

マウント・フェーバーとセントーサ島とを結ぶケーブルカーで、暮れゆく海と街とを眺めながらのディナーです。

前菜、スープ、メイン料理(ビーフまたはフィッシュ)、デザート、ハウスワイン、コーヒーまたは紅茶のフルコース。

 

ここ数年で大きく都市の魅力を増したシンガポールをロマンチックに楽しめる観覧車と、シンガポール海峡の海と空の美しい夕景 を望むゴンドラ、皆さんはどちらがお好みですか?こんなシンガポールでしか体験できない“天空ディナー”を旅の中に組み込めば、シンガポールのまた新たな 魅力を発見できるはずです。

 

どちらのプランもJTBのオプショナルツアーでもお楽しみいただけます。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

鈴木紀和

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB