地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ニュージーランドでスリル満点バンジージャンプ

JTBニュージーランド
佐藤 愛弓

カワラウ橋からのバンジージャンプ

ニュージーランドの絶叫系アクティビティといえば、バンジージャンプです。せっかくニュージーランドを訪れたのなら、ぜひともこの国発祥のバンジージャンプにトライしてはいかがでしょう。JTB現地スタッフが南島クイーンズタウンと北島オークランドで楽しめるバンジージャンプをご紹介します。

発祥の地カワラウ川で、絶叫系アクティビティ

バンジージャンプは1988年、アラン・ジョン・ハケット(AJ Hackett)氏が初めて商業化しました。ゴムのロープ1本を足に巻いて南島クイーンズタウン郊外のカワラウ川にかかる橋の上から飛び降りたのがその始まりで、カワラウ川こそがバンジージャンプ発祥の地なのです。今では世界中でバンジージャンプは知られ、オーストラリアやスイス、ドイツ、マカオ、日本など、各地でバンジージャンプがアクティビティとして行われるようになりました。
南島クイーンズタウンの市街地中心部から車で約25分で、カワラウ・バンジーセンター(Kawarau Bungy Centre)に到着です。ここは今でも国内でもっとも人気の高いバンジージャンプサイト。同センターにはカフェが併設され、バンジージャンプの歴史を紹介する展示などもあります。
心の準備をしつつ、カワラウ橋(Kawarau Bridge)の中央付近に設けられたジャンプ台(プラットホーム)へ。経験豊富なスタッフのサポートのもとロープを装着。自らがジャンプする恐怖を克服したら、青く澄んだ川へと思いっきりジャンプ。ゴムの反動で何度か上下左右にゆらりゆらりを繰り返します。希望者はジャンプした際、川の中に入水できるようにロープの長さを調整してくれます。中には、後ろ向きにジャンプする怖いもの知らずの人も。最後は、ゴムボートで待機しているスタッフに助け上げられて岸へ。バンジージャンプを体験した人はTシャツのプレゼントもあります。展望台からはバンジージャンプをする人々を見学するだけでなく、自然美溢れるカワラウ川の風景を存分に楽しめます。

国内最高地点143mからバンジー、ネイビス谷

ネイビス谷でのバンジージャンプ

高さ134mからのバンジージャンプに挑戦するなら、起伏のあるネイビス谷へ。クイーンズタウン市街地から車で約45分。ネイビス谷では国内でもっとも高い位置からのバンジージャンプが体験できます。わずか8.5秒のフリーフォール、されど8.5秒。空中に身体を投げ出し、ロープ1本で落ちていく8.5秒間はきっと長く感じることでしょう。勇気と冒険心がある皆さん、ぜひ体験してみてください。ここでもオリジナルTシャツのプレゼントがあります。

このほか、北島にあるオークランドでも、ハーバーブリッジ(Auckland Harbour Bridge)からのバンジージャンプが体験できます。世界で初めて実施された港でのバンジージャンプ。ワイテマタ港に架かるハーバーブリッジにジャンプ台が設置されました。高さ40mからのジャンプは、海面にタッチすることもできます。バンジージャンプだけでなく、オークランドを一望する景色を存分に堪能できるのも、ここのバンジージャンプの魅力のひとつです。もちろん、オリジナルTシャツのプレゼントも。

南半球のニュージーランドはこれから春、そして夏へと向かい、気持ちのよい季節を迎えます。ニュージーランドを訪れたら、バンジージャンプ発祥の国で、大自然を感じながらのスリル満点のアクティビティをぜひ体験してはいかがでしょう。JTBでもバンジージャンプが体験できる現地オプショナルツアーをご用意しています。ご参考まで。

高さ134mのネイビスバンジージャンプ

オークランドの町を一望にするハーバーブリッジからもバンジージャンプ!

オークランドのハーバーブリッジからのバンジージャンプ

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

佐藤 愛弓

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB