地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロトルアで絶叫系アクティビティ「OGO(オーゴ)」を体験しよう!

JTBニュージーランド
佐藤 愛弓

思いっきり転がっていきます

ロトルアのとりわけ若い世代に大人気の絶叫系アクティビティ、OGO(オーゴ)。ボールの中に入って丘を転がるというとってもシンプルなアクティビティなのに、予測できない転がりっぷりに絶叫の連続。初めはとても怖かったのですが、叫びながらも笑いがとまらない!ニュージーランドで誕生し、今でも絶大な人気を誇る、OGOを体験!JTB現地スタッフが紹介します。

笑いと悲鳴の絶叫系、予測不可能な転がりっぷり

ロトルア市街地中心部から車でわずか5分。ロトルア湖やモコイア島を望み、緑の芝生が眩しい丘(敷地面積17エーカー)でOGO(オーゴ)が楽しめます。OGOは、簡単にいうと、空気で膨らませた巨大なボールの中に入って、丘の上から、まるでボールを転がすように下っていくアクティビティ。画像にもあるように、大きなボールは2重構造になっていて、内側のボールの中に人間が入ります。大きなボールなのですが、人間が入るスペースはとても狭く、しかも、コースによってはここに、なんと最大3人が入って転がっていきます。
そして驚いたのが、ボールの中には人間だけでなく、水(今回はぬるま湯)も注ぎ込むというもの。注がれた水はだいたい水深(?)15cmほどだったでしょうか。後で確認すると、約40リットルの水を注入することで、ボールの内部を夏は涼しく、冬は温かくしてくれるそうです。転がり落ちる際、この水のおかげで、まるで滑り台をしているように思いっきり滑ります。しかもボールの中には掴める取っ手もないため、回転に勢いが増すような感じ。
初めは怖い、怖いと思っていたのに、結局、楽しすぎて2つのコースを体験。まっすぐに下っていくコース(距離約250m)では、ジェットコースター並のスピード感。もうひとつのジグザグコース(距離約350m)では、どちらの方向に転がるか予想もつかないため、ボールの中でグルングルンといろいろな方向に転がります。怖すぎて悲鳴が止まらず、面白すぎて笑いも止まらず、転がっている間、ずーっとひたすら叫び続けていたようです。
ちなみに、OGOでは水着やタオルなどのレンタルができます。(別途料金)

ロトルアを訪れたらぜひ体験したい、絶叫系アクティビティOGO。チャレンジしてみてください。JTBでは思い出深いロトルア滞在を演出する、各種オプショナルツアーを提供しています。ご参考まで。

ここからボールの中へと入ります

ボールの中は悲鳴と笑い声で大変なことに

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

佐藤 愛弓

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB