地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

オークランド国際空港での賢い過ごし方「エンペラーラウンジ」

JTBニュージーランド
佐藤 愛弓

エントランス

飛行機に乗る前、あるいは乗り継ぎの際、待ち時間をゆっくりと空港ラウンジで過ごすリラックスタイムがあると、ゆとりができていいですよね。でも、空港にあるプレミアムラウンジは、「ビジネスクラスの乗客のためのもの」なんて思っている旅行者に朗報です。ニュージーランド旅行の玄関口とも言える、オークランド国際空港には、利用料を払えば、誰でも利用できる空港ラウンジがあります! その名も「エンペラーラウンジ(EMPEROR LOUNGE)」。

ラウンジ内はこんな感じ

雑誌や書籍コーナー

飲み物コーナー

どんなところ? どこにあるの?

フード&ドリンクが充実!

搭乗する航空会社に関係なく、利用料金を支払うことで、誰もが航空会社のビジネスラウンジのような空港ラウンジを利用できるのが、エンペラーラウンジです。航空会社が運営しているVIPラウンジではないものの、サービス内容はまるで航空会社のビジネスラウンジ!入室の際のドレスコードはスマートカジュアル、またはビジネススタイル。まさにビジネスラウンジ。それなりの格式(??)が必要です!子供は大人同伴の際にのみ入室できることになっています。エンペラーラウンジは、オークランド国際空港の国際線ターミナルでセキュリティ検査場を通り抜けた先にあります。「Premium lounges」と書かれたサインが目印です。オークランド国際空港から日本(成田空港)への帰国の際、オーストラリアあるいは南太平洋諸国へと出かける際のトランジット時にもご利用いただけます。

エンペラーラウンジって何がお得?

清潔に保たれたシャワー室

「EMPEROR LOUNGE」と掲げられた扉を開けて中に入ると、フロアはラウンジとダイニングという大きく2つのセクションに分かれています。黄色のソファがアクセントになったシックな雰囲気のリラックスできるラウンジスペース。ゆったりとした感じで、ビジネスマンがコーヒーを飲みながら熱心にiPadに目を落としていたり、新聞を読んでいたり。休暇中と思しきカップルの姿も。ダイニングエリアには、食事に適したテーブルや椅子が置かれ、カウンターでは冷菜から温かいお料理、ナッツなどのスナック類やペーストリーのほか、果物やチーズ、フレッシュジュースやソーダ、コーヒーや紅茶などの飲み物などを提供。時間帯によって、提供される料理の内容も若干異なります。早朝のフライトで、ホテルで朝食を食べそこねても、このラウンジで朝食を食べられるっていうのも魅力。思った以上に充実のお料理群です。

このほか、PCを使って仕事もできるワークスペースには、備え付けのデスクトップPCもありました。また、子供向けのプレイエリアがあるので、子供同伴でも他の利用者に気兼ねせずにラウンジを利用できそうです。そして、シャワー設備が完備されているのもうれしいところ。シャワー利用の際はタオルを貸してくれるほか、リフレッシュメントパックももらえるそうで、夜のフライト前にシャワーを浴びてさっぱりしてから搭乗っていうのもありです。もちろん、ラウンジ内はWi-Fiによるインターネット接続も無料で利用でき、雑誌や新聞などのよみものも揃えられています。 これら設備は、追加料金なく利用できます。夜のフライトで、ホテルもチェックアウトしてしまい、フライトまでの時間を持て余してしまったら、早めにオークランド空港に来て、エンペラーラウンジで夕食を楽しみ、インターネットをしながらゆっくり搭乗まで過ごすというのもいいかも。

当日、エンペラーラウンジヘ直接行って利用手続きもできますが、利用者数が多い場合には入室できないので、事前予約したほうが安心です。ご利用料金は、お一人様約5,000円未満とリーズナブルです。営業時間は朝6時から深夜0時まで。現在のところ、エンペラーラウンジで一夜を過ごすことはできませんので、オープン時間内での利用となります。

JTBでは、エンペラーラウンジの事前予約を承っております。また、市内ホテルからオークランド空港への「あいのり送迎プラン」も提供しています。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

佐藤 愛弓

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB