地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ニュージーランドを旅する方法 国内移動手段のご紹介

JTBニュージーランド
高木 信勝

ニュージーランドを旅する時に、どんな交通手段を使うか。これは結構重要なポイントです。利用できるものとしては、長距離バスやレンタカー、鉄道、飛行機などが挙げられますが、それぞれにいい点がありますので、特徴をおさえておきましょう。

ポピュラーな手段は車 (長距離バス/レンタカー)

旅行者にもっとも一般的なのは、長距離バスとレンタカーです。ニュージーランドは日本のように鉄道路線が発達していない分、長距離バスが国内をくまなくカバーしています。

長距離バスの大手、インターシティグループでは、全国の各地を結ぶインターシティバス、主に観光地をカバーするグレートサイツ、アップマーケット向けのニューマンズコーチラインなど、いくつかのブランドでバスを運行しています。そのほかにも、運賃の安さが自慢のネイキッドバス、バックパッカー向けのキウイ・エクスペリエンスなど様々なバスが走っています。長距離バスのよいところは、ほぼ全国の各地に路線が伸びていることです。

公式のウェブサイトでは、周遊旅行に便利な乗車時間単位、乗車区間単位のお得なパスも出ていますのでチェックしてみてください。ただし、主要路線以外は便数が少なく1日1便のところも少なくないため、途中下車をしにくいという欠点もあります。

日頃、車を運転する方ならレンタカーも便利です。国内の主要都市や空港にレンタカーのオフィスがあり、大手の場合は他の都市での乗り捨ても可能です。日本と同じ左通行、右ハンドルですし、車の交通量も少ないので、運転しやすいと思います。また大型キャンピングカーのレンタルもありますので、ニュージーラ ンドらしい旅行をしたい方には、こちらもおすすめです。レンタカーのいい点は自由自在に動けることですが、移動距離が長くなると身体に負担がかかりますの で、無理のないスケジュールを組みましょう!

観光しながら国内移動するなら、バスツアーがおすすめ

ニュージーランドの見どころを巡るなら、一番のおすすめはバスツアーです。例えばクライストチャーチ発/クイーンズタウン着、クイーンズタウン発/マウントクック着など、出発地点に戻らない路線なので、観光しながら国内移動ができます。

多 くの長距離観光バスの車内では、路線沿いの観光案内や地元の情報などが聞けますし、グレートサイツのバスの場合はヘッドホンで日本語のガイドを聞けます。 絶景ポイントでは写真ストップもありますし、数時間おきに休憩もありますので、快適に過ごせることでしょう。何より、移りゆく風景を、車窓から存分に味わ えるのがバスの最大の魅力です。

時間を短縮するなら飛行機

移動時間の短縮を考えればやはり飛行機に勝るものはありません。ニュージーランド航空が国内各都市を結んでいますし、公式ウェブサイトをチェックすれば、お得な航空券が見つかることもあるので、早めに準備しておくといいでしょう。

もし窓側のシートを確保できたなら、ぜひニュージーランドの大地の眺めをお楽しみください。美しい海岸線や緑の牧場、畑が連なる様子は見ていて飽きませんし、南島南部の路線ならサザンアルプスの険しい山々が眼下に広がります。

ニュージーランド航空
http://www.airnewzealand.jp/

旅情を味わうなら鉄道やフェリー

©Copyright KiwiRail Limited. All rights reserved.

トランツアルパイン号

一方鉄道ですが、旅行者が利用する鉄道路線は、ほぼ以下の3路線に限定されます。

  • オークランド/ウェリントン間 ノーザンエクスプローラー号
  • クライストチャーチ/ピクトン間 コースタルパシフィック号
  • クライストチャーチ/グレイマウス間のトランツアルパイン号

どの路線も1日1往復というのんびりしたスケジュールですので、急ぐ旅には向いていませんが、旅情たっぷりの風景が楽しめます。

ウェリントン/ピクトン間のフェリー

北島のウェリントンと南島のピクトンの間はフェリーが運航しています。

旅の目的やスケジュールに合わせて、自分好みの交通手段を探してみてくださいね。

この記事を書いたレポーター

高木 信勝

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB