地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ヨットでセーリング体験でオークランドを倍楽しむ

JTBニュージーランド
高木 信勝

青い空と海の中で過ごす日中のセーリングも人気です。

ニュージーランド最大の都市、オークランドは「シティ・オブ・セールズ(帆の街)」と呼ばれています。

オークランドは街の中心地や住宅街が海に面していることから、セーリングが盛んに行われてきました。ヨットやボートの登録数も多く、人口に対する小型船舶の保有率は世界最大と言われています。

オークランダーにとって、ヨットは特別贅沢なものではなく、もっと身近なもの、遊ぶ手段のひとつといった感覚のようです。日が長くなる夏などは仕事が終わった後、夕方から海に出かける人も珍しくありませんし、休日は多くのヨットやボートが海に繰り出して釣りやセーリングを楽しみます。

また、高校生のセーリング・クラブもあり、学生を対象にしたセーリングの競技会なども行われています。

それほどセーリングが盛んな国ですから、ヨット競技の世界でも、ニュージーランドは強豪国として君臨しています。ニュージーランドにおいて、セーリングはラグビーと並ぶ二大スポーツといっても過言ではありません。

海の上の爽快体験を楽しもう

出港準備が行われます。

せっかく「帆の街」に滞在するなら、セーリングのツアーに参加してみませんか?日中なら船中でランチを楽しむランチセーリングや、午後のコーヒークルーズなども運航されています。

セーリング初心者や旅行者を対象にしたツアーですので、フレンドリーなスタッフがわかりやすい英語で、注意事項や楽しみ方を教えてくれます。わからないことは積極的に質問してみましょう。

大型のクルーズシップによるクルーズではありませんので、セーリングツアーに参加する場合は、カジュアルで動きやすい格好を心がけましょう。

デッキは滑りやすいので、ハイヒールなど不安定な靴は避けたいもの。また夏場でも潮風に当たると身体が冷えますので、上着があると安心です。

ディナーセーリングは大人気

夕闇のなか、浮かぶヨットの美しいこと

ハーバーブリッジとオークランドの夜景を楽しみます。

ディナーはこんな場所で楽しみます。

旅行者の人気を集めているのがディナーセーリングです。

昼間はオークランド近郊の観光や街の中でのショッピングを楽しみ、夜はヨットで海に出て、セーリング体験やロマンチックな風景を楽しむ。これなら旅行中の貴重な時間も効率よく使えます。

ディナーセーリングはオークランドの中心地にあるヴァイアダクトハーバーから夕方、出港します。

まずは南半球一の規模を誇るウエストヘブンマリーナに移動し、そこで停泊して、ディナーをいただきましょう。

美しい夕焼けを眺めながら、ニュージーランドならではのグルメをお楽しみください。グリーンマッスル(ムール貝)のワイン蒸しやサーモンのロースト、あるいはシーフードチャウダーに白身魚のパンフライなど、シーフード中心のメニューです。ワインや地ビールもありますし、デザートにはたっぷりのフルーツも添えられていて、大満足の内容です。

食事が終わると、いよいよセーリング体験です。

最初はスキッパーが操作しますが、希望者は舵を握ることもできますので、ぜひ挑戦してみてください。ヨットは風を受けて滑るように進むのでほとんど揺れることもなく、船酔いの心配も不要です。

日が暮れるとハーバーブリッジやオークランドの街がキラキラと輝きはじめ、昼とは異なる風景が楽しめます。

食後は風と帆の力だけでワイテマタ湾内をゆっくりとクルーズしますので、聞こえてくるのは、潮風がパタパタと帆を鳴らす音や自分たちの話し声だけ。光り輝く街を眺めながら、素敵な時間をお過ごしください。

ムール貝のワイン蒸し

メインディッシュのサーモンも美味!

デザートもたっぷり!

この記事を書いたレポーター

高木 信勝

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB