地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ニュージーランド隋一の温泉地ロトルアで泥温泉を体験

JTBニュージーランド
大森 晶

ニュージランド北島は温泉の宝庫!

ロトルアは緑豊かな温泉の街

南半球は色づく秋から、これから冬へと季節が移り変わります。温泉の季節がもうすぐそこまで来ているのです。火山国ニュージーランドは、日本と同じように天然の温泉が沸く、知る人ぞ知る温泉大国。いまだに未開発の温泉も多いものの、すでに確認された温泉は150以上。その多くは、北島に分布しています。

ニュージーランド屈指の温泉地域といえば、北島中央部にあるロトルアです。中央部一帯は、タウポ火山帯によって火山台地が形成されています。3つの活火山(ルアペフ火山<標高2797m>、ナルホエ火山<2291m>、トンガリロ火山<1968m>)があり、活発な地熱活動によって豊かな天然温泉の恵みを受けてきました。

 

ロトルアは、マオリ文化の中心の町としても知られています。中央ポリネシアあたりから14世紀頃、カヌーにのってやって来て移住したといわれる先住民マオリのアロワ族は、早くから温泉の効用を理解し、利用していたといいます。そして、ヨーロッパ系移民の入植後は、彼らの間でロトルアは温泉保養地として有名になりました。

北島の温泉はロトルアだけではありません。タウポ湖の近くにあるトゥランギから北部地域に温泉は点在しています。今回は、ロトルア周辺の温泉を紹介します。心身ともに日頃の疲れを癒してくれます。

ロトルアは緑豊かな温泉の街。

オークランドの南東、ロトルア湖の南岸に位置するロトルア。

ロトルアの温泉、ヘルズゲート

珍しい泥風呂と硫黄温泉が旅の疲れをほぐしてくれます。

ニュージーランド随一の温泉地、ロトルアは、オークランドから南東へ約230km、ロトルア湖南岸に位置します。ロトルアの北東約15kmに位置するヘルズゲートは、直訳すると「地獄の門」。約20haもの広大な自然公園です。園内には、噴出孔から蒸気が噴き出し、硫黄のニオイが辺りに漂います。ふつふつと泡立つ泥の池の様子は、まさに地獄のよう。スパ施設が完備され、日本とは雰囲気の異なるニュージーランド風の温泉体験ができます。泥は、肌の保湿力を高め、細胞の活性化を促します。また、泥を肌にタップリと塗って、乾かすことでデトックス効果があるとされ、高いクレイ成分が毛穴をキレイにしてくれます。また、硫黄は殺菌作用がありますので、お肌のトラブルの予防にもなりそうです。

温泉複合施設ポリネシアンスパで遊ぶ

ロトルア湖畔にあるポリネシアンスパは、ロトルア湖を一望にする絶好のロケーションにあり、アトラクションのような遊べる温泉ともいえます。4つの エリア(レイクスパ、大人専用プール&プリストスパ、ファミリースパ、貸切用プール)には、計26もの温泉プールが完備されています。もちろん、スパト リートメントも充実しています。

気になる泉質ですが、プリストスパは浅い地層から湧き出す酸性ラジウム温泉 で、疲れた筋肉や筋肉の痛みを和らげてくれます。日中は新鮮なミネラルウォーターをプールに流し込み、水温は39~42度に設定されています。それ以外の 温泉プールは隣接する源泉レイチェル・スプリングから熱い弱アルカリ天然水を注ぎこむことで、透明で柔らかい感じのお湯になっています。さらに町で供給し ている温度の低い水道水でうめることで、浸かることのできる温度に調整しています。ケイ酸ナトリウムによる鎮静作用や防腐作用が肌を良好な状態に保ってく れます。地元では昔から、レイチェルスプリングで泳いだら、永遠の美を手に入れられると信じられているのだそうです。

ポリネシアンスパ。絶好のロケーションと26もの温泉プールで筋肉の疲れをほぐしてくれます。

ここは湯治というよりはアクティビティ。家族といっしょに、友人といっしょに、楽しくリラックスした一時が過ごせます。

テ・プイアの30mほども噴き上げる間欠泉は一見の価値有りです。

公共温泉でのルール!水着着用です

ニュージーランドで公共の温泉に入る際のルールは、日本とはちょっと異なります。原則として水着を着用します。もちろん、プライベートな完全個室で は、水着は着なくても問題ありません。シャワー設備は基本的に整っていますが、洗い場はありません。どちらかと言うと、温水プールのような感覚。でも、お 湯はお肌を蘇らせ、癒やし効果の高い温泉です。水着やバスタオルは、現地でレンタルすることもできますが、自分にあった水着は持って行っておいたほうがい いかも。

パワースポットも。テ・プイアの間欠泉

温泉ではありませんが、パワースポットをひとつ。ロトルア郊外の ファカレワレワ地熱地帯にある「テ・プイア」です。マオリの言葉で、テ・プイアは「名誉」「先祖」といった意味があります。ここテ・プイア温泉自然公園 は、地熱活動によって地球のエネルギーが集まる場所。マオリの神々が集まるところでもあります。見所は、1日10回以上も噴き上げる間欠泉。ふつふつとす る泥の渦巻状の穴は500個以上もあるそうです。ポフツ間欠泉の側にある橋の真ん中から、流れる川を見つめると、川の水が悪運をいっしょに流してくれると いわれています。また、園内にはマオリ美術工芸学校があり、マオリ伝統の彫刻なども展示されています。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    NZD320~ ※目安=約27,881円~
    北島の最大の見所であるワイトモとロトルアの2つを訪れる欲張りなツアー。ワイトモでは鍾乳洞で土ボタルを見学。温泉自然公園テ・プイアでは間欠泉やマオリ伝統工芸を訪れます。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    NZD75~ ※目安=約6,534円~
    700年も前から癒しの効果が認められていたというヘルズゲート。泥のお風呂と硫黄温泉で癒やしの一時を。マオリ伝統のミリミリマッサージも(別料金)。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    NZD27~ ※目安=約2,352円~
    26もの温泉プールがある大型温泉複合施設、ポリネシアンスパ。サルファー湾とロトルア湖を一望にする絶好のロケーションにあります。癒しの湯プリストスパは酸性の天然温泉。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

大森 晶

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB