地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

リーズナブルに楽しむアフタヌーンティー


JTBクアラルンプール支店
©アフタヌーンティーイメージ

アフタヌーンティー(Afternoon tea)とは?

イギリス発祥の喫茶習慣で、19世紀半ばに貴族の間で社交を目的として始まったとされています。礼儀作法や家具調度品・使用されている食器などについてなど会話の内容は多岐に渡り、知識・教養が要求される場だったようです。また貴族の人々にとって夕方~夜は観劇等の社交時間となっており、夕食は21時を過ぎてしまいます。午後の空腹を補う為にも軽食が必要だったようです。通常はお皿が3段置ける専用のスタンドを用い、ケーキ・サンドイッチ・スコーンなどが載せられております。

サンドイッチの定番はきゅうりを挟んだ物だったそうです。何故きゅうりなのかというと、貴族は広大な土地を所有しており農園を経営していました。収穫したばかりの新鮮なきゅうりを食すことは、広い農園を維持するだけの財力を持っていることを証明するための象徴だったそうです。

また、アフタヌーンティーに欠かせないのがスコーンです。クロテッドクリームとジャムを添えていただきます。クロテッドクリームは生クリームとバターの中間の脂肪分で、甘くないクリームです。ついつい食べ過ぎてしまいますが、脂肪分が高めなのでご注意を!

現在、アフタヌーンティーと言うと午後3時から5時頃にかけて紅茶と共にお菓子・軽食を楽しむ事となっています。マレーシアではアフタヌーンティーのことを”ハイティー(high tea)”と言ったりします。

マレーシアのハイティーはケーキやサンドイッチの他にパイやカレーパフなどもあって、ボリュームたっぷりです。

物価が安いマレーシアではアフタヌーンティーも日本よりお手頃価格でお召し上がりいただくことが可能です。是非、この機会に優雅な貴族になったつもりで午後のひとときを体験してみてはいかがでしょうか。

※下記ツアーでご案内するハイティー会場は、予約状況により変更となる場合がありますので、予めご了承くださいませ。

 

©ザ・マジェスティックホテル外観

白亜の外観、一見です

©COLONIAL CAFE

中はとっても素敵な雰囲気に♪

©THE ORCHID CONSERVATORY

特別室イメージ

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBクアラルンプール支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB