地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

マレーシアでホタルが見られる場所

JTBマレーシア
志田

まるでクリスマスツリーのようなホタルの光

ホタルの光を見たことがありますか?日本では見られる場所も時期も限られ、その数も今では少なくなっています。マレーシアでは1年を通じてホタル観賞が可能です。ホタルが好むマングローブの木に無数のホタルが集まり、その瞬きは「クリスマスツリー」と称されるほど。マングローブの木が茂る川をクルーズしながらのホタル観賞はマレーシアならではのアクティビティです。大人も子供も楽しめて、忘れられない旅の思い出になること間違いなし!今回は代表的な2か所の鑑賞スポットをご紹介します。

(1)クアラルンプール近郊 クアラ・セランゴールという河口の町

海鮮レストラン

クアラルンプールから陸路で北西へ約1時間半のところにクアラ・セランゴールという河口の町があります。マラッカ海峡に流れ出すセランゴール川はマレーシアでも有数のホタル観賞スポット。乗船場所はフライヤー・パーク・リゾートの中にあり、騒音のない環境に優しいボートを使用しています。セランゴール川周辺のバシール・ペナンバン地区は中華系の海鮮レストランが集まっているので、日が暮れるまでの間、サンセットディナーを楽しむこともできます。

(2)コタキナバルから陸路で約2時間 ガラマ川、クリアス川、ウエストン川

自然豊かなウェストン川

コタキナバルから陸路で2時間ほどで、ホタル観賞スポットに到着。ガラマ川やクリアス川、ウエストン川などがあります。これらの地域はボルネオにしか生息しないテングサルの生息地でもあり、日中はテングサルウオッチング、日が沈んでからはホタル観賞と“2度おいしい”スポットでもあるのです。いずれもボートに乗って近づきます。

マレーシアのホタルは日本のホタルより速く瞬きます。そのため一層ホタルの光がきらめいて見えるようです。ここではホタルは1年中見ることができますが、満月が近づいて月が明るくなってくると、ホタルの光が見えにくいことも。また、雨や風の強い日はホタルの数が少なくなるそうです。

カメラでの撮影は可能ですがフラッシュは禁止されています。大声で話すのも控え、ホタルを驚かせないようにしましょう。静寂の中でホタルの光だけがキラキラ・・・きっと忘れられない思い出になることでしょう。

川は虫がたくさんいるので虫よけスプレーが重宝します。できれば長袖、長ズボンを着用すると、一層安心ですね。

レストランでの夕食の付いた蛍の観賞プランや、素朴な水上村への訪問や野生動物と出会えるリバークルーズも一緒になった蛍の観賞プランもございます。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    MYR360~ ※目安=約9,266円~
    100年の歴史をもつウェストン村には野生のテングザルが多く生息します。水上村でローカルハイティーを楽しんだ後、野生動物と感動の出会いができるリバークルーズ、日没後はクリスマスツリーのようなホタル鑑賞をお楽しみください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

志田

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB