地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ミャンマーのヤンゴン観光でおすすめのレストラン3選

JTBミャンマー支店

食べやすく味付けされたミャンマービーフカレー

ミャンマー観光の中心となるヤンゴンでは、海外からの旅行者が増えるにつれ、さまざまなタイプのレストランもオープンしてきました。日本人のお客様が楽しめるものも次々とオープンしています。今回はそんなレストランの中でも、JTB現地スタッフが特におすすめする3軒をご紹介しましょう。いずれも日本人に抵抗の少ない味ながら個性的でサービスが充実しているところです。

著名人にも愛される名レストラン

1軒目は「パドンマーレストラン」。 油っこいと言われるミャンマー料理ですが、パドンマーは油を極力控え、化学調味料を使わない自然な味で話題のレストラン。数々の受賞歴を誇ります。
レンズ豆スープ(Lintel Soup)はたっぷりの豆が入っていて、ちょっぴりカレー風味がするホッコリした味わいで、飲みながら食欲がわいてきます。
人気のミャンマーカレーもとても食べやすく、ご飯のお代わりをしてしまう人も少なくありません。海老、ビーフ、チキン、ポーク、フィッシュなどから選べ、何種類かを注文して皆でシェアすると、いろんな味を楽しんでいただけます。
また、アスパラと小エビの炒めもの、焼きナスのグリル、ひょうたんの天ぷらもおすすめです。

店内はきらびやかな内装で、よく見てみるとエアコンにまで、壁紙同様の模様が描かれています。またエントランスにはVIPの方々の写真がたくさん飾られており、著名人に愛されてきたレストランの歴史を物語っています。もしかしたら知っている方が写っているかも…??
乾季には屋外でのお食事も人気です。

Padonmar Restraurant

  • No.105/107, Kha-Yae-Bin Road, Dagon Township,between Pyi Daung Su Yeik Tha (Halpin) Road and Manawhari Road/ Ahlone Road, Yangon, Myanmar.(near The Governor’s Residence)
  • Tel:(+95 1)538 895
  • AM11:00~PM11:00

ご飯に合うミャンマーのおかずたち

日本ではなじみの少ないひょうたん天ぷら

アジアな雰囲気で気さくなローカルレストラン

2軒目は「アウンミンガラーシャンヌードル」。ローカルの大人気レストランです。
ロー カル店といえども、現地の人々を始め外国人観光客、現地の駐在員からの人気も絶大で、お昼や夜はいつも混み合っています。 おすすめはシャンスティッキーヌードル。もっちもちの米麺に、豚肉、トマト、揚げにんにく、ピーナッツなどの具材と絡めていただきます。入っている食材は 日本でも手に入るものなのに、あまり食べたことのない味わい。何とも説明が難しいのですが…1度食べると本当に何度も食べたくなる味と食感です。
麺料理はたくさんあって、どの麺も日本人好みの味付けになっています。

そして麺料理以上に人気があるのが羽付き餃子!周りを見渡すとほとんどのテーブルで注文されています。小ぶりの餃子を生姜の千切りが入ったタレを付けて食べると、箸が進んで、気づいたらビールが何本も空いていた…なんてことも。

お 店はビルの1階にあり、屋根はありますが壁などははなく開放的で、目の前の歩道ではフルーツの屋台が出ていたりと、アジアの雰囲気を存分に味わっていただ くことができます。そして何より料金が安いっ!!シャンスティッキーヌードルは約150円、羽付き餃子は約350円という、お財布にもとっても優しいお店 なのです。ミャンマーでのお食事に迷われた際にはぜひご参考にしてみて下さい。

Aung Mingalar Shan Noodle Shop

  • No.34 Boyarnyunt Street & Corner of Nawaday Street, Yawingyi Quarter, Dagon Township, Yangon
  • Tel:(+95 1)385 185
  • AM7:00~PM9:00、無休

 

もっちもちのシャンスティッキーヌードル

大人気の羽付き餃子

豪華絢爛なレストランシップ

最後にご紹介するのは、ダウンタウンから約2km北にあるカンドージ湖に浮かぶ金色の船、豪華絢爛なビュッフェレストラン「カラウェイパレス」です。
ミャ ンマーのあやつり人形劇やダンスなど伝統舞踊を鑑賞しながらお食事を楽しめる、ヤンゴンでは数少ないエンターテイメントレストランです。レストランの敷地 から入口までのアプローチでは、ミャンマーの民族衣装を着たスタッフたちが、その場で作ったミャンマー菓子を配るサービスもあり、中に入る前からワクワ ク!!

そしてパーティ会場のようにセッティングされたレストラン内は、優雅な気分を一層盛り立ててくれます。お食事は多国籍料理のビュッフェでミャンマー料理はもちろんのこと、さまざまな種類が用意されています。
18:30 からはステージでミャンマーのあやつり人形劇やダンスなど伝統舞踊が始まり、より一層賑やかで楽しい雰囲気に。お客様も手拍子をしながら、ショーを盛り上 げます。ただ、かなり音量も大きいので、大きな音が苦手な方は、後ろの席の方が落ち着くかもしれません。ミャンマーのいろいろな民族の衣装を着たスタッフ との写真撮影も可能で、時には首長族の方がいることもあるそうです。残念ながら私達が訪れた時は不在でしたが…。

Karaweik Palace

  • kandawghi,Compound,Mingalar Taung Nyunt Township, Yangon
  • Tel:+(+95 1)290 546

 

JTB-PSTでは、カラウェイパレスでのディナーと送迎をセットにしたオプショナルツアーをご用意しております。ぜひヤンゴンでの楽しい夜のひとときをお過ごし下さい。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB