地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ヤンゴンの見どころ、シュエダゴンパゴダの魅力

JTBミャンマー
横川 義康

敬虔な仏教国ミャンマーの旧首都ヤンゴンの観光名所といえば、やはりシュエダゴンパゴダでしょう。シュエダゴンパゴダはお釈迦様の髪の毛が奉納されたと伝えられる由緒ある寺院。小高い丘の上に建つ黄金のパゴダは、街のランドマーク的存在です。昼間も参拝客でにぎわいますが、実は日没以降、ライトアップされたパゴダの景色も、とても幻想的でおすすめです。

シュエダゴンパゴダとは何か

パゴダとは英語で「仏塔」を意味し、内部には、お釈迦様の遺骨など身体の一部(仏舎利)、あるいは法舎利(経文)が奉納されています。ミャンマーでは各地にたくさんあり、参拝客は、パゴダの周りで熱心に祈りを捧げています。

今回ご紹介するのはミャンマーのパゴタの中でも、大変有名な観光スポットになっているシュエダゴンパゴダ。シュエダゴンパゴダはミャンマー最大規模の都市、ヤンゴン中心街の北にあります。アクセスは、市街中心部からタクシーで10分前後。現地の方は無料ですが、外国人参拝者は入場料が必要です。

言い伝えによると、その歴史は2500年以上前、お釈迦様から8本の髪をいただいた商人が、この地にこれを奉納したことが始まりと言われています。そして度重なる修復や、人々の寄進により、現在の大規模な寺院へと拡大していきました。今では、歩いて一周するのに、だいたい一時間ほどかかるぐらいの広さがあります。

シュエダゴンパゴダには東西南北の門があり、門をくぐって階段を上がったところに境内があります。なんとエスカレーターが付いている場所もあります。地面には大理石のタイルが敷き詰められていて、大小さまざまな仏塔や仏像が安置されています。全部、じっくり見てまわると、おそらく丸一日、使うことになりそうです。

最も高い真ん中の仏塔は、高さ約100m。「シュエ」とは黄金のことで、その名の通り、全体が金箔で覆われた仏塔の姿は、豪華絢爛、まばゆいばかりです。さらに仏塔の頂上には、人々が寄付をした宝石、金などの時計やピアス、指輪などがたくさん飾られています。遠くからだと分かり難いかもしれませんが、高いところの細部までよく見えるよう、望遠鏡が設置されているので、ぜひのぞいてみてください。この望遠鏡は、なんと日本人の方による寄付だそうです。

シュエダゴンパゴダとミャンマーの人々

街の中心地にそびえる黄金の仏塔シュエダゴンパゴダ。一見すると、近づきがたいような、神秘的な雰囲気を醸し出していますが、中に入ってみると、地元の人々が木陰で休んだり、お弁当を食べていたり…まるでヤンゴンの街の憩いの場、といった風情です。またシュエダゴンパゴダ内には、ミャンマーでは珍しいWi-Fiが備え付けられていて、ネット接続の速度も速いことで有名です。観光客にとってはありがたい環境です。ちなみに恋人たちにとって、シュエダゴンパゴダに一緒に入るということは、お付き合いの真剣さを表すのだとか。異性の友人とお出かけになる場合には、ご留意くださいね。

シュエダゴンパゴダ観光時の注意点

ミャンマーの人々にとって、パゴダは「お釈迦さまが住む家」であり、パゴダを建てることは「人生最大の功徳」と考えられています。このように神聖な場所であるシュエダゴンパゴダですので、中に入るときは、土足は厳禁です。靴はもちろん、靴下やストッキングをはいたままで入ることも許されません。また肩や足の露出度が高い服装も禁止されています。ミャンマーの女性は、長いロンジーをはいている方が多いので、ひざが出るショートパンツやスカートも好ましくありません。現地の人々が大切にしている場所へのリスペクトをどうぞお忘れなく。

ミャンマーの寺院でユニークなのが、生年月日だけではなく、生まれた曜日によって、自分の神様が決まる「八曜日の神様」です。なぜ8つなのかというと、水曜日だけは、午前と午後で神様が違うのです。ミャンマーに旅行なさる時は、出発前に、ご自身の生まれた曜日を確認しておくと、参拝の際に役に立ちます。水曜日生まれの方は、時間も確認してみて下さいね。

シュエダゴンパゴダの見どころ ライトアップされた姿に感動

シュエダゴンパゴダはなんと朝4時から夜9時まで入場することができます。なかでもおすすめの時間帯は、やはりライトアップされた夜でしょう。真っ暗な空に、輝く黄金のパゴダが浮かび上がり、昼間とは違う輝きを放っています。また夜7時ころには、仏塔の周りに蝋燭が置かれ、火が灯され、辺りはいっそう幻想的な雰囲気に包まれます。暑い日が多いヤンゴンですが、夜は気温も涼しくなるので、陽射しを気にしないで、ゆっくりとシュエダゴンパゴダの魅力を堪能していただくのにおすすめです。

JTBミャンマー支店が提供するヤンゴン1日観光ではお昼間のご案内となりますが、夕方発の一番綺麗な時間に訪れていただく、新しいツアー「とっておきのシュエダゴンパゴダ観光」もご用意いたしております。            

  • オプショナルツアー(現地発着)
    USD90~ ※目安=約10,443円~
    サークルトレインに乗車してヤンゴンの街並みを満喫していただき、その後シュエダゴンパゴダや国立博物館などを観光。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    USD55~ ※目安=約6,382円~
    パゴダが美しく輝く、日が沈んでいく時間帯にご案内。 男女問わず、小さなパゴダへの金箔貼り体験付きです!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

横川 義康

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB