地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

インド旅行で欠かせない絶品グルメ!おすすめインド料理をご案内

JTBインディア
太田 幸宏

日本でもおなじみのナン

インド料理と聞くとカレー以外になかなか思いつかなかったりしませんか?けれど実際にインドを訪れると、この国の料理は本当にバラエティ豊かで奥が深いことに気づかされます。地域による違いや食材の違いだけではありません、ベジタリアン向け料理や手軽なスナックなどもいろいろあり、毎日食べても飽きないほど。多彩なインド料理のメニューを知って、美味しいものにもっと出合ってみましょう。JTB現地スタッフがご案内します。

カレーだけじゃない!多彩なインド料理

インド料理といえば何を思い浮かべるでしょうか。やはりカレーでしょうか?飲み物だとラッシーでしょうか?今回はインド料理の基本をご紹介しましょう。

まず、インド料理は主にナンやチャパティなどを主食とする北インド料理、お米を主食とする南インド料理、東インドおよびバングラディッシュのベンガル料理などに分けられます。もちろん広大な土地に12億人以上が住む国なので、細かく知ろうと思えばきりがないです。

このような地域による味の違いのほかに、「ベジタリアン(菜食主義者)」か「ノンベジタリアン」か、も非常に重要です。それぞれ「ベジ」、「ノンベジ」と省略してよく使われています。

インドで売られている食材のパッケージを見ますと、「四角い枠の中に●」が書かれたマークをよく目にします。これはこの食品がベジ向けか、ノンベジ向けかを表したもので、ベジ向けは緑色で、ノンベジ向けは赤色で表記されています。

現在は、インドでも大量の食料品がスーパーマーケットなどで売られていますし、輸入品も多くなっています。これらのマークは特にベジタリアンの人々にとって、買い物の際にベジの食品を見分けるのに大変重要な役割を果たしています。なんとインドでは、マクドナルドでも、このベジ向け、ノンベジ向けのマークがちゃんと表記されているんですよ。食品だけでなく化粧品にも使われていますのでインドでショッピングをされる際には、マークを探してみてくださいね。

インドではもともとヒンズー教のカーストで上位の人たちの間で菜食主義者が多く、今でもその傾向は続いているといわれています。
「ベジタリアン」と聞くと、「おなかいっぱいになるの?」「料理が限られそう」「野菜ばっかり?」などのイメージがつい頭に浮かびますが、インド料理の「ベジ」メニューはバラエティ豊富でさまざま。豆のカレー、じゃがいものカレー、オクラのカレー…一口に「カレー」と言ってもそれぞれ味も風味も辛さなども違います。また、ベジタリアンも乳製品を食べる人が多いのでチーズやミルク、クリームを上手にとりいれて、コクやボリュームも十分あるものが多いのです。ベジタリアンでない人も、インドでぜひ「ベジ」メニューを食べてみてくださいね。

インド料理の特徴としては、もう一つ、宗教的な慣習もあります。インドで信者が最も多いヒンズー教では牛が神聖な存在ですし、次いで信者が多いイスラム教は、豚を汚れたものとして食べるのを禁じています。ですからインドでは主に、チキンやマトンが好まれています。ヤギや川魚などを食べることもあります。

インド料理のレストランで出される主なメニューを紹介しましょう。

MENU

  • ナン Naan・・・小麦粉を発酵させ焼いたおなじみのパン。バターが塗られています。チャパティより高級とされています。
  • チャパティ Chapati・・・全粒小麦粉で焼いたパン。インドの一般家庭でよく食べられています。
  • ダール Dhal・・・豆を使ったスープ。ライスと合わせて食べることも多いです。
  • タンドーリチキン Tandoori Chicken・・・骨付きチキンをヨーグルトと各種スパイスに漬けて、タンドーリと呼ばれる土窯で焼いたもの。スパイスと香ばしさが魅了です。

豆のスープ「ダール」。辛くなくてやさしい味です。

スパイシーでおいしいタンドーリチキン

インド風チャーハン「ビリヤニ」

チーズを焼いたパニール・ティッカ。スナックやおつまみに人気。

  • バター・チキン Butter Chicken・・・トマトやバターが使われているまろやかなタンドーリチキンのカレー。
  • パニール・ティッカ Panner Tikka・・・パニール(チーズ)を四角く切って焼いたもの。
  • ビリヤ二 Biryani・・・インドのチャーハンともいえる料理で、スパイスが効いたご飯。ベジビリヤ二、チキンビリヤ二、マトンビリヤ二などがあります。
  • マサラ・ドーサ Masala Dosa・・・ドーサとは、酸味の効いたクレープのようなもの。ドーサにジャガイモのスパイス炒めを包んで食べる南インドの料理。
  • パパッド Papad・・・豆から作ったスパイス入りのうす焼きせんべい。辛くてパリッとしておつまみにもおすすめです。
  • サモサ Samosa・・・小麦粉で作った薄い皮にじゃがいもやひき肉などを詰めて揚げたもの。インドの国民的スナックです。

代表的な飲み物も紹介しましょう。

  • ラッシー Lassi・・・ヨーグルトに砂糖か塩を入れた飲み物。暑いときに飲むと、特においしいですよ。
  • チャイChai・・・ミルク、砂糖、が入った紅茶。南インドのチャイティーは特に甘いことが多いようです。ショウガが入っているものも。
  • キングフィッシャー KINGFISHER・・・一番有名なビールのブランド。ラガータイプ。ライト(5%)とストロング(8%)があります。

デリーには地元の人向けのレストランから観光客向けの高級レストランまで数多くのお店がありますが、特にデリー最大の繁華街コンノート・プレイス(Connaught Place)周辺には、観光客や外国人向けのレストランが集まっているので便利です。またJTBでもお手ごろな価格のレストランから少し贅沢なレストランまで、ご予算に合わせたプランをご用意しております。ぜひデリーで多彩なインド料理を楽しんでください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

太田 幸宏

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB