地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

2016年ヒンドゥー暦の正月(ニュピ)とバリ島の営業について

JTBバリ支店
宮腰めぐみ

2016年のバリの正月(ニュピ)は3月9日(水)

ニュピの日はオプショナルツアーもお休みとなりますが、真っ暗な夜空に瞬く無数の星は一見の価値ありです。

バリのヒンドゥー教徒にとっての正月「ニュピ」は、「サカ暦」により、今年は3月9日(水)です。
ニュピはヒンドゥー教徒が精神修養に専念する最も重要な日で、「外出」「労働」「灯火使用」「殺生」が禁じられています。したがって、街の商店やレストランは閉店し、空港もトランジットや緊急時以外の離発着はできません。

この行動規制はヒンドゥー教徒以外の住民や外国人観光客にも及ぶので、ニュピに滞在を予定している人は注意が必要です。ニュピは午前6時から翌日の午後6時まで続きます。

ニュピの前日の午後あたりから店が閉店しはじめます

大みそかに当たるニュピの前日は、「オゴオゴ」と呼ばれる盛大な祭りが各地で行われます。
オゴオゴは悪魔祓いの儀式であり、村ごとに悪魔に見立てた大きな人形やお供え物を担いで村を練り歩きます。この祭りは観光客にも人気で、これを見るためにバリを訪れる人もいるくらいですが、オゴオゴ当日の午後あたりから店が閉店し始め、帰省の移動などが始まるため、ニュピ前日は移動しない方が無難です。オゴオゴは各地で開催されているので、ホテル近くのオゴオゴを楽しみ、後はホテルでゆっくりするのがお勧めです。
ニュピ当日はホテルの敷地から出ることは禁じられています。ビーチにも出られません。ホテルでは多少の営業時間の短縮はあるものの、レストランやスパなどは営業しているので、ホテルにいる限りそれほど不便はなさそうです。
ニュピの醍醐味はなんといってもその静寂さです。ホテルからの灯りが漏れることも制限されるので、ニュピの夜は真っ暗闇。その中で無数の星がいつも以上に強く瞬くのを見ることができます。ほかの日では味わえない静謐さを体感してみましょう。

なお、JTBバリ支店は3月9日(水)は休業いたします。マイバスデスクもクローズとなります。また、前日の3月8日(火)にはオプショナルツアーや送迎など、一部催行できなくなりますのでご注意ください。質問やご不明な点などありましたら、予約専用メール(resarvation_jtbbali.id@jtbap.com)へお気軽にお問い合わせください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

宮腰めぐみ

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB