地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

バリの市場「パサール」で地元体験

JTBバリ支店
宮腰めぐみ

現地の人たちの台所でもある朝市

バリのパサール(市場)には大きく分けると3つの種類があります。一つ目はパサール・パギ(Pasar pagi)、すなわち「朝市」。現地の人たちの台所的な役割を演じている市場です。早朝5時頃から開かれ、9時頃には閉まってしまいます。一番にぎわう時間は7時くらいなので、ちょっと早起きが必要ですが、現地の奥様たちと売り子が勇ましくやり取りし、アジアならではの市場の熱気を感じるには一番適した市場と言えるでしょう。

もう1つがパサール・スニ(Pasar seni)という絵画や工芸品を扱う「アート・マーケット」。もっとも観光客向けの市場でクタやサヌールなど観光地に多いのが特徴です。

3つめがパサール・マラム(Pasar malam)。いわゆる「夜市」で、センゴールやナイトマーケットとも呼ばれています。食べ物の屋台がメインで、名物のナシチャンプルやバクソー、バビグリンなど地元ならではのおいしいものを手軽に楽しめます。そのほか、CDや衣類、お菓子など日用品を扱う店も多数。朝市をやっていた場所が夜になると夜市に変身するということが多いです。今回は観光客にお勧めの代表的なパサールをご紹介しましょう。

ウブド市場(Pasar Ubud):ウブド

観光客が一番訪れやすいのがウブド市場です。ラヤ・ウブド通りとモンキーフォレストの角にあり、ウブド王宮の正面に位置しているので、ウブド観光のスタート地点にもなっています。2010年に公開されたジュリア・ロバーツ主演の映画『食べて、祈って、恋をして(Eat Pray Love)』の撮影場所となったことでも注目を集めています。
ウブド市場は早朝から食料を買い出しに来る現地の奥様たちでにぎわい、日中はお土産市場として大勢の観光客が訪れます。ウブド市場にあるお土産屋の数は大変なもので、ここで見つからないお土産品はないと言われているほどです。

スニ市場(Pasar Seni):クタ

「スニ」という名前ですが、アート・マーケットというより衣類を販売する店が多いことで知られる市場。ハード・ロック・ホテルからクタ・スクエアを超えて10分ほど歩いたところにあります。Tシャツやサマードレスなど、現地で装うのにぴったりの衣料品が手ごろな値段買えるので観光客に大人気。衣料品の店はなんと40店舗以上。バッグやスニーカー、CDなどを扱う店もあります。営業時間は朝9時~夜7時頃まで。

シンドゥ市場(Pasar Sindu):サヌール

バリ・ハイアット(現在全面改装中の為クローズ)から車で10分ほど、サヌールの町中、タンブリンガン通りにある市場です。2010年に大幅に改装され、体育館のような大きく清潔な建物の中に多数の店が軒を連ねています。早朝は現地の人たちでにぎわう朝市、夜はローカルフードの屋台が立ち並ぶナイトマーケットになります。食べ物屋のほか、CD、化粧品、下着店などもあって賑やか。屋台はテイクアウトも可能。現地の人たちだけでなく、観光客も気軽にローカルフードを楽しんでいます。

クンバサリ市場(Pasar Kumbasari):デンパサール

デンパサールのププタン広場から徒歩15分ほど。バリ最大のローカル市場と言われるパサール・バトゥンの隣に建っている6階建ての大きな市場。ほとんどが雑貨問屋で、外国人バイヤーも訪れます。雑貨の宝庫で、掘り出し物も多数あるそう。洋服、菓子、生地、木彫り、バッグやサンダルなどの店が軒を連ねています。

クレネン市場(Pasar Kereneng):デンパサール

デンパサールのププタン広場から東へ1㎞ほどのところにあります。朝は地元の人たちが利用するローカル市場ですが、夕方以降は観光客も大勢訪れるナイトマーケットに変身。ナシゴレンやサテ、バビグリンやミーなどバリ料理の代表的なものが気軽に味わえます。食べ物やのほか、衣料品、バッグ、靴などの店もあり、屋台で舌鼓をうちながらこれらの店をのぞいて歩くのも楽しいですね。

市場の雰囲気にワクワク

市場で避けられないのが値段交渉。コツとしては事前にスーパーなどで商品価格の相場をチェックしておき、向こうが言ってきた値段の10分の1くらいから交渉してみましょう。値段が折り合わなければきっぱりノーと言い、一度交渉が成立したらキャンセルはご法度です。1つの商品の値段を必死で下げようとするより、たくさん買うからこの値段に、という交渉が比較的スムーズに行くようです。

自由に行動したい方にお勧めの日本語ガイドつき専用車チャーター

JTBではデンパサールのパサール散策とバロン・ダンス鑑賞を組み合わせたツアーを販売しています。また、専用車チャータープランを利用して、いろいろな市場を散策して回るというのはいかがでしょうか? いずれも日本語ガイドが同行するので安心です。ご参考まで。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

宮腰めぐみ

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB