地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

バリ島独自の宗教、バリ・ヒンドゥーとは?

JTBバリ支店
宮腰めぐみ

バリ島にあるバリ・ヒンドゥー教総本山、ブサキ寺院

イスラム教徒が大半を占めるインドネシアの中で、バリ島はヒンドゥー教を信仰している特別な島、ということは多くの方がご存じと思いますが、その宗教がどんなものかを観光客が知るのは、なかなか難しいことです。

ですが、宗教とはその土地に暮らす人たちの生活の基盤となるもの、ヒンドゥー教なしにバリ島を語ることはできないのも事実です。

今回は宗教について、というよりも観光客として知っておきたいバリ・ヒンドゥーの基本の「き」をご案内しましょう。バリ島観光がより興味深いものになること、間違いなしですよ!

バリ島独自のヒンドゥー教が発達

バリ島のマジャパイト王国により建国された王国、ゲルゲル王国の遺跡、クルンクン遺跡

インドネシア国民の9割近くはイスラム教徒ですが、そのなかにあってバリ島ではヒンドゥー教徒が9割を占めています。

4~5世紀にジャワ島を経由してインドのヒンドゥー教や仏教がバリ島へ伝えられました。バリ島では昔からの土着の宗教に、ヒンドゥー教や仏教が融合し、ジャワ島のそれとは違うバリ島独自のヒンドゥー教が発達していきました。

その後、「バリ・ヒンドゥー」が確立していくことになるのですが、その大きなきっかけとなったのは、16世紀にインドネシアを支配していたマジャパイト王国のイスラム勢力による衰退でした。これにより、マジャパイト王国のヒンドゥー教徒がイスラム勢力から逃れてバリ島へ移住してきたため、インドネシアの他の地域と異なり、バリ島でヒンドゥー教が浸透していったわけです。

第二次世界大戦後、インドネシア共和国が独立しましたが、イスラム教を国教とはせず、ヒンドゥー教を含めカトリック、プロテスタント、仏教、儒教の信仰も公認しています。

三身一体と二元論

バリ・ヒンドゥーの特徴として、バリ島の各村には必ず3つの寺院があります。

世界創造の神「ブラフマ」、生命を維持する神「ヴィシュヌ」、破壊の神「シヴァ」がそれぞれ祀られおり、これらを合わせて三身一体と言います。

さらにこの3つの神には妻がいて、ブラウマ神の妻、女神サラスワティは学問と智恵・財産と幸運・芸術をつかさどり、ヴィシュヌ神の妻、女神スリはバリ独自の稲の女神、シヴァ神の妻、女神ドゥルガーは神々の怒りの光から誕生した戦いの女神であり、これら6人の神は絶対神サンヒャン・ウディ・ワサ(すべてを内包する万有神)に属すとされています。

また、インドネシアの国章であり、国営航空会社の名前にも由来するガルーダはバリ・ヒンドゥーの神話に登場する巨大な鷲で、ヴィシュヌ神を背中に乗せた天の象徴でもあります。

バリ・ヒンドゥーでは、すべての物事は善と悪、生と死といった形で必ず相反し、それらのバランスが維持され共存することで世界が成り立つとされています。この考え方を「二元論」とも言います。またバリ・ヒンドゥーでは高い場所に神がいるとされており、バリ島最高峰のアグン山は神々の座として崇められています。

観光客も目にする儀礼とお供え物

バリ島にあるバリ・ヒンドゥー教総本山、ブサキ寺院

バリ・ヒンドゥーは教義ではなく慣習を重んじると言われています。

バリ島の住民たちの生活に見るバリ・ヒンドゥーの代表的な慣習として、儀式とお供え物があります。お寺にお参りに行く際には必ず沐浴をすませ正装をし、女性はきれいに化粧をします。色とりどりのクバヤに身を包み、カインやスレンダンを腰に巻いたバリの人々の隊列を、観光客でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

神に祈る際には必ずお供え物「チャナン」が用意されます。そもそもは至るところに神々は宿るという信仰なので、道端にも堂々とチャナンが供えられていますが、くれぐれも踏んでしまったりしないよう気をつけましょう。

バリ島の人たちは儀式を行う際に組織ごとに行動します。宗教に基づいた儀式を行うための組織をバンジャールといい、住む場所ごとに構成されています。

バンジャールは人々の結びつきが強く、結婚式や葬式などの儀式があるとメンバー総出で食事やお供え物を作って手伝います。この組織は生活するのに不可欠なものとなっていて、バンジャールから追い出されるようなことがあれば生きていけないとも言われています。

バリ・ヒンドゥーではそれほど厳しい戒律はなく、インドのヒンドゥー教では豚肉を食べることが禁止されていますが、バリ島の人たちは豚肉も食します。

ニュピはすべての活動が制限される

クルンクン遺跡

バリ・ヒンドゥーにおける数少ない禁止事項としては、ニュピにおける活動があります。

バリ島の人々は「ウク暦」と「サカ暦」の二つの暦に従って生活しています。

ニュピは「サカ暦」の新年にあたり、バリ・ヒンドゥー教徒は瞑想してバリ島から悪霊が去るのを待ちます。島内では火や電灯が一切使われず、いかなる活動も制限されます。レストランや商店等も一切営業が禁止されるほか、航空機の離発着や交通機関も制限され、外国人の観光客もこれら静寂を妨げる行為を禁止されます。

したがって、滞在ホテルから出ることは一切できなくなるので、ニュピの日付には注意が必要です。

逆に、バリ島の宗教と慣習を体感しようと思ったら、ニュピにバリ島に滞在してみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに晴れた夜は満点の星空を見ることができますよ。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    USD60~ ※目安=約6,896円~
    ブサキ寺院見学の後、ゲルゲル王朝の都・クルンクンを訪ねます。昼食は美しいライステラスを一望できるレストランで、インドネシア料理のバイキングをご賞味いただきます。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

宮腰めぐみ

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB