地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シドニーの観光情報

シドニー 現地レポート

シドニー在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

豪シドニーで1番美しい夕日が見られるスポット「シドニー天文台」

オーストラリアで暮らして、まず驚いた日本との違いは、空の広さ、美しさでした。大都会シドニーでも、広大な空を感じることが出来ます。なかでも絶景スポットとしておすすめなのがシドニー天文台。観光地としては穴場なので、静かなのもおすすめの理由です。

2016-09-06

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のシドニーの情報をお知らせします!

特集

オーストラリア旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

オーストラリア シドニー 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 食べる
  • オーストラリアで暮らして、まず驚いた日本との違いは、空の広さ、美しさでした。大都会シドニーでも、広大な空を感じることが出来ます。なかでも絶景スポットとしておすすめなのがシドニー天文台。観光地としては穴場なので、静かなのもおすすめの理由です。

  • 昨今、シドニーで予約が最も難しいレストラン、それが「Quay(キー)」です。オペラハウスの反対側、ハーバーブリッジの袂にある「オーバーシーズ・パッセンジャー・ターミナル(Overseas passenger terminal)」内にあり、床から天井までガラス張りの窓からは、開放的な海の眺め。テーブルには、芸術品のように研ぎ澄まされた料理。シドニーの特等席です。

  • 伝統的なタイ古式マッサージを提供する「シワリー・ヘルシー・ランド(Siwalee Healthy Land)」は、賑やかなシドニー中心街にありながら、一歩、店内に入れば、アジアンな静寂漂う空間の中で、心身を癒してくれる人気店。施術担当は、タイで修行をしたプロフェッショナルばかり。JTBシドニー現地スタッフのお気に入り店でもあります!

  • オーストラリアで暮らして、まず驚いた日本との違いは、空の広さ、美しさでした。大都会シドニーでも、広大な空を感じることが出来ます。なかでも絶景スポットとしておすすめなのがシドニー天文台。観光地としては穴場なので、静かなのもおすすめの理由です。

  • オペラハウス、ヨットや高級住宅街などを、海の上からのんびり眺められるキャプテンクック・クルーズ。同社では、シドニーを訪れる観光客向けに、様々なクルーズを催行していますが、中でも「これは絶対おすすめの自信作!」と船長(キャプテン)自ら太鼓判を押しているのが「キャプテンズ・ディナー・クルーズ」です。

  • 日本が梅雨に入り、じっとりとした夏の気配が漂いだすころ、南半球のオーストラリアは冬を迎えます。冬とはいっても、温暖なオーストラリアですから、晴れた日は気持ち良い!そしてこの時期しか見ることができない季節限定の大人気のアクティビティが、南極海から北上するクジラを見るホエールウォッチングです。

  • 昨今、シドニーで予約が最も難しいレストラン、それが「Quay(キー)」です。オペラハウスの反対側、ハーバーブリッジの袂にある「オーバーシーズ・パッセンジャー・ターミナル(Overseas passenger terminal)」内にあり、床から天井までガラス張りの窓からは、開放的な海の眺め。テーブルには、芸術品のように研ぎ澄まされた料理。シドニーの特等席です。

  • オペラハウス、ヨットや高級住宅街などを、海の上からのんびり眺められるキャプテンクック・クルーズ。同社では、シドニーを訪れる観光客向けに、様々なクルーズを催行していますが、中でも「これは絶対おすすめの自信作!」と船長(キャプテン)自ら太鼓判を押しているのが「キャプテンズ・ディナー・クルーズ」です。

  • 日本の国土の約20倍の面積を持つオーストラリア。この恵まれた環境を活かし、発展してきたのが牧畜業です。広大な草地の中で、のびのびと育つオーストラリアの牛の肉は、うまみたっぷりの赤身が特徴。霜降りのやわらかい和牛とはまた違う美味しさを再発見してください。お好みの肉の部位を選べば、さらに大満足!

  • クリスマス休暇は、オーストラリアでは1年間で最大のホリデーシーズンです。学校は12月中旬に学年末を迎え、長い長い"夏"休みに突入。州によって期間は若干、異なりますが、このスクールホリデーはクリスマス、年末年始を挟んで約10週間も続くので、多くの家庭がこの時期に旅行やイベントの計画を立てます。

  • 都心からのアクセスはもちろん、日本各地から国内線で乗り継ぐにも便利な羽田空港からの便だから、使い勝手はバツグン。予定がたてやすいデイリー運航、しかも夜22:10出発なので、仕事を終えてからオーストラリアへひとっ飛び。到着は翌日朝で、初日から効率的に過ごせます。

  • シドニーの中心街から車でわずか10分ほど。海に面した気持ちの良いウォーターフロントに、バーケンヘッド・ポイント・アウトレットセンター(Birkenhead Point Outlet Centre)があります。買い物大好き!割引セール大好き!という方は必見。水上タクシーやバスでアクセス可。授乳室、6歳以下用プレイエリア、3時間無料の駐車場あり。

  • 伝統的なタイ古式マッサージを提供する「シワリー・ヘルシー・ランド(Siwalee Healthy Land)」は、賑やかなシドニー中心街にありながら、一歩、店内に入れば、アジアンな静寂漂う空間の中で、心身を癒してくれる人気店。施術担当は、タイで修行をしたプロフェッショナルばかり。JTBシドニー現地スタッフのお気に入り店でもあります!

  • イルカウォッチングができる場所は数多くありますが、オーストラリアのシドニー近郊にも、とっておきのイルカウォッチングの海があります。シドニーに数日滞在するなら、ポートスティーブンスまで足を延ばしませんか? シドニーから北へ約230kmのポートスティーブンスには野生のバンドウイルカが多数生息し、年間を通してドルフィンウォッチングが楽しめます。ここではJTB現地スタッフがその魅力と行き方をご紹介します。

  • 日本が梅雨に入り、じっとりとした夏の気配が漂いだすころ、南半球のオーストラリアは冬を迎えます。冬とはいっても、温暖なオーストラリアですから、晴れた日は気持ち良い!そしてこの時期しか見ることができない季節限定の大人気のアクティビティが、南極海から北上するクジラを見るホエールウォッチングです。

  • 世界遺産なら、まずオーストラリアを見てほしい!迫力満点でスケールが違う自然の驚異や、地球の歴史の神秘に出会う旅が、ここオーストラリアなら実現します。グレートバリアリーフの紺碧の海、ウルルの赤い大地、太古の昔から続くユーカリの森。優美な姿のシドニー・オペラハウスも、実は長い苦難の末に誕生しました。

  • オペラハウスやシティを抱えるシドニーの南側が、にぎやかな観光やビジネスの中心地であるのに対し、湾をはさんだ北側は閑静な住宅街。海沿いには、地元っ子たちが散策するウォーキングルートや公園が整備されていて、こちら側から見る景色も最高!シドニー湾を静かなところでのんびり眺めたい方におすすめ。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB