地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シドニー発エアーズロック(ウルル)を1泊2日で満喫するプラン

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂

エアーズロック(先住民の言葉でウルル)は「地球のへそ」と呼ばれる世界最大の一枚岩。オーストラリアを代表する必見ポイントですが、日本から直行便はなく、内陸部の何もない乾燥地帯にあり、とても遠いイメージ。でも実は、シドニーなど主要都市発ツアーなら、1泊2日で観光OK!夕暮れの絶景や星空を眺め、翌日は岩の頂上を目指しましょう。

シドニーから現地発着ツアーで手軽にエアーズロックへ!

エアーズロックは、高さ約348m、周囲約9.4km。この世界最大の一枚岩は、今から約6億年前に現在の形になったと考えられています。その雄姿たるや、岩というよりも山!オーストラリアの内陸部、赤い土と草原が果てしなく続くアウトバックの水平線にエアーズロックが見えてくると、思わず息を呑むほどです。

ここは先住民アボリジニの聖地でもあり、自然環境も過酷です。個人で訪れるには、色々と準備や下調べが必要になりますが、こんな時、ぜひ頼りにしていただきたいのが、現地発着のツアーです。ベストなタイミングと場所を厳選し、朝日や夕陽で鮮やかに表情を変えていくエアーズロックを、間近で体験できるチャンスを提供しています。

エアーズロックのあるノーザン・テリトリー準州まで、日本から直行便で訪れることはできませんが、例えばシドニーを拠点にすれば、わずか1泊2日でエアーズロック観光を楽しむことができます。アウトドア派、アドベンチャー好きな方なら、滞在を2泊3日に伸ばして、エアーズロック周辺に広がる、この地域独特の自然の中で過ごす時間をゆっくりお楽しみいただくのもおすすめです。

限られた滞在日数内で、効率よく観光したいなら、ホテル宿泊、シドニーからの往復航空券、現地での空港送迎や観光がすべてセットになっていて、1泊から利用できるツアーを活用しましょう。シドニー以外の主要都市(メルボルン、ケアンズ、ゴールドコーストなど)からの参加も可能です。では実際、どのような内容なのか、JTBマイバスの1泊2日ツアーの様子を、簡単にご紹介しましょう。

エアーズロック1泊2日ツアーで、どこまで楽しめる?

滞在する宿泊施設は、エアーズロックから20kmほどの距離に位置するエアーズロック・リゾートです。同リゾート内には、一人旅でも心配なく、お手頃価格で利用できる大部屋のドミトリーや、キッチン付きで便利なアパートメント、予算や目的別に選べる3~5つ星のホテル、キャンプ場などがあります。新婚旅行、小さな子供連れの家族旅行、あるいは学生仲間など、旅行の目的に合わせて、ご自分にぴったりのタイプを探しましょう。

1泊2日ツアーの場合、宿泊タイプは、以下の中から選ぶことができます。

  • アウトバック・パイオニア・ドミトリー:男女別になった20人部屋または男女共同の4人部屋
  • アウトバック・パイオニオア・ホテル&ロッジ:3つ星ホテル
  • デザートガーデンホテル:4つ星ホテル
  • セイルズ・イン・ザ・デザート:5つ星のラグジュアリーホテル
  • エミューウォーク・アパートメント:キッチン、ランドリー、ソファベッドなどが付いている

またリゾート内には、各種レストランや持ち帰りできる飲食店、バーなどはもちろん、スーパーマーケット、銀行、郵便局、美容院、土産物店、スパ、先住民アボリジニのアートギャラリー、テニスコートなど、ありとあらゆる施設が整っているので、安心して滞在いただけます。空港から同リゾートまでは、バスでの送迎付き。午後、エアーズロックに到着したら、夕暮れの景観をじっくりご堪能ください。カメラのご用意をお忘れなく。

<初日のスケジュール例>
10:00-10:30 空路でシドニーを出発
12:15-13:40 エアーズロック到着 送迎バスと日本語ガイドがお待ちしております。
14:55~ 世界遺産カタジュタ&ウルルサンセットツアー
15:10 ホテル出発
15:45 カタジュタ砂丘展望台にて下車観光(約20分)
16:15 ウォルパ渓谷散策(40~60分)
17:20 トイレ&写真休憩
18:15 ウルル・サンセット観賞会場へ。日没に伴い、刻々と変わる大平原の空と、それに呼応するエアーズロックの七変化をお楽しみください。
19:00 サンセット観賞会場を出発
19:25 エアーズロックリゾート内のホテル帰着

夕陽の次は、朝日を堪能!そしてウルルの頂上へ

滞在2日目は、早起きして、太陽が昇る時間帯のエアーズロックの景観も、ぜひお楽しみください。季節によって、日の出の時間が異なるため、ツアー出発時間も変わります。例えば日の出が最も早い夏だと、出発時間はちょっと早めの4:55。冬の最も遅い時期では6:25になります。

そして2日目のハイライトは、やはりエアーズロック登頂でしょう。登り始めは少々、キツいですが、ある程度、岩の上へ登ってしまうと、後半は意外に平坦な道のりになります。とはいえ、強風が吹いたりすると、危ない場合もあるので、決められたルートに従って歩いてくださいね。頂上からの眺めは最高です!一方、世界最大の一枚岩に登るのはちょっと自信がない・・・という方には、エアーズロック周辺の散策を楽しむコースが用意されています。

<2日目スケジュール例>
05:55 ホテル出発
06:20 ウルル・サンライズ観賞会場に到着。朝食ボックスをお召し上がりいただきながら、エアーズロックを鑑賞
07:30 いざ、ウルル登山に挑戦!所要時間の目安は約2時間です。登山しない方は、マラウォーク散策(約1時間)、カルチャーセンター見学(約45分)、クニヤウォーク散策(約40分)などをお楽しみください。
11:30 エアーズロックリゾート内各ホテルに帰着
10:45-12:05 エアーズロックを出発し、空港へ移動
12:45-14:05 空路、シドニーへ向けて出発

 

いかがでしたか?たった1泊でも、予想以上に充実したエアーズロック観光が体験できます。さらに滞在を2泊3日に伸ばせば、日帰りキングス・キャニオン・ツアー(英語ガイド)などのオプションを追加することも可能です。牧場で朝食を食べた後、渓谷の上を歩く3時間のリムウォークへ。小さいお子様と一緒なら、岩が転がる谷底を歩きながら、断崖絶壁の景観を下から眺めるコースがおすすめです。そのほかにも、ヘリコプター遊覧、夜のBBQディナー、満天の星空観賞、ラクダに乗ってエアーズロック周辺を散策するなど、楽しみ方は無限大!せっかく南半球までやってきたら、あと少し、足を伸ばして、ぜひ地球のヘソをご自身で体感してください。

★もっと知りたい!★エアーズロック(ウルル)の詳しい旅行ガイドはこちら

現地発着ツアーの詳細は以下へ↓

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB