地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ビビッド・シドニー2016 南半球一の光と音の祭典

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂
©Daniel_Boud-028

冬のシドニーを彩る光と音の祭典、ビビッド・シドニー。たくさんの人が街に繰り出してにぎやかな夜が始まります。

南半球に冬が訪れる5月末、シドニーでは光と音楽の祭典、「VIVID SYDNEY(ビビッド・シドニー)」が今年も開幕します!

今年の開催期間は2016年5月27日~6月18日、点灯は毎夜午後6時からスタートします。

ビビッド・シドニー VIVID SYDNEY
期間: 2016年5月27日~6月18日
時間: 毎日18:00~
会場: シドニー市内各所
料金: 無料
公式サイト: http://www.vividsydney.com/ (英語)

 

最新の3Dプロジェクション・マッピングがシドニーの街をカラフルに飾る!

夜の街を電飾で飾る、なんてカワイイものではありません!このイベントのために、世界各地で活躍するアーティストやクリエーターたちがシドニーに集結。街や港、海の水面までを舞台に、最新技術を駆使した映像や音を使って、壮大な芸術作品を創り上げる、それがビビッド・シドニーです。

今年はサーキュラーキーのオペラハウス、近代美術館はもちろんのこと、セントラル駅近くのセントラル・パークからダーリング・ハーバー、オーストラリア国立海洋博物館、マーティン・プレイス、さらに今年は初めて屋内でも楽しめる会場としてザ・ギャラリーズでもお楽しみいただけます。また屋外ではロイヤル・ボタニック・ガーデンとタロンガ動物園でもライトアップがされ、シドニーに町全体がカラフルに彩られます。

2015年のイベントの様子、シドニーの街が最新のデジタルアートと融合します!

©Daniel_Boud-015

ビビッド・シドニー限定、オペラハウスの艶姿!ほかにも様々な映像で彩られ、「こんなオペラハウス、見たことない~」という姿で楽しませてくれます。

世界の10大フェスティバルにも選出されるイベント!

2009年から始まったビビッド・シドニーですが、海外からの注目も高まっています。

例えば英ガーディアン紙は、そのアイディアや創造性を評価し、ビビッ ド・シドニーを世界の10大フェスティバルに選出しました。

理由の1つは、この祭典が開始当初から、エネルギー問題という側面でも新しい挑戦を続けてい ることにあります。作品の素材にはリサイクル材を使用し、LED電球や太陽熱を活用するなど、最小限のエネルギー消費量を常に意識しているそうです。

また 未来のクリエーター育成などをテーマにしたセミナーや討論会も多数開かれるなど、表から舞台裏まで、真に未来志向を貫いたイベントなのです。

 

今年の注目は、ハーバー地区!船上から楽しむのもあり!

今年のビビッド・シドニーはどんな趣向になるのでしょうか。まず、サーキュラーキー・ロックス地区では、オペラハウス、現代美術館、カスタムハウスなどの建物に照射されるスケールの大きな3Dマッピングが一番の見どころです。

また今回は、シドニー湾を往来する船がライトアップし、色鮮やかに港を彩る「ハーバー・ライツ」も予定されています。ダーリングハーバー地区で開催される「ビビッド・アクアテック」では、海から噴水のように水しぶきが上がり、これをスクリーンに、色鮮やかな光と映像が映し出されます。海はビビッド・シドニーに不可欠な要素。シドニー湾をゆくディナー・クルーズに乗り、水の上から光と音の祭典を楽しむのもおすすめです。

JTBからも予約できるキャプテン・クック・クルーズでは、イベント期間中も、通常と変わらない料金設定ですので、お食事や飲み物を召し上がりながら、優雅にビビッド・シドニー見物なんていかがでしょう?

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB