地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

オーストラリアで世界遺産のサンゴ礁と熱帯雨林を見るならここ

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂

世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフと、恐竜の時代までさかのぼる世界最古の熱帯雨林。この2つが出会う稀有な場所がケープ・トリビュレーションです。クイーンズランド州デインツリー国立公園の北端に位置し、うっそうと茂る太古の森と、沖合にサンゴ礁が広がる美しい海岸線を同時に体験できます。

ケープ・トリビュレーションは、クイーンズランド州の北端にある岬で、広大なデインツリー国立公園の海側にあります。ケアンズからの距離は北へ約130km。ケアンズやポート・ダグラスから、レンタカーを利用して日帰りで訪れることができますし、現地のB&Bやリゾート施設に宿泊して、ゆっくり滞在することもできます。

ケープ・トリビュレーションの歴史と気候

18世紀末、この岬の沖合で、ジェームス・クック船長の「エンデバー号」が座礁したという事件が地名の由来で、「ケープ・トリビュレーション=苦難の岬」という悲劇的な名前がついてしまいましたが、現在は、2つの世界遺産、世界最古のクイーンズランド州の熱帯雨林と、世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフが出会う稀有なスポットとして、またその美しい景観や豊かな生態系で、人気の観光スポットとなっています。

ケープ・トリビュレーションの気候は亜熱帯気候で、暑い雨季と、比較的涼しくなる乾季、2つの季節があります。雨季は12月から翌年4月までで、連日、30度以上の暑さ。我々人間にとっては、うっとうしくも感じる雨ですが、この地域の豊かな緑を維持するために、たっぷりの雨と湿度は欠かせない条件。実際、雨季になると、熱帯雨林はいつにも増して、活き活きと生命力にあふれます。

一方、乾期となる5~11月は、人間にとっても過ごしやすい時期。昼間もさわやかで、夜などは厚手の服が必要になることもあります。ただし、年間を通じて、突然の激しいシャワーはめずらしくありません。雨具は必ず用意しましょう。

豊かな森の木材資源は、伐採の対象となりましたが、1980年代になると、アマゾンよりもはるかに古い歴史を誇るデインツリーの熱帯雨林を保護しようという動きが活発になり、1988年に世界遺産に登録されました。現在も、この希少な太古の森にかける負荷をできるだけ抑えようと、デインツリー熱帯雨林の中に点在する宿泊施設やカフェなどは、自家発電を利用するなど、自然との共存を試行錯誤してます。

また広大なデインツリー国立公園を南北に分けるように横切っているデインツリー川には、橋は1つもありません。ここで暮らす人も、訪れる観光客も、川を渡るときは、北岸と南岸を往復しているケーブルフェリーを利用しています。ちにみに、ここには野生のクロコダイルも棲息していますから、もちろん遊泳禁止です。

太古の森では、ヒクイドリやクロコダイルに遭遇するかも!

デインツリー川の南側と北側では、同じ国立公園内とはいえ、それぞれ違った森の個性が楽しめます。ケープ・トリビュレーションまで続く北側の熱帯雨林は、この一帯の中でも、さらに古くからの自然がそのまま残っているエリアで、一説によると1億5000万年以上前と、ほぼ同じ森が残っているとか。つまり、恐竜が地球上を闊歩していた時代ということになります。うっそうと茂る木々、シダ類やソテツなどが醸し出す雰囲気は、確かに太古の時代を彷彿とさせます。希少な昆虫や動物、爬虫類などの住処でもあり、なかでも飛べない大きな鳥として有名なヒクイドリ(カソワリ)は人気者。森を散策しているときに、運よく遭遇することもあります。

デインツリー川からケープ・トリビュレーションまでの距離は、約20kmほど。このほぼ中間地点にあるカウ・ベイの集落には、ヒクイドリやクロコダイルを始め、熱帯雨林の生態系について詳しく紹介しているデインツリー・ディスカバリーセンター(Daintree Discovery Centre)があるので、ぜひ寄ってみてください。同センターでは、高さ23mのキャノピータワーから熱帯雨林の様子を観察したり、木の真ん中ほどの高さに設置された遊歩道を歩いたり、色々な視点から、熱帯雨林を楽しむことができます。またこのカウ・ベイの海岸線には、ジュゴンもやってくるそうで、ジュゴン(シー・カウ)が地名の由来とも言われています。

カウ・ベイからさらに10kmほど進むと、森が終わり、エメラルド色に輝くケープ・トリビュレーションの海岸線に到着します。ここからグレートバリアリーフのサンゴ礁の真ん中までは、船で45分ほど。ケアンズからは遠いダイビング・スポットなどを目指すダイバーたちの拠点にもなっています。目の前には、世界最大のサンゴ礁の海が輝き、振り返れば太古の熱帯雨林が延々と広がる-。こんなビーチは、ここ、オーストラリアのクイーンズランド州にしかありません。

南側のモスマン渓谷では、のんびり散策と水遊びを楽しんで

さて、デインツリー国立公園の南側には、のんびり水遊びも楽しめる、美しいモスマン渓谷があり、こちらもぜひ、訪れていただきたい、しっとりとした、緑と水の癒しスポットです。クロコダイルはいないので、爬虫類は苦手という方でも、安心して過ごせますよ。モスマン渓谷は、高級リゾート地、ポート・ダグラスから北西へ約20kmと近いため、リゾート滞在と組み合わせて、日帰りで楽しむのもおすすめです。夏場は、ぜひ水着とタオルを持参して、森の散策の途中で、川や滝、岩で出来た天然のプールでひと泳ぎしてみてください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB