地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

オーストラリアの気候と服装、旅行に欠かせない必須アイテムとは?

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂

シドニーのボンダイ・ビーチ。サーファーでにぎわいます。

夏休み到来!オーストラリア旅行の荷づくりは、順調に進んでいますか?今回は、出発直前に役立つオーストラリア情報をご紹介します。現地へ持っていくと便利なグッズ情報や、JTBでも頻繁に質問を受ける現地の気温に関すること、Wi-Fi環境に関することなどについてアドバイスいたします。

日本の夏は、オーストラリアの冬になります

南半球に位置するオーストラリアは、日本と季節が逆です。なので、ざっくり言うなら、こちらの春は9~11月。そして夏は12~2月、秋は3~5月、冬は6~8月となります。ただし、とにかく広大な国土を持つオーストラリアなので、州や都市によって、「冬」といっても、寒さの度合いや雨の降り方など、「同じ国?」というほど異なります。主要観光地の気候は以下の通り。

エーアズロック(ウルル):乾燥した砂漠性気候。降雨量は少ない。夏は40度近くまで気温が上がる日が多いが、朝晩は涼しいのが特徴。

ケアンズ:雨季と乾季を持つ熱帯性気候。年間を通じて温暖で、冬でも日中は26度前後に達する日もめずらしくない。12~2月の雨季は湿度が高く、夜間には激しい雨が降る日も多い。

ゴールドコースト:1年中、快適に過ごせる亜熱帯気候。

シドニー:年間を通して温暖な地中海性気候。晴天日が年間340日以上、冬の寒さは穏やかだが、夏は暑い。

メルボルン:地域によって気候帯が多様だが、全体的には温帯性気候。天気が変わりやすいことで知られ、1日の中で気温が大きく変わることがある。冬はセーターやコートが必要。

パース:晴天日が多く、1年中温暖な地中海性気候。

オーストラリアは全般的に、日本と比べて湿度が低く、夏でもカラッとしていることが特徴です。湿度が低いため、真夏でも朝晩、気温が下がると、肌寒く感じることもあります。逆に、冬場でも、日中は気温が夏のように上がる日もあり、「1日の中に四季がある」と言われるほどです。

では、具体的にどんな持ち物があると便利なのか、JTB現地スタッフが、オーストラリアにいらっしゃる日本のみなさまへ、おすすめをいくつか挙げてみます。

日焼け止め・帽子・サングラスの3大アイテムは必須

オーストラリアの日差しはかなり強いので、季節に関係なく日焼け対策は重要です。強い紫外線による皮膚へのダメージを極力防ぐため、オーストラリアでは帽子着用と日焼け止め塗布を義務付ける学校もあるほど。現地でも日焼け止めは売っていますが、顔用や敏感肌用など使い慣れたものがあれば、日本からお持ちいただくことをお勧めします。さらに陽射しを遮るのに役立つ帽子とサングラスも必須です。

また、特に陽射しと乾燥がきついセントラル・オーストラリアに出掛ける方、エアーズロック(ウルル)登山をお考えの方は、日焼け対策は特に念入りに。薄手の長袖、長ズボンがあれば万全です。小さなお子さん連れで海で遊ぶ方は、ラッシュガードを持ちましょう。

カジュアルな服装でオージー気分満喫!羽織るものも忘れずに

オーストラリアはその温暖な気候とのんびりした雰囲気から、街を行く人々の服装は、とてもカジュアル。もちろん、シドニーやメルボルンなどのオフィス街では、スーツ姿でバッチリ決めたビジネスマンが闊歩していますが、よくよく見ると、朝の通勤時に、なんとビーチサンダルにスーツだったり、Tシャツ&短パン姿の男性が、ハンガーにかけたスーツをリュックに引っかけて歩いていたり。こんな姿を、あちらこちらで見かけます。まさに究極のクールビズです。

またシドニー・オペラハウスでオペラ鑑賞というと、長いローブにダイヤモンドでドレスアップが必要?と思われるかもしれませんが、冬のヨーロッパの劇場とは気候も雰囲気も違います。「オーストラリアでオペラを観るのだからカジュアルにね」というのが“らしさ”のようです。

なお、夏場でも朝晩は冷えることがありますので、特に夕方以降のお出かけには、長袖の羽織りものは必須アイテムです。日本人とオーストラリア人では、体感温度が違うらしく、こちらでは冬の肌寒い日でも、ノースリーブで歩いている人を見かけます。そんな具合なので、夏の室内や車内のエアコンも、日本人には強すぎると感じることが多々あります。

オーストラリアに来たら水着はマストです

夏はもちろん、それ以外の季節でも、ちょっと気温が上がると、現地の人々はすぐにビーチに繰り出します。この寒さで?と思うような日でも、平気で泳いでいる人もいたり、とにかく、オーストラリアの人々はチャンスさえあれば、すぐにビーチに直行。特に、年間を通して温暖なケアンズでは、市内のラグーンプールや近郊のビーチは、いつも賑わっています。室内プールや屋外温水プールがあるホテルも多いので、水着があると楽しめます。

森や山に行くなら、虫除け対策!足元は長ズボン、運動靴で

海に山に、世界遺産を多数、有するオーストラリアは、とにかく自然豊か。となると、当然、虫もいっぱい。日本とは種類が異なる蚊もいるので、刺されると普段以上に腫れる場合もあります。自然の中を歩くツアーに参加する場合は、必ず虫除け対策を講じましょう。また、熱帯雨林や湿地帯を散策する場合は、いつのまにか足にヒルが!なんてこともありますので、夏場でもサンダルではなく、運動靴を。そして虫除け効果もある長ズボンの着用がお勧めです。

Wi-Fiモデムは事前予約が便利

日本とは違い、オーストラリアのホテルや公共エリアでは、無料のWi-Fi環境が整っていないことが多いです。最近では、無料Wi-Fiサービスを付けてくれるホテルもありますが、ホテルを出て観光している最中にも、インターネットが使えると便利ですね。そんな場合にお勧めなのは、FacebookやLINE、メールなどがいつでも使えるポケットWi-Fiモデムレンタルです。1週間単位で借りることができ、期間中は使い放題なので、料金を気にせず、利用できるのがとてもありがたいです。日本出発前に手配をしておけば、より安心でスムーズです。カフェで、ビーチで、どんどん旅行の様子をアップしてください。

以上を最後にまとめると、オーストラリア旅行に欠かせないアイテムはこれ。
・日焼け止めクリーム、帽子、サングラス
・水着、ビーチサンダル
・長袖の羽織りもの
・動きやすいカジュアルな服装(Tシャツ、短パンなど)
・運動靴やスニーカー、長ズボン(山や森に行く場合)
・虫除け
・Wi-Fiモデム事前予約(スマートフォンをお持ちの方におすすめ)

Wi-Fiモデムレンタルの詳細はこちらへ
ケアンズ:http://www.jtb.com.au/tour/cairns/detail.php?id=65
ゴールドコースト:http://www.jtb.com.au/tour/goldcoast/detail.php?id=89
シドニー:http://www.jtb.com.au/tour/sydney/detail.php?id=160

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB