地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

2015年大晦日はシドニー・オペラハウスで観劇&花火

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂

シドニーの大晦日の風物詩、カウントダウン花火

2015年も、いよいよ後半に入るなか、今年の年末年始をシドニーで過ごす方に、ぜひお届けしたい超スペシャル・イベント情報が入ってまいりました!12月31日の夜は、シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)での豪華ディナーと「ラ・ボエーム」観劇はいかがでしょう。シドニー湾の花火も、オペラの幕間や終演後、オペラハウス館内から鑑賞できます。

シドニーっ子たちが、大晦日に楽しみにしているものといえば、毎年恒例のにぎやかな花火。夜の21時頃、最初の花火が空へと打ち上げられ、いよいよ新年を迎える24時になると、クライマックスのカウントダウン花火がスタート。人々の盛り上がりは最高潮に達します。

この花火、もちろんシドニーの街中、あちこちから眺めることができますが、どこも混雑は必至。ところがこの日、オペラハウスで観劇中のみなさまは、ちょうど幕間に当たる夜21時頃、オペラハウス館内から、ゆったりと花火をご覧いただくことができます。普段は、見学に訪れるTシャツ短パン姿の観光客でにぎわうオペラハウスですが、大晦日の夜は、誰でも入れるという訳ではありません。着飾った紳士淑女たちが、優雅にグラスを傾けながら、オペラと花火を楽しむのです。

年末の予定なんて、気が早い?いえいえ、よいお席を確保するためにも、ぜひ、早めのお問い合わせをお待ちしております。美しいシドニー湾の夜景を堪能しながら、特別な年末年始をお過ごしください。

大晦日のオペラ演目はロマンティックな「ラ・ボエーム」

2015年最後の夜、シドニー・オペラハウスの舞台を飾るオペラは、ご存じ、ジャコモ・プッチーニ作曲の『ラ・ボエーム』(La Bohème)。最もよく演奏される、人気の高いイタリアオペラのひとつです。プッチーニの最高傑作であり、彼が手掛けた中で、最もロマンティックなオペラの1つに数えられている作品ですので、大切な方とのアニバーサリーを祝うための場としても、大変おすすめです。

「ラ・ボエーム」のあらすじを、簡単にご紹介します。舞台は1830年代のパリ。「ラ・ボエーム」とは、「ボヘミアン」と呼ばれる芸術家の卵たちのこと。貧しいながらも、夢を語り、助け合いながら、陽気に暮らしているカルチェラタンのボヘミアンたちの恋の物語です。

クリスマス・イブの夜、詩人のロドルフォのところへ、ロウソクの火をもらいに、隣人のお針子、ミミがやって来て、2人は運命の出会いをします。戸口で鍵を落としてしまったミミ。すると風で、ロドルフォのロウソクも消えてしまい、暗闇の中、鍵を探すうちに、2人の手が触れ合い、恋が始まります。

この第一幕の有名な場面で歌われるのが、ロドルフォの「冷たい手を」と、続いてミミが歌う「私の名はミミ」。2つのアリアは、プッチーニ・オペラの醍醐味と称されています。しかし、幸せな恋の始まりから、やがて切なく哀しい結末へ。最終幕では、ロドルフォの叫び声を最後に、劇的な幕切れ。観る人の心を揺さぶるオペラの名作です。

大晦日オペラのチケット代金は、A$269から。お席の種類によって、金額は異なりますので、詳細はお問い合わせください。

オペラハウス内でのディナー、カウントダウン花火を楽しむパーティーも

オペラ開演前には、夕暮れのシドニー湾の絶景を眺め、これから始まる舞台にわくわくしながら、3コースの美味しいディナーはいかがですか?シドニーの名店「ARIA レストラン(ARIA Restaurant)」のシェフ、マット・モラン(Matt Moran)氏が、美味しいワインと特別な夜にふさわしいメニューをご用意いたします。料金は、お1人様A$389。

さらに、公演終了後にも、素敵な時間は続きます。陽気で切ない、恋物語のオペラを鑑賞した後は、しばらくその余韻に浸って、もう少し、せわしない日常から離れた、特別なひとときをお楽しみください。この日は、舞台に幕が下りた後、22:30から25:30まで、年越しを祝うミッドナイト・パーティーが開催されます。ライブミュージックを聴きながら、カナッペとドリンクを。そしてなんといっても、大晦日ならではの最大の魅力は、オペラハウス館内から、シドニー湾上に打ち上げられる、カウントダウン花火を見物できることです。ミッドナイト・パーティーの参加費はお1人様A$299。

大晦日のシドニー・オペラハウスで予定されている観劇前のディナー、「ラ・ボエーム」観劇、そして年越しのカウントダウン花火を見物するミッドナイト・パーティーのスケジュールは、以下の通り。

17:00 プレパフォーマンス・ディナー入場開始
17:30 プレパフォーマンス・ディナー開始
18:00 コンサートホール開場(※開場の1時間前から受付開始)
19:45 「ラ・ボエーム」開演
21:00 休憩(21時の大晦日花火がオペラハウスからゆっくりご覧いただけます)
22:30 「ラ・ボエーム」終了
22:30~25:30 ミッドナイト・パーティー

もちろんオペラ観劇だけの予約もできますし、ディナーから観劇後のミッドナイト・パーティーまで、すべてをセットしたパッケージ料金もございます。JTBシドニーまで、なんでもお気軽に、まずはお問い合わせください。詳細は以下へ。

シドニー・オペラハウス  オペラ予約
プッチーニ「ラ・ボエーム」 ニューイヤーズ・イブ 12月31日
http://www.jtb.com.au/tour/sydney/detail.php?id=245

魅力たっぷりの世界三大美港、シドニーを、効率よく、最大限に楽しみたい方におすすめの現地発着ツアー情報はこちら。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB