地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ケアンズ行くなら夏休み!家族旅行向けの期間限定セールも実施中

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂

グレートバリアリーフから日帰りで遊びに行かれるグリーン島。真っ白な砂と青い海、まさに思い描いていた通りの楽園!

夏休みの予定はもうお決まりですか?南半球では、クイーンズランド州ケアンズが、雨の少ない乾季、観光ベストシーズン入りしました。世界遺産に登録されたグレートバリアリーフの個性豊かな島々や熱帯雨林、さらにショッピングも楽しめるケアンズで、最高の思い出を。今なら家族旅行向けのウルトラ・ファミリーセール開催中!

ケアンズは夏休みがベストシーズン

ケアンズは1年中、常夏のリゾートタウンです。亜熱帯性気候に属し、日中は、年間を通じて泳げますが、雨季と乾季があり、雨季には朝晩に激しい雨が降ったり、サイクロンに見舞われることも。このため、観光のベストシーズンは、乾季に入る4月後半~11月になります。最高気温は平均25度以上、時には30度を超えることもあるのに、朝晩は、さわやかで過ごしやすいのがこの時期の特徴。雨や風で、海が濁ることがないため、透明なブルーのグレートバリアリーフが堪能できます。

日本から直行便があるオーストラリアの各都市の中では、最も北に位置するため、日本から空路で一番近い都市でもあるケアンズ。時差は1時間しかなく、空港からホテルのある市内まで、車でわずか10分と、移動に伴う体力的な負担が少なくて済むことも、夏休みの家族旅行先としてお勧めしたい理由です。

しかもケアンズを拠点に滞在すれば、グレートバリアリーフとクイーンズランドの湿潤熱帯雨林、世界遺産に登録されたオーストラリアを代表する2つの見どころを観光できます。どちらも日帰りで出掛けることができますが、存分に楽しむなら、少なくとも3~4泊はしたいところです。

ケアンズ中心部は、バスが利用できるほか、徒歩でもショッピングや食事が楽しめるコンパクトな街です。現地に着いてから、しまった!水着忘れた!なんて場合もご安心を。大手スーパーマーケットのウールワースやコールスに寄れば、ビーチで使う各種グッズや衣類、日用品、果物やドリンク、パンなど、必要なものはひと通りそろいます。平日は、21時頃まで営業しています。

ブランド物のショッピングなら、ルイ・ヴィトンの専門店や、総合免税店DFSへ。免税店や、お土産店、ナイトマーケットは、地元客向けの通常の店舗よりおそく22~23時頃まで営業しています。昼間は海や森林へ、夕方以降は、さわやかな夜風に吹かれながら、お買い物や食事を楽しむのが南国ケアンズ流。市内の中心街には、JTBのマイバスデスクもありますので、困ったことがあれば、お気軽にお立ち寄りください。

いざ、憧れのグレートバリアリーフの島々へ

もともとマングローブが茂る沼地が多かったケアンズには、遊泳できる天然のビーチは残念ながらありません。市内には、海辺に人工のラグーンプールがありますが、もちろんここまでやってきたからには、世界最大の珊瑚礁地帯、グレートバリアリーフを満喫するべく、周辺の島々へ、足を伸ばしましょう。

ケアンズからフェリーで50分の緑の楽園、グリーン島や、白浜の砂が美しいサンゴ礁の中の砂州、ミコマスケイ、もともと大陸の一部だったため、熱帯雨林が今も島内に残っているフィッツロイ島など、個性豊かなグレートバリアリーフの観光ポイントへ、様々なツアーが催行されています。島に着いたら、シュノーケリングや体験ダイビングなど、様々なアクティビティに挑戦してください。泳ぎに自信のない方もご安心を。ヘルメットをかぶるだけで簡単に海中散歩が楽しめるシーウォーカー(Sea Walker)なら、コンタクトレンズのままで大丈夫。髪の毛もぬれません。

「ポンツーン(Pontoon)」と呼ばれる、人工的に造られた浮島や、船を拠点にして、ダイビングやシュノーケルなどを楽しむツアーもあります。珊瑚礁の外側、外洋に面したアウターリーフでは、大型の魚やエイなど、さらにダイナミックな海の景観に出会えます。例えばケアンズの港から1時間40分ほどで到着するポイント、モアリーフへのクルーズはいかがでしょう。正真正銘の無人島がお好みなら、フランクランド島へ。1日100人までしか上陸が許されていませんので、早いもの勝ちです!

サンラバーリーフクルーズ号で行くグレートバリアリーフ

フランクランド島ツアー

クイックシルバーで行くアウターリーフツアー

世界最古の森、キュランダの熱帯雨林へ

キュランダ高原列車の姿は、テレビ番組「世界の車窓から」でご覧になった方も多いのでは。

ケアンズといえば、世界遺産に登録された熱帯雨林もはずせません!この熱帯雨林の中にある小さな村、キュランダは、ケアンズから北へ約25km。観光客に人気のキュランダ高原鉄道(キュランダ・シーニック鉄道)やロープウェイ「スカイレール」に乗って、壮大なパノラマ景色をご覧ください。どちらの乗り物も、それ自体がアトラクションとして楽しめるぐらいの素晴らしさです。

キュランダに到着したら、熱帯雨林のめずらしい植物や、オーストラリアの動物とのふれあいが楽しめる「レインフォレステーション」へ。コアラとの記念撮影や、ワニの餌付けなどができます。ブーメランの絵付けなど、先住民族アボリジニの文化やアートを鑑賞するプログラムも豊富。半日~終日かけて楽しめます。大人気の水陸両用車「アーミーダック(Army Duck)」ツアーでは、6輪駆動の水陸両用車に乗り、秘境の探検気分をどうぞ。

長期滞在の方におすすめ!ケアンズ発エアーズロック・ツアー

ケアンズとウルル(エアーズロック)という組み合わせは、意外に思われるかもしれませんが、実は飛行機で移動すれば、所要時間は片道3時間弱。とはいえ、同じ国とは思えないほど異なる景色や気候が待っています。グレートバリアリーフと熱帯雨林、さらにウルルを一度の旅行で体験するなんて、いくらなんでも贅沢すぎる?!いえいえ、ケアンズ滞在にあと2日プラスすれば、エアーズロックの魅力も充分、満喫できる宿泊パッケージが利用できます。詳細は以下へ。

今なら、お得な「ウルトラ・ファミリー割引」を開催中

現地で大人気のアーミーダック・ツアー。7~9月の家族旅行なら、お得なセール価格で楽しめます。期間限定ですのでお見逃しなく!

最後に、とっておきの情報をどうぞ。ただいま、夏休みケアンズ家族旅行を応援する「ウルトラ・ファミリー割引」を、7~9月催行の現地発着ツアーを対象に実施しています。一部をご紹介すると、

・「グリーン島ディスカバリー(ランチ付き)」ツアー
通常428ドル(大人2人/子供2人)→340ドル。

・「世界遺産キュランダ1日観光デラックスコース」
通常700ドル(同上)→500ドル

などなど。家族旅行を計画している方、ぜひチェックしてみてください。
http://www.jtb.com.au/special/article.php?id=31

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB