地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シーズン到来!ジンベエザメと一緒に泳ぐ一生に一度の体験

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂

西オーストラリア州には、日本ではまだあまり知られていない、世界的な人気観光地がたくさんあります。なかでも海大好き!な方にお勧めなのが、パース近郊のニンガルー海洋公園。毎年4~7月の時期になると、サンゴの産卵期を迎えたサンゴ礁周辺に、巨大なジンベエザメが多数現れ、一緒に泳げるツアーが催行されています。

ニンガルー海洋公園ってどこにあるの?

西オーストラリア州のニンガルー海洋公園は、美しい珊瑚礁が250kmに渡って広がる素晴らしい海の楽園です。ニンガルー海洋公園への拠点となる町は、西オーストラリア州のエクスマウス(Exmouth)。アクセスは、西オーストラリアの州都パースから、リアマンス(Learmonth)空港まで、空の便が便利です。パースからの所要時間はおよそ2時間半。リアマンス空港からエクスマウスの市街地までは、北へ約36kmほどの距離。空港から市内の主要ホテルまでは、シャトルバスが運行しています。

海を楽しむベストシーズンは、サイクロンなどで天気が荒れる心配が少ない秋から春。とにかく大人気の観光地なので、この時期を狙うなら、ホテル予約などは早めに抑えたほうがよいでしょう。特に西オーストラリア州の祝日「ウェスタン・オーストラリア・デイ」のある6月初めや、イースター休暇の頃など、現地の学校がお休みになる時期は混雑必至なのでご注意ください。

ここでは4~7月の時期、ニンガルーの海をゆったりと優雅に泳ぐ、巨大なジンベエザメ(whale shark)に遭遇する貴重な体験ができます。体の模様が、着物の「じんべい」に似ていることが、和名の由来とか。「世界最大の魚」と呼ばれ、サメの仲間でもありますが、性格はおとなしく、プランクトンや小魚、海藻などを海水ごと吸い込み、エサだけ漉しとって食べるところはクジラのようですね。サンゴの卵も好物で、このため、サンゴの産卵期を迎えたニンガルーの海に現れるようです。

世界中のダイバーにとって、ジンベエザメといえば、一度は見たい憧れの存在。ニンガルー・リーフ付近で確認された最大のものは体長18メートルにも達したそうです。ジンベエザメは日本を始め、世界各地の海を回遊していますが、その生態は、まだ謎に包まれています。基本は単独行動と考えられていますが、西オーストラリア州のニンガルー・リーフには毎年、同じ時期に多数のジンベエザメが現れます。こうした場所は、世界的にもかなりめずらしいそうです。

ジンベエザメのほか、クジラやマンタなど大物続々!

ベストシーズンを迎えた現地では、ジンベエザメと一緒にシュノーケルを楽しめる日帰りツアーが毎日、催行されています。泳ぎに自信のある方なら、年齢を問わず、どなたでも参加できます。

多くの現地発着ツアーでは、まずはサンゴ礁でのシュノーケリングまたはダイビングを楽しみます。ひと泳ぎしたら、いよいよジンベエザメのいる海域へ。移動中に、現地ガイドさんが、ジンベエザメと楽しく泳ぐための心得などを説明してくれます。ジンベエザメと泳ぐ時には、ツアー専属の水中カメラマンが同行して、写真も撮影してくれることもあります。

どのツアーでも、ジンベエザメと一緒に泳ぐのは、一度に10人までと、州政府の規定で制限されています。これは、海洋公園を管轄する当局の定めた規則で、遵守しないと、ツアー会社はライセンス許可をはく奪されてしまいます。係員が、最も安全に、楽しく、ジンベエザメと泳げるスポットを探して案内しますので、現地では必ず指示に従ってください。

ジンベエザメと泳いだ後の帰路にも、お楽しみは色々あります。マンタやザトウクジラ、ジュゴン、イルカなど、ニンガルーの海が誇る、巨大な生き物たちを船の上から見ることも決してめずらしくありません。クジラなどに遭遇したときは、船のフタッフが教えてくれますので、どうぞお見逃しなく!

万一、見られなかった時は再チャレンジも可能


大抵の現地ツアーには、料金に宿泊ホテルからの送迎、ビュッフェ・ランチ、飲み物、シュノーケルに必要な装備のレンタルなどが含まれています。ダイビングを希望する場合は、ウェットスーツを事前にリクエストするとよいでしょう。そのほか、子供サイズのウェットスーツや特別使用のマスクなど、希望がある場合は予約時に問い合わせて確認するとスムーズです。

「ジンベエザメと泳ぐ」とうたっている現地発着ツアーでは、万一、ジンベエザメが見られなかった場合、次の空席があるツアーに無料で再度、参加することができます。シーズン中は、ほぼ間違いなく遭遇できるものの、水族館ではなく、海を回遊する野生のジンベエザメと泳ぐツアーですので、どうしても100%の確約は難しいことをご理解ください。サンゴ産卵期の終盤ではなく、できれば最初の時期に予約を入れておくと、再チャレンジできるチャンスが多くなり、より確実に、ジンベエザメに遭遇することができます。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB